東京湾 キス・マコガレイ用 タックル選定 2020

釣り酒師あっきーです。

2020年にチャレンジしたい釣りとして、船からのマコガレイ釣り、キス釣りです。

初心者なので、レンタルすればいいのかもしれませんが、レンタルタックルは初心者が扱っても壊れにくいようにしっかりした作りになっていて、多少釣りづらいです。
そこでターゲット別に最低限納得できそうなタックルを購入することにしました。

東京湾 キス・マコガレイ用 タックル選定 2020

いろいろネットで調べてみると、キスとマコガレイはタックルが流用できるようです。
キスは15cm~30cm、マコガレイは25cm~50cmなので、ハリスはキス1号、マコガレイ2号程度。
ショックリーダーはハリスより少し1号太め、道糸はショックリーダーよりも1号強度が強いものと想定しました。

ロッド


長さが1.8m以内、スピニングメイン。
道糸は、キスがPE0.6号、マコガレイがPE0.8号と想定。
基本的に浅場狙いなので、おもり負荷は15号~20号程度でよさそう。
条件から船用のキス竿がいい感じで合いそうだったので、いろいろ見てみました。
PEを使うので、ガイドの素材がSICかアルコナイトがよいのですが、船用の竿はガイド数が多いので、ALL SICとかなると2万円超でした。
ちょっとハイスペックすぎるので、トップガイドがSICのキス竿を選定したら、以下の2本がいい感じ。
ダイワ キスX
シマノ キスBB
どちらも1万円前後で、同じようなスペック。
ただ、ダイワはスピニングとベイト共用になってるので、ガイドセッティングが中途半端。
スピニングのみで利用予定なので、シマノを選択しました。
マコガレイは2~3本置き竿で釣るようなので、穂先の柔らかさ別でシマノのキスBBをそれぞれ一本ずつ(S180とM180)購入することにしました。

(2020/09/26追記)
うまい人たちはダイワの極鋭を使ってる人が多いです。
メタルトップでアタリが取りやすそうですが、3万オーバーなので、私には手が出せません。
キスBBも値段の割に良い竿で、とてもお勧めできますので、これからキス釣りを本格的に始める方にはぴったりだと思います!

リール


リールはルアーのように頻繁に巻くものではないので、低スペックのもので十分。
でも糸は細めを利用するので、ドラグがある程度機能するスペックで、海水対応のものがほしいところ。
いろいろ見ましたが、ダイワのエクセラーが安くてよさげ。ただ重いのが難点ですが、リール自体が小さめなので許容範囲と判断。
ダイワ エクセラー
巻き上げが楽なハイギアを選定。0.6号~0.8号が150mほど巻けるもので、2506Hを選定。
年明けから定価の6割引きで販売しており、今が買い時でした。(約6000円位)

エギング用でダイワ 17エクセラーの2506H-DH(PE0.6号)、シマノ 12アルテグラ2500SDH(PE0.8号)を持ってるので、2本目の竿用のリールはそちらを流用。

(2020/09/26追記)
いろいろ経験を積んでみましたが、キスは誘いが中心となるため、リールも軽いものがよいと判断しました。
バスフィッシング用に購入した、ダイワのEM MSをキス用に流用して、使ってみたらかなり具合がよかったです。
基本的に水深や状況に合わせて、2つの竿(キスBB S180とM180)を利用するため、2台軽いリールがあるとよいです。
アブガルシアのレボ ロケット 2000Sを買ったので、PE0.6号を巻いて利用する予定です。

ライン


ラインは、シーガーのX8が安くて、色分けされてて使いやすいので、こちらを選定。マコガレイ用に0.8号、キス用で0.6号を使用予定。

ショックリーダーは、マコガレイはフロロ3号、キスはフロロ2号を選定しました。

(2020/09/26追記)
ラインは上記のセッティングでばっちりでした。
アタリが取りやすくて、扱いやすいので、皆さんにもお勧めします。

仕掛け


キスもマコガレイも基本的にはキス用のテンビンでよさそう。
いろいろ試してみたかったので、キス用の天秤で15cmのものを複数購入。全遊動や半固定、固定などいろいろ買ってみたので試してみます。
こちらは昔からよく使ってた天秤です。今回も買いました。

