ダイワ 19 セルテート LT4000-CXH ベアリング追加、ハンドルノブ交換、インプレ

釣り酒師あっきーです。

先日Amazonのタイムセールで、たまたまセルテートが安い値段で出ていました。
2021年に入って、サワラタックルをアップグレードするために、20ルビアス、21カルディアを購入していました。
もともとセルテートが欲しかったのですが、なかなか値段が下がらないこともあり、型落ちしたら買おうと思っていましたが、型落ちと同レベルまで価格が落ちたこともあり、悩みました。
結果として、他のリールとの比較とサワラメイン機種にしたかったので、やや勢いで購入しました。
(買う前に妻に相談した)

ダイワ 19 セルテート LT4000-CXH ベアリング追加、ハンドルノブ交換、インプレ

仕様はダイワのHPを見てください。
https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/certate/lineup.html

他の機種の比較


実際に触ってみて、とても滑らかな巻き心地で、ルビアスとの違いもすぐに感じ取れました。
ルビアスよりは重いですが、カルディアと同じくらいで、大きめの魚を狙うならルビアスよりセルテートの方が安心感があります。
やはりリールは値段が上がるとそれだけ快適性が上がるのは間違いないです。

細かな比較はカルディアを買った時にしたので、以下をご覧ください。
ダイワ 21 カルディア LT4000-CXH ベアリング追加、スプール追加、ハンドルノブ変更、使用レビュー
セルテートは、比較した機種の中でダントツでよいです。(価格も違うので当然ですが)

ルビアスは、サワラの予備、SLJやマゴチなどPE1.0号前後のターゲットのメインで利用予定です。
ほかのリールは誰かに貸したり、何かトラブルの時に利用するリールにする予定です。

ステラやイグジストも使ってみたいですが、もう十分過ぎるほどのリールが揃ったので、すぐには買わないと思います。たぶん。
道具が揃ったからもう買わないと思っても、買ってしまってる現実もあり、釣りの沼は深いです(笑)

ベアリング

ベアリングはほぼ装填されており、変えられるのはスプール内部とスプール受けの軸の2箇所。
カルディアやルビアスと同じベアリングでストックがあったので、即交換。

スプールシャフト軸のベアリング:DDL-1170 (リンクは予備もかねて2個入り、数は多いほうが安いです)

スプール内部のベアリング:DDL-1060 (リンクは予備もかねて2個入り、数は多いほうが安いです)

ベアリングは交換前にオイルに浸してから入れたほうがさびにくく動きもよい状態を長くできるようです。
スプール内部は、ドラグのフェルトへの影響を考えて、ドラググリスを使っています。

スプールシャフト軸のベアリング交換


ここの真ん中部分にある白いプラスチックをベアリングに変えます。
6角レンチ(0.89mm)が必要です。ほかのリールもほとんどこのサイズなので準備しておきましょう。


ワッシャーが邪魔なので、取ってからねじを外すとよいです。
指でつまんで引っ張れば取れます。なくしたり割ったりしないように丁寧に作業しましょう。


交換するとこんな感じです。

スプール内部のベアリング交換


スプール内部のピンが飛んでいかないように気を付けて作業します。
ピンセットがあると作業がスムーズです。
私はこれを使ってますが、問題はないです。

取り外したときにほこりなどがつかないようにキッチンペーパーにおいて作業するとよいそうです。
順番を間違えないように並べておくといいです。ドラグのフェルトは1つずつ取り外さなくていいです。
ベアリングが交換できればいいので、一番下のドラグフェルトは取り外さなくてもいいです。
(上のフェルトに引っ付いてる場合はそのままでいいです)

ダイワの場合、ATDのドラググリスがないので、ベアリングに付けるドラググリスはダイワのリアルフォー(旧機種向け)のものを使いました。

ハンドルノブ


ハンドルノブは、またゴメクサスを購入してつけました。

35mm、38mm、41mmを試しましたがダイワのLT4000番クラスには38mmが個人的に一番しっくり来ました。
手の大きさなどもありますが、初めてゴメクサスを選ぶ方は38mmから使ってみてはいかがでしょうか。
ベアリングは、セルテートのハンドルノブについていた純正のものを流用してゴメクサスに取り替えました。

今後の予定

剛性が強みなので、大型のシーバスやサワラをメインで狙うタックルに利用するので、ラインはPE1.5号を巻きます。
直近では、マダコ狙いで使ってみようかと思います。

ロッドは今まで、メジャークラフトのクロステージやパームスのベイマティックを使ってましたが、もう一つグレードをあげて、2021年発売のシマノのディアルーナBSのS610Mを購入予定です。

サワラ用ならS73M+がいいと思いますが、7ft未満のほうがアンダーキャストもしやすく取り回しが良いので、S610Mを選択しました。

これで、2021年秋のサワラを狙います。
今からサワラ釣りが楽しみです!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です