東京湾 ボートからの青物(サワラ、イナダ)ルアー タックル おすすめ

きき酒師あっきーです。

2019年に初めて東京湾でボート(船)から青物(サワラ、イナダ)を釣りました。

その際につかったタックルを振り返って、おすすめのタックルをご紹介いたします。

東京湾 ボートからの青物(サワラ、イナダ)ルアー タックル おすすめ

東京湾はボートから大きなシーバスや青物を狙うことができます!
秋~冬にかけてが良い時期で、秋は青物、冬はランカーシーバスが狙えます。
特にサワラはボートから狙うとサイズがアベレージで70cm~80cmと大きく、引きが強烈ですし、食べてもおいしいのでぜひチャレンジしてほしい魚です。
そんなときに利用するタックルをなるべく安く、でも釣りやすいものを考えてみました。

ロッド(メジャークラフト クロステージ CRX-702M/S)


選定理由は、価格が手ごろで、十分なパフォーマンスを発揮してくれるので、一本目にお勧めです!

ボート釣りでは、7ft(2mほど)の竿を推奨します。
理由は、オーバーヘッドキャストではなくアンダーハンドキャストを余儀なくされる場合があります。
また、魚とのやりとりやオーバーヘッドキャストで他の乗船者に迷惑がかからないように7ft(2mほど)の竿を上限とする船が多いです。
ただ、ロングキャストしたほうが魚が釣れる可能性があがる(遠いナブラに届く、船で近づきすぎて魚にプレッシャーを与えないなどの理由で)ので、上限の7ftを使うとよいです。

青物はオープンウォーターのキャスティングが主体となるため、ベイトタックルよりもスピニングのほうが扱いやすいです。
ロッドのパワーですが、青物を狙うなら、ヘビーシンキングミノーやメタルバイブレーション、メタルジグを遠投するため、30g前後のルアーも対応しているロッドが安心です。
個人的にはやや硬めですが、ミディアム(M)がいろんなルアーに対応できるのでよいと考えています。
初心者はやや硬いほうが投げやすいので、その点でもおすすめです!

ガイドのリング部分は硬い素材のアルコナイトやSICがおすすめです。
よく使われてるリングの素材では、Oリング<アルコナイト<SICの順で性能があがり、価格も上がります。
SICよりもアルコナイトのほうが安価なため、最近の1万~2万ラインの竿ではよくつかわれています。
クロステージはすべてのガイドにアルコナイトを使っています。トップガイドがSICだといいですが、何度か使ってみてトラブルはないです。

ガイドのフレームはステンレスやチタンがあります。クロステージはステンレスです。
軽量化と強度アップのためにチタンを使ってるものがありますが、価格がぐっとあがります。
お金があるかたはチタンガイドフレームの竿を選定してもよさそうです。
またライントラブルを減らすため、Kガイドという種類のガイドがおすすめです!
ラインがガイドに絡むトラブルを減らしてくれます。

ガイド径が小さいので、リーダーとPEを結ぶ部分が大きいと引っかかることが多いです。
FGノットをお勧めします。

リール(ダイワ レグザ LT4000S-CXH)


選定理由は、青物の高速ジャークやトゥイッチに対応するため、XH(エクストラハイギア)を搭載しているモデルで、強度が高く、安いからです。
安い分、リールが重いのが難点ですが、多少ハードに使っても壊れないところがよいです。

サイズはLT4000Sで、LT(Light Tough)モデルでコンパクトで軽さを重視したモデルです。
同じ番手でもLTモデルのほうが、スプール径が大きいのでラインの糸よれが若干減ってトラブルが減るようです。
スプールとは、糸を巻く部分のパーツです。Sはシャロースプール(浅いスプール)で、糸を必要以上に巻かずにすむメリットがあります。
メータークラスのサワラやシーバスを相手にすることを考え、ラインはPE1.5号(25lb前後)を150m巻くことを想定しています。

価格が安いからですが、ラインローラーにベアリングが入っていないので、糸よれを防ぐためにラインローラー用ベアリングを追加することをお勧めします!
スピニングリール ラインローラー ベアリング追加
シマノのほうが品ぞろえは良いけど、同じスペックで見たときに価格がやや高めになってるので、ダイワを選びました。

ライン(シーガー PE X8 150m 1.5号)


