東京湾 ボートルアーゲーム 初心者推奨タックル 2020

釣り酒師あっきーです。

2019年に初めて東京湾でボート(船)からルアーで魚を釣る楽しみを味わいました。
1年経験して、東京湾のルアーフィッシングを楽しみたい初心者の方にお勧めのタックルをご紹介します!

東京湾 ボートルアーゲーム 初心者推奨タックル 2020

東京湾は季節に応じて様々な魚が狙えます。
今回ご紹介するタックルは以下の釣りに対応します。正直一本でかなり楽しめますので、ぜひマイタックルでチャレンジしてみてください。
春:シーバス
夏:タコ(エギ)、マゴチ(ソフトルアー)、シーバス、キス(えさ)
秋:イナダ、サワラ、シーバス
冬:太刀魚、シーバス、マコガレイ(えさ)

ロッド(メジャークラフト クロステージ CRX-662ML/S)


選定理由は、価格が手ごろで、十分なパフォーマンスを発揮してくれるので、一本目にお勧めです!

ボート釣りでは、7ft(2mほど)以下の竿を推奨します。
理由は、オーバーヘッドキャストではなくアンダーハンドキャストを余儀なくされる場合があります。
また、魚とのやりとりやオーバーヘッドキャストで他の乗船者に迷惑がかからないように7ft(2mほど)の竿を上限とする船が多いです。
初心者は長いと投げづらいので、短めの竿からスタートするとよいです。
キャスティングもメタルジグも対応できるので、最初はスピニングがよいです。
2本目はベイトタックルを買いましょう、ジギングは確実にベイトがよいです。

ガイドのリング部分は硬い素材のアルコナイトを使っており、ガイドの形はKガイドで糸が絡みにくいです。
ややガイド径が小さいので、リーダーとPEを結ぶ部分が引っかからないようにFGノットをお勧めします。

リール(エクスセンスBB 3000MHG)


選定理由は、幅広いターゲットに対応する、PE1.2号が150m巻けるためです。
PE1.2号を選定したのは、多少大きなシーバスやサワラ、たこがかかっても大丈夫なためです。
ラインローラーにもベアリングが1つ入ってて、スムーズ。
海だとハイギアのほうが、回収が楽なのでおすすめです。
なるべく軽いという点でもよいです。
ドラグもスムーズで、サワラなどの強烈な引きも吸収できます。
竿よりもリールは長持ちするので、良いものを買っておいたほうがいいです。

サワラやタコは理想は1.5号なので、本格的に対応したいなら、リールは買い足したほうがいいです。本来は竿も変えるとベスト。
エクスセンスBBなら4000MXGがよいです。
詳細は、東京湾 ボートからの青物(サワラ、イナダ)ルアー タックル おすすめをご覧ください。

キスやカレイも理想はPE0.8号くらいなので、リールの買い足しが必要。本来は竿も変えるとベスト。
詳細は、東京湾 キス・マコガレイ用 タックル選定 2020 (2020/7/26追記)をご覧ください。

ライン(クレハ シーガー PE X8 150m 1.2号)


価格が安く、トラブルもないので、これで十分です。
ルアーエディションでないものでもよいです。両方使ってみた感じ違いはカラーリングくらいと感じました。
通常のものは150mがないので、300m買って二回巻くとよいです!

リーダー(クレハ シーガー 船ハリス 100m 5号)


PEラインよりも少し弱めの強度を設定します。5号は約20lbなので、ちょうどよいです。
正直これを使ってて不満はないです。コスパもよいので、お勧めします!

ルアー

竿の推奨が6-28gなので、この範囲で選びます。
各ルアーは、ナチュラルなカラーとアピールなカラーの2色そろえるといいです。
ミノーはサイズ違いで10cmくらいと13cmくらいを2個ずつ。
20gくらいの鉄板バイブレーションを2個。
20gくらいのスピンテールを2個。
メタルジグは真下に落とすのが基本なので、40gを2個くらい準備するといいです。

