ダイワ 21 カルディア LT4000-CXH ベアリング追加、スプール追加、ハンドルノブ変更、使用レビュー

釣り酒師あっきーです。

予約していたリールが届きました。
ダイワの21 カルディア LT4000-CXHです。
早速ベアリングチェックと家にあるベアリングを追加してみました。
さらにスプールも追加で購入しました。(2021/03/21追記)
ハンドルノブも届いたので交換しました。(2021/03/24追記)
ラインローラーのベアリングが届いたので交換しました。(2021/03/28追記)
まるなかさんが21カルディアの実釣レビューと詳細なベアリング交換の手順を作成してくださったのでリンクを変えました。(2021/04/03修正)
やっとリールを使う機会があったので、簡易な実釣レビューを追加しました。(2021/04/11追記)

ダイワ 21 カルディア LT4000-CXH ベアリング追加、スプール追加、ハンドルノブ変更、使用レビュー

ざっくりインプレ

ブラックとゴールドの色合いが個人的にはかっこいい印象を受けました。
巻く感じはまだオイルが馴染んでおらず少し重めですが、ややねっとりとした巻き心地。

2021/4/10にSLJに行ったときに、念のためのキャスティングタックルとしてこのリールを使ってみました。
1度だけボイルがあったので、クロステージ ボートシーバス CRX-662M + ダイワ 21カルディア LT4000-CXH(PE1.2号) + OSPルドラという構成です。
ジャークして巻き取る時に楽にハンドルを回せます。巻取り量も多くてラインスラックが必要以上に出ない点もよいです。
軽さも十分で、早巻の巻重りもあまり感じませんでした。
残念ながら魚はヒットしませんでしたが、使い勝手の良いリールだと感じました。
また、魚を釣った時にレビューを追加します。

他のリールとの比較


19 レグザ LT4000S-CXH、20ルビアス LT4000-CXHをすでに利用しているので、比較レビューです。
レグザよりは軽くて、ラインローラーが最初から1BBついてて、2BBに変更できる点、スプール内やスプールシャフト軸にベアリング追加できる点、モノコックで巻く力が強い点、ON/OFFストッパー付きボディがない点で確実にカルディアが良いです。
ルビアス LT4000-CXHとは、軽さがルビアスが軽すぎて別世界、ベール周りの仕様がグレードダウンです。
ザイオンとザイオンVでやはり軽さがだいぶ変わるなという印象。剛性はまだ実釣で使ってないのでわかりません。
21カルディアの基本的な部分は、18カルディアとほとんど同じで、素材がザイオンV、モノコックボディを使ってる点が差分ですね。
いろいろ調べたら、18カルディア、20ルビアス、21カルディアは同じスプールであることがわかりました。
釣りHACKのページを参照しました。21カルディア、21フリームスの実釣比較をしている点が参考になります。
https://tsurihack.com/7157
まるなかさんの実釣レビューの記事も公開されています。
https://fish-beginner.com/21caldia-impre

巻き心地はレグザのほうがヌメっとしてて、巻き心地はよいです。真鍮のギアを使ってるからでしょうか。
ルビアスやカルディアは軽くてすかすかと回る感じなので、好みは分かれると思います。
レグザでもルビアスでもサワラを釣りましたが、確実にルビアスのほうが剛性感が強く、安心してやり取りができます。
しかし、レグザでも正直問題はないです。レグザの場合はラインローラーにベアリングが入っていないので、入れることを強くお勧めします。
スピニングリール ラインローラー ベアリング追加

シマノとの比較は私は19ストラディックの2500Sしか持っていないので、それをもとにレビューします。
ストラディックのほうが巻き心地はよいです。ギアがしっかりと重なって、ぬるっとしたリーリングの感触。
ボディの剛性感はストラディックもストラディックのほうが強く感じます。
これはアルミボディと樹脂ボディの違いから、直感的に感じる部分です。
でもザイオンVも強度はありそうなので、本当の剛性の違いは長期間使ってみないとわかりません。
カルディアのメリットとして、モノコックなので巻きのパワーがあること、ベアリングなどの拡張性に優れている点ですね。
あとはスプールが安く手に入るのはカルディアのメリットです。
どちらのリールもよい点があるので、それぞれの考えで買い分けるといいかと思います。