価格が安く、トラブルもないので、これで十分です。
というか、いろいろレビューを見た中で、これがよさそうだったので使ったのですが、本当に安くてよい品でした。
ルアーエディションも出てるので、これから使い比べる予定です。

リーダー(デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 5号(20lb)+ワイヤーリーダー)


ナイロンのしなやかさとフロロの耐摩耗性を考え、こちらを選定しています。
今のところラインブレイクはサワラの歯によるものだけです。

サワラを狙うなら、ワイヤーリーダーをお勧めします。

サワラは歯が鋭く、すごいスピードでルアーにアタックしたときにライン側をすり抜ける時があり、それでラインが切れます。
その対策でワイヤーリーダーを使います。
ただし、ルアーの動きが少し悪くなるので、その点を気にする場合はリーダー直結でもいいですが、ルアーロストの可能性が格段に高まります。
ルアー1つで2000円位するので、ワイヤーリーダーをお勧めします!
うまくなると、アクションのつけ方でできる限り切られないようにすることもできるみたいなので、そのテクニックを身につけたらワイヤーリーダーなしでもいいかもです。

第一精工 ノットアシスト 2.0


PEラインは単体では普通に結んでもラインが滑ってすっぽ抜けるので、リーダーを結ぶ必要があります。
その際の結び方で一番強度が高く、ガイド抜けがよいのがFGノットです。
このノットアシストを使うとFGノットを作る時に楽に作れます。
ノットアシストなしでもノットは結べますが、なかなかきれいになりません。
こちらを使い慣れると、楽に玄人が作ったようなFGノットができます。
ラインブレイクを避けるためにもぜひ入手しておいてください。
また、現地でノットを組むのではなく、事前に準備しておくとよいです。
理想は高切れやラインがズタズタになったときに予備スプールか予備リールに変更するのが、釣りをスムーズに楽しむコツです。
# スプールも結構いい値段するので、上位機種(ステラとかイグジストとか)でなければ、リール本体ごと予備を買うのがおすすめ!

ルアー


基本的に暖かい時期はミノー中心。魚も大きいので12cmクラスのミノーが遠投もできていいです。
私が釣ったのは、ブルーブルーのブローウィン140Sとブラックバス用ルアーですがOSPのルドラ130SPです。

カラーは青系とチャート系(黄色とか赤)を1つづつもってればOK。ロストしたことを考え、2本ずつあるとベスト。
フックはバーブレス(かえしをつぶす)にしましょう。いいところにかかってれば、ラインテンションさえ気を付ければ、そんなにばれません。
ルアーがなかなか取れないと魚が暴れて危険ですし、ネットに絡んだり、服などに引っ掛けたときに取れやすいからです。
あと、ナブラうちなどをする場合は手返しが重要なので、サクッとルアーが取れるほうが有効です。

寒くなってくると、魚が沈むので、鉄板バイブレーションやメタルジグがよいです。かっとびます。
私はジグパラブレード(100mm 27g)とジグパラのメタルジグ(40g)を使ってます。2019年はこれでは釣れなかったですが。

こちらもカラーは青系とチャート系(黄色とか赤)を1つづつもってればOK。ロストしたことを考え、2つずつあるとベスト。

小物系

グローブ


手がすべておおわれるグローブがおすすめです。
青物は早くリトリーブするし、キャスト回数も多く、ラインと接したり、アクションさせる時間が長いです。
素手では、手や指が痛くなることもあるので、グローブはあったほうがいいです。(私は指の皮がむけました。)

ペンチとフィッシュグリップ


これは釣れた時に必須です。釣れたときにです。
ペンチは魚からルアーを取り外すために使います。ロングノーズタイプが安全です。
フィッシュグリップは、魚を持ち上げたり、移動したりする際に利用します。

ナイフ


船に常備されてますが、念のため自分でも持っておきましょう。
釣れまくってるときは、自分で締めたほうが鮮度が保てます。
締め方は船長に習いましょう。

タックルケース


バケットマウスがあると便利です。ごちゃっと何でもいれてタフに使えます。
ロッドホルダーがあると、竿を置くこともできるのでお勧めです!
私はBM-7000を購入し、ちょっと大きすぎですが、タックル以外に、レインスーツやタオル、おにぎりやドリンクなど、ほんと何でも入るので助かってます。
私は船の上でリーダーを結びたくない(揺れてて結びにくいし、時間がもったいない)ので、ラインが痛んだ時にすぐに変えられるように、予備のリールを必ず入れるようにしています。