東京湾 初心者向け キス船釣り 釣り方まとめ

釣り酒師あっきーです。

船からのキス釣りの釣り方をまとめた記事です。
タックルについては、以下のページをご覧ください。
東京湾 キス・落ちハゼ・マコガレイ用 初心者向け おすすめタックル

東京湾 初心者向け キス船釣り 釣り方まとめ

仕掛け

基本は天秤仕掛けです。
日によって、天秤が良い日と胴突が良い日があり、どちらも仕掛けを持っておくとパターンに合わせて行くことができます。
釣り慣れてない方は、仕掛けは天秤よりは胴突の方が仕掛けが絡まずに釣りやすいです。

おすすめの動画

有名なダイワのテスター、村越さんの動画でイメージを掴んでみてください。

日によって誘いのパターンは違うので、自分で探ったり、よく釣れてる人に聞いたりするとよいです。
ぜひ自分が釣れだしたら、周りの人にも共有してみんなでキス釣りを楽しみましょう。

以下の文字起こしはこちらを実践してみたり、実際に体験したり、近くの席の上手い人の釣り方などを観察して私なりにまとめてみました。
動画をみて、文字をみるとより細かい点がイメージしやすいと思います。
(今後経験を積むたびにアップデートしたり、画像を足したりする予定です。)

釣り方

1.餌の付け方

頭を落として3cmくらいの長さに切ります。
針につけるときは、たらしが1cm〜2cmくらいに調整してください。
長くつけるとアタリは出ますが、かからないという状態になりやすいです。

2.キャスト

キスは基本的に少しキャスト出来ると釣れる確率が上がります。
キャストはアンダーハンドになります。
村越さんがキャストだけをまとめた動画を作っています。

おもりの重さを感じて、ちょっと投げる感じで良いです。
少し高度な技ですが、着水する直前でフェザリングを少し強めにかけて、エサの重さで仕掛けを天秤の奥に移動させられるとより絡まずベストです。

隣の方と絡まないように周りの人の投げてる方向、糸の方向を確認して投げるスポットを意識しましょう。
投げる自信がない方は、最初は真下に落とすで良いです。

3.キャスト後

投げた後は糸が出過ぎないように、人差し指で糸を軽く抑えながら糸が止まるまで待ってください。(フェザリングといいます)
そのあと、糸を張って、しっかりとおもりで底を感じてください。
仕掛けが馴染むまで少し待ちます。
潮が早くて、底が取れず、どんどん糸が出るような時は、一旦回収して、錘を10号あげるようにしてください。

4.誘い・合わせ

ズル引きでも魚は釣れます。
竿を倒して竿で仕掛けを引くようにしてアタリに備えてください。
コンコンとかブルっと来たら、即合わせ。
合わせ方はゆっくり竿を立てる感じ(バスフィッシングでいうスイープフッキング)。

ズル引きで釣れない時は、仕掛けをホップさせるといいです。
少し竿をあおって、錘を一旦底から離すことで、仕掛けも浮いて餌をアピールすることができます。
ホップさせた直後にアタリが出ることが多いので、集中してください。
活性が高いときなどに有効なアクションです。

竿先をシェイクするのも、餌がゆらゆらと揺れるので効果的な時もあります。
逆に活性が低い時は、置き竿の方が当たる時もあります。
さまざまな誘いを試しつつ、一番あたりの多い釣り方を探るようにしてください。

5. 取り込みと針の外し方

キスは仕掛けが軽めなので、天秤を竿先近くまで巻き上げて、魚をぬきあげる形でよいです。
仕掛けを穂先に巻き込まないように注意してください。
運が悪いとガイドが壊れます。

キスは吸い込むように餌を食べるので、飲み込まれることも多いです。
村越さんの動画にもありますが、エラに親指と人差し指を入れて、引き抜くと抜けることが多いです。
この時は手掴みして対応してください。

6.締め方

正直キスはそんなに血の匂いが気にならないので、血抜きせずクーラー直接でも問題ありません。
血抜きをするとより綺麗な身になりますので、その際は、キッチンバサミでエラのしたの付け根を切って、エラを切り取りつつ、エラの奥にはさみをさして、バケツに入れて血抜きをしましょう。
夏は暑いので1分ぐらい血抜きをすれば、早めに海水を入れた氷水に魚を投入しましょう。

—–

基本の動きはこれでよいですが、よりテクニカルな釣り方もあると思うので、今後経験をしてアップデートしていきたいと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です