ただ快適性という点では、やっぱりリールにかけるお金で格段に釣りやすさは変わります。
釣りやすいということはアタリも取りやすくなり、集中力が保てるので、釣れる確率は上がります。
お金に余裕があるならばできるだけ上位機種を買うのがやっぱりおすすめです。

スプール追加(2021/03/21追記)

釣りHACKさんの記事で同じスプールサイズであることがわかって、糸の巻替えを楽にしたいのと、ルビアスの買い足しは厳しいので、スプールがいくらか調べてみました。
純正品は20 ルビアスが12000円位、21 カルディアが9000円位。素材の違いかルビアスが高いですね。
いろいろ検索していると以下の情報を発見。6000円位で替えスプールが買えます。
20 ルビアス SLP カスタムスプール(ルアマガの記事)
20 ルビアスの替えスプールで純正よりも安いものをSLP(ダイワの直系のリールメンテナンス専門会社)で発売しているとのこと。

SLPW LTタイプαスプール(SLPのホームページ)
ノーマルスプールは2500番しかなく、4000番だとシャロースプールのみとなります。色はゴールドとレッドの二色。
上記のページには具体的に書いてませんが、別の方の記事を見るとATDのフェルトを利用しています。
https://blog.lurestyle.jp/archives/47455

届きました!ATDと書いてあるので、間違いないです。(写真は3000番用で、4000番も別で注文)

もともと20 ルビアス LT4000-CXHの予備として、21 カルディア LT4000-CXHを購入しました。
これはサワラをボートで釣る際にタックルが2つ必要で、セカンドタックルとして使ってみたかったためこの選択をしました。
ただ、SLJとかならスプール径が大きい4000番で細い糸を利用したほうがトラブルが少ないのでPE1.0号を巻いたり、サーフやシーバス釣りで1.2号を巻いて使ったりと転用できるとよいなと思っていました。
このスプールがあれば、それが簡単に実現できます。

ルビアスにもカルディアにも使えるという点で、これしかないということで4000Sのゴールドを2個注文。(追加で3000Sも注文)


買った後で色違いで買えば、どの糸を巻いてるかがわかりやすいなと思いました。(なので3000番は色違いで購入)
これは他の人も勧めてますが、私も激オシの一品です!

使ってみた印象は、スプールを付けてみて、ドラグを効かせてみたら、やや滑りが固い感じ。
何度かドラグを動作させると滑らかになったので、最初はわざと緩めのドラグ設定でラインを出して、なじませるとよさそう。
スプールは軽くてよい感じです。

ハンドルノブ追加(2021/03/24更新)


ハンドルノブは安くて品質がよいゴメクサスを選択。

個人の好みによりますが、35mmか38mmがちょうどよさそうです。私は35mmにしました。

ステンレスベアリングも最初からついてて、カスタマイズ初心者にもやさしいです。
ベアリングはグリスをしみこませてから入れるとよいです。
ベアリングが入ってた小さなビニールの袋にベアリングだけ入れて、そこにグリスをスプレーして、もみこめばOKです。
# ワッシャーが多めにはいってるので別の袋などに入れ替えましょう。保存しておけばほかでも利用できます。

ただ、ワッシャーの調整が必要で、状況に応じてワッシャーの数を調整しないとうまく回転しない場合があります。
過去に数個付けてみた経験上、ワッシャーを全部抜いて付けてみると一番回転が良かったことが多かったです。
たまにがたつきが気になったときに、一番根本の部分にワッシャーを一個付けたらよい状態になったこともありました。
このあたりはいろいろ試してみてください。
ご紹介したゴメクサスのハンドルノブは金属製なので、冬は手袋をしてないとつかえませんw
EVAのものもあるのでお好みで選択するとよいかと思います。
今後SLPのものも使ってみようと思っています。

