2020/09/05 東京湾 船シロギス釣り@林遊船

釣り酒師あっきーです。

夏もそろそろ終わって、サイズの上がったシロギスが釣れるかなと思って、釣りに行きました。
結果、シロギスは47匹(15cm~22cmくらい)、25cmくらいのギマが10匹、小さなオジサンが5匹、5cmくらいのイイダコ、
15cmくらいのチャリコが10匹、150gくらいのマダコ、20cmくらいのホウボウ、10cm〜20cmくらいのアジが3匹、
斑点のあるタイっぽい魚10cmくらいが5匹。

いろんな魚が釣れて面白かったです。

2020/09/05 東京湾 船シロギス釣り@林遊船


少し秋空にはなっていますが、最高気温34度で、台風の影響か、多少風があり、船が結構揺れました。
海はやや濁って、水温は高かったようです。わりと浅場で魚の反応がよかったです。
船酔いか熱中症かわかりませんが、途中でちょっと気分が悪くなって休憩する場面もありました。
水分は2.5Lもっていって、2L消費。塩分補給のためのタブレットも利用しました。
暑いと疲れますね。

タックルは今回は二本。
メイン(天秤) シマノ 19 キスBB S180 + ダイワ 16 EM MS 2506H (PE0.6号)
置き竿(胴突) メジャークラフト 17 クロステージ CRX-662ML/B + タカミヤ リアルメソッド ギガソルト HG (PE1.0号)
ボートシーバスロッドはキスの置き竿(胴突用)。ナブラがあったら、ルアーを投げてみようと考えてました。
結果、ナブラはなし。

今回の遊漁船は乗ったことない船で、置き竿で使おうと持ってきたライトアジ用ロッドホルダーの付ける場所がなくて困りました。
いろいろ探し回って、船尾に1箇所だけ付けれる場所があったのでそこで釣りをしました。(たまたま船尾がとれててよかった。)
小物がメインで、竿を持っていかれないようにするだけなら、スーパー受け太郎+尻手ロープが取り付けやすくていいかもなー。
船尾側がフラットな船で、座敷みたいにくつろいで移動できたのはよかったです。

天秤の仕掛けは以下のリンクを参考にして、自作をして試しました。
https://fish-beginner.com/2017/10/19/kisu-sikake/
とても分かりやすくて、良いサイトです!
説明の通りに作ったのですが、仕掛けも一度も絡まずとても具合は良かったです。
針を一本ずつ変えられるのは重宝しました。
ギマやチャリコに仕掛けを飲まれて、交換することができました!
サイトでオススメしてた、細くて小さな針を使ってみたので、キスでも針を飲まれて引っ張ったら、ハリが伸びたり、折れたりしたので、多めに予備を持っておくと良いです。
あたりですぐに掛ければ、口にかかってくれます。
船の揺れで最初のアタリが取れなかったときに、よく飲み込まれました。
5時間の釣行で、針は10本くらい消費しました。
仕掛けの全長が私の竿には長かったので、次回はもう少し短くしてみます。
1mくらいのハリスを加工して短めの全長にしてみます。

船長に釣り方をいろいろ習ったのですが、やはりバリエーションのある誘いが必要そうです。
さびくだけでなく、なるべく仕掛けを移動させずアピールさせるのがコツとのこと。
何度もキャストするのは効率が悪いので、一投一匹釣れるように腕を上げると数が伸ばせるようです。
シェイクしたり、状況によって、仕掛けをホップさせるのもよいみたいです。
日によってアタリの出方が違うので、工夫が釣果の違いとなるそうです。

あと、キスはアタリが大きいので、竿先でアタリをとるというよりは、手元で感じるほうがよいそうです。
となるとある程度感度のよい竿が釣りやすいことがわかります。
レンタルだとこの釣り方は難しいかもしれません。
今使ってるキスBBはあたりがよくわかるし、一番柔らかいSを使ってるので食い込みがよいです。
うまい人はダイワの極鋭キスを使ってる人が多く、こっちのほうがアタリはとりやすいのかもしれません。
(使ってみたいけど30000円以上するので、もっとレベルアップしてから買おうかと思います。)

胴突の仕掛けもほぼ同じ要領で手作り。
変えたのは一番下にスナップサルカンをつけて、チチワを三つ作ったくらい。
はりはムツ9号。モトス2号、ハリス1号。
三本針にしましたが、二本針の方が餌つけや手返しの面で良いなぁ。
ただ棚が幅広く探れるので三本針はいいのかなぁ。
一番下の針が今回はやや浮き気味だったので、サルカンを付ける位置を工夫して、底を這う形に次回はしようと思います。
そうするとキスがもう少しかかってくれそうかな。
今回は胴突では、ギマが2匹、キスが3匹、アジが3匹、チャリコが7匹くらい。その他小物がいろいろ釣れました。
誘いは船の揺れで、完全に放置してました。
前回は穴子なども釣れて、お土産用に胴突が面白いかもです。
胴突にアタリが頻発するときは、誘いがおろそかになるので、キスだけが釣りたい方は胴突きはおすすめしません。
たまに、置き竿のほうがキスがかかりやすいこともあるみたいなので、船からのキス釣りは2本竿で両方テンビンが一番かも。

天秤とオモリの予備ボックスを忘れてしまって、ロストしたらレンタルでしたが、根掛かりはなく、どうにか乗り切れました。
あと魚を捌く用のハサミも忘れてました。
事前の準備はしてたのですが、いつも行く釣りじゃないと忘れ物が多いです。

小さいマダコが一匹釣れたのですが、別で海藻をひっかけたみたいに重たいときがあり、まきあげる途中で外れたのですが、
もしかしたら500gクラスのマダコだったかもしれません。

キス釣りはアタリが多くて、わかりやすいので初心者にもおすすめです!
アジのビシ釣りは慣れるまでが大変ですが、キスはシンプルな仕掛けでアタリも大きいので楽しいです。
結構さばきやすいし、てんぷらにしたら絶品なので、誰でも手軽に釣ることができます!
できれば専用タックルのほうが釣りやすいですが、レンタルでも釣れるので、初めての方はレンタルで十分です。

もっとうまくなりたいので、年に4回くらいはキス釣りに行こうと思います。
マゴチやタコ釣りも行きたいけど、シーズンが過ぎたので、もう難しいかな。
うまいひとは二桁行くこともあるようですが、普通の人は頑張って1~2匹のようです。
青物はまだ東京湾奥までは入ってきていないようです。もう少し気温が下がって、海水のターンオーバーが起こらないと駄目なようです。
次行くならLTアジかなぁと考えています。アジは移動が激しいみたいで釣れるときと釣れないときの差が大きいようです。
釣りは釣った直後から、また行きたくなるので中毒性が高いですね。
いろいろ考えるのもとても楽しいです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です