私のおすすめは、ミノーはOSPのヴァルナとルドラ。ワカサギと黒金がおすすめです。

鉄板バイブレーションは、メジャークラフトのジグパラブレード(23g) イワシ系とピンク系でいいです。

スピンテールは、メジャークラフトのジグパラスピン(25g) イワシ系とピンク系でいいです。

メタルジグは、メジャークラフトのジグパラショート(40g) イワシ系とピンク系でいいです。

メタルジグはキャストはしないで直下に落として使ってください。

それ以外については、対象魚ごとにルアーをそろえていく必要があります。
東京湾 ボートからの青物(サワラ、イナダ)ルアー タックル おすすめ
東京湾、外房、内房 ヒラメ、マゴチ用 タックル&ルアー 2020
東京湾 船タコ釣り タックル選定と釣り方 2020
シーバスはまとめてないので、今後作る予定です。

餌釣りの仕掛け

対象魚ごとに仕掛けをそろえる必要があります。
東京湾 キス・マコガレイ用 タックル選定 2020

小物系

ノットアシストと高速リサイクラー(これはあったほうがいいというよりは、絶対購入したほうがいいというレベル!)

海のルアー釣りに必須!!ノットアシスト2.0 (第一精工)
様々な釣りのライン(糸)の選択方法と巻き方
をご覧ください。あるのとないのでは、かなり手間が違います。
楽だし、きちんと糸を巻いたり、結んだりできるのでルアーマンは必須の道具ですね!

グローブ


キャストするときに滑らず安心です。
指が使えるとルアー交換がしやすいですが、冬場や青物狙いでは、すべておおわれたものが良かったりもします。
まず最初はこれで、季節や釣り方で買い足すのがおすすめです!

ペンチとフィッシュグリップ


これは釣れた時に必須です。釣れたときにです。
ペンチは魚からルアーを取り外すために使います。ロングノーズタイプが安全です。
フィッシュグリップは、魚を持ち上げたり、移動したりする際に利用します。

小物の場合はこちらがおすすめです。

ナイフ


自分で締めたほうが鮮度が保てます。
津本さんの締め方を勉強するといいです!

タックルケース


バケットマウスがあると便利です。ごちゃっと何でもいれてタフに使えます。
ロッドホルダーがあると、竿を置くこともできるのでお勧めです!
私はBM-7000を購入し、ちょっと大きすぎですが、タックル以外に、レインスーツやタオル、おにぎりやドリンクなど、ほんと何でも入るので助かってます。
私は船の上でリーダーを結びたくない(揺れてて結びにくいし、時間がもったいない)ので、ラインが痛んだ時にすぐに変えられるように、予備のリールを必ず入れるようにしています。
でも、BM-7000はかなり大きいので、東京湾のベストサイズはBM-5000くらいでよさそうです。


ルアーケースはメイホーのリバーシブル140がいいです。
水抜きがあって、洗うのも楽ですし。
ただし、洗った後は拭き上げないとフックが錆びます。

クーラーボックス

私がいく林遊船さんは、ルアー釣りの場合、クーラーは船宿で準備してくれます。
岸に上がってから、自分のボックスに移す形なので、保冷力はあまりなくていいです。
おすすめは、冬のうちにスーパーでブリ用の発泡スチロールをもらって、それに入れるのが一番コスパがいいです。
ただ、無料だと自分が欲しいサイズがなかなか手に入らなかったりするので、1mの魚が入るサイズの発泡スチロールを魚屋か釣具屋で買うのが一番手軽です。

餌の場合は用意が必要なので、クーラーボックスは買う必要があります。
釣り用クーラーボックス検討 2019を参考になさってください。

その他

手拭き用タオル、雨の場合や寒さしのぎのレインスーツ、携帯に水がかかっても大丈夫なように携帯用防水ケースなどがあると便利です。
船宿によっては、釣行時間が長いときもあるので、おにぎりやドリンクを持っていきましょう。(暑いときはドリンク多めで。2Lくらい)

船宿

東京にはいろいろルアー船は出ているので、自宅から近かったり、実績がある釣り船を利用してみてください。
私は江戸川の林遊船さんを使っています。とても親切に教えてくださるので、初心者にもお勧めです!
もちろん玄人さんもたくさんいて、お話しするだけで勉強になります。
https://ameblo.jp/hayashiyu-sen/

まとめ

東京湾でのルアーフィッシングは様々なターゲットと触れ合うことができてよいです!
特にこれまでバス釣りをしてた方ならすぐにチャレンジすることができます。
完全な初心者のかたは、同じタックルで岸でキャストを練習してある程度投げられるようになったら、チャレンジするとよいです。
アンダーハンドキャストは船独特のキャストになるので、うまい人に習うのが得策です。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です