ベアリングサイズ

ベアリングチェックをすると、18カルディアと同じものを流用できます。
ただし、ラインローラーはプラスチックのパーツとかも買わないといけないので、セットを買ったほうが間違いがなさそう。

私はまるなかさんの18カルディアの記事をみて交換対応をしました。
4/3にまるなかさんが21カルディアの記事を作成されたため、リンクを修正いたしました。
初めての人はこちらも見たほうがいいです。とても丁寧に交換手順が記載されています。
https://fish-beginner.com/21caldia-custom

スプールシャフト軸のベアリング:DDL-1170 (リンクは予備もかねて2個入り、数は多いほうが安いです)

スプール内部のベアリング:DDL-1060 (リンクは予備もかねて2個入り、数は多いほうが安いです)

ハンドルノブのベアリング:DDL-740ZZ (様々なリールでこのベアリングをハンドルノブに使ってるので、まとめて買った方がお得。私は10個入りを買ってます)

ラインローラーのベアリング:DDL-740 (ZZではないので注意)

私はヘッジホッグのラインローラーキットを購入しました。
値段が純正品とほぼ変わらないです。
これまでヘッジホッグのラインローラーを使って不満はなかったので、純正品を使っても芸がないと思ってこっちを購入。


やっぱり純正品が良いという方はこっち。
正直釣具屋に行ってパーツを注文する手間を考えると、ネットでセットを買ったほうが楽だし、間違えもすくないと思います。

ラインローラー、スプールシャフト軸、スプール内部、ハンドルノブのベアリングを交換しました。
ベアリングは交換前にオイルに浸してから入れたほうがさびにくく動きもよい状態を長くできるようです。
スプール内部はドラググリスを使ったほうが、ドラグのフェルトへの影響が少ないのでよいでしょう。

ラインローラー


上の段がラインローラー交換後の配列。
下の段がラインローラーのもとから入ってたパーツで抜いたものです。
組み立て方はラインローラーを買った時に基本的についています。
正直1BBのときと2BBで変化はつまようじで回してみた感じではありませんw
レグザなどのように0BBから1BBの変化とは違いますが、確実にベアリングに変えたほうが回転はよくなるので、大物を掛けたときに違いがでそうです。
大きな魚を狙う方はぜひ入れ替えてみてください。

スプールシャフト軸


ここの真ん中部分にある白いプラスチックをベアリングに変えます。
6角レンチ(0.89mm)が必要です。ほかのリールもほとんどこのサイズなので準備しておきましょう。


ワッシャーが邪魔なので、取ってからねじを外すとよいです。
指でつまんで引っ張れば取れます。なくしたり割ったりしないように丁寧に作業しましょう。


交換するとこんな感じです。

スプール内部


スプール内部のピンが飛んでいかないように気を付けて作業します。
ピンセットがあると作業がスムーズです。
私はこれを使ってますが、問題はないです。

取り外したときにほこりなどがつかないようにキッチンペーパーにおいて作業するとよいそうです。
順番を間違えないように並べておくといいです。ドラグのフェルトは1つずつ取り外さなくていいです。
ベアリングが交換できればいいので、一番下のドラグフェルトは取り外さなくてもいいです。
(上のフェルトに引っ付いてる場合はそのままでいいです)

ダイワの場合、ATDのドラググリスがないので、ベアリングに付けるドラググリスはダイワのリアルフォー(旧機種向け)のものを使いました。
シマノのドラググリスでもよいかと思います。とにかくドラグ専用のグリスを使いましょう。

ハンドルノブ


ハンドルノブは横のプラスチックを針金やラジオペンチなどで取り外します。
T型のハンドルノブならラジオペンチで取るのが簡単です、
あとはねじが緩み止めがついてる影響で硬いです。押しながら回してねじをなめないようにしましょう。
ねじの真下とハンドルの付け根に黒いカラーが入っていますので、ピンセットでそれを取って、ベアリングに交換します。
ワッシャーが入ってる場合、付けた場合とそうでない場合を回し比べて回りが良い状態で使ってください。

ざっとですが、こんな感じでした。
また使ってみた後のインプレなどをしたいと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です