針はカレイ用とキス用は別々に購入。
カレイはマルフジの伝承船カレイ・アイナメ 10号をとりあえず選定。カレイ針がネットでは売り切ればかりだったので、店舗をいろいろ探して買いました。

キスは、ささめ針(SASAME) B-213 キス船釣り早掛スペシャル 8号をとりあえず選定。

これからいろんな仕掛けを試してみます。
中学生ぐらいのときに、キスやサビキなどの仕掛けを手作りしてた時期もあったので、必要に応じて手作りも検討します。

(2020/09/26追記)
仕掛けは手作りのほうがよいです。
作り方は、以下のログにまとめました。
2020/09/05 東京湾 船シロギス釣り@林遊船

その他

2本同時に使うので、ロッドホルダーを購入しました。
簡易的な2本竿が掛けられるタイプを購入。

ダイワ ロッドホルダー BK130W

(2020/09/26追記)
上記の商品は海釣り公園などで利用するのはいいですが、船釣りでは使いにくかったです。
結果としては、第一精工のスーパー受太郎がよかったです。

コンパクトで、尻手ロープと組み合わせれば安心です。
あと、別で竿立てがあると、餌付けや魚の取り外しの時に楽です。

利用レビュー(マコガレイ) 2020/3/2追記

S180はアタリが取りやすく、食いが渋いときにピッタリです。
今回もこちらの竿にアタリが多かった。魚に違和感を与えないのかもしれません。
重りは15号くらいがよいです。それ以上だと投げにくいし、操作もしづらいです。

M180はシャキッとしてて、投げやすく、誘いがしやすいです。活性が高いときはこちらがいいですね。
潮が早いとき、深場などで20号くらいの重りを使うなら、こっちがおすすめです!

リールはダイワ17エクセラー2506Hとシマノ12アルテグラ2500SDHを利用しましたが、軽いアルテグラのほうが使いやすかったです。
手持ちでアタリを取るならば、感度を高めるために、なるべく軽いリールがおすすめです!
置き竿は、多少重くても問題ありません。

ロッドホルダーは、船の揺れで竿が外れそうになるので、一本ずつのタイプのほうがよさそうと判断。
第一精工 スーパー受太郎を買おうかな。

今使ってるのは、堤防や釣り施設など足場がしっかりしたところで役に立ちそうです。
でも竿掛けとして使うことができたので、今後も利用します。
またキス釣りに行ったときにレビューを追加します。

利用レビュー(キス) 2020/7/26追記

手持ち竿は、浅場(15m以内)ならキスBBのS180が良い感じ。
キャストもしやすいし、しっかりと食い込ませられるし、さびくのも軽いおもり(10~15号)なら問題なく対応できます。
今回リールは、ダイワの16 EM MS 2506Hを利用。
バス用にセールで安くなってるときに買いましたが、キスにピッタリだとおもい、0.6号の糸を巻いて利用。
ザイオンボディで軽くてとてもいい感じでした。

置き竿は、簡単な竿置きを今回つかってみたのですが、キスの大きなあたりで竿を持っていかれた人がいました。
やっぱり、キーパー付きロッドホルダーがあるとよいです。
私はライトアジBBを今後は置き竿にしようと思います。

利用レビュー(キス) 2020/9/26追記

置き竿は、キス釣りに集中できるようにロッドホルダーを使うといいです。
キーパーも取り付けれる船とそうでない船があり、今回アジのロッドホルダーを付けるのに苦労しました。
いろいろ考えましたが、スーパー受太郎で十分かな。状況に合わせてキス釣りを楽しめるように、S180とM180の2本でやるとベスト。
ポイントごとにどちらの竿がメインになるかわからないので、エクセラーではなく、EM MSと同じクラスのリールがもう一個欲しい。
やはり軽いとアタリが取りやすくてよいです。

仕掛けは手作りがベスト。
針が変えられる仕掛けを作っておくとよいです。
以下のサイトがとても参考になります。
https://fish-beginner.com/2017/10/19/kisu-sikake/
紹介してる仕掛けだと、少し長かったので、モトスを1mくらいで次回はチャレンジしてみようと思います。

釣り履歴

2020/02/29 マコガレイ@林遊船 & カレイ用タックルレビュー
2020/07/24 東京湾 船キス釣り@林遊船
2020/09/05 東京湾 船シロギス釣り@林遊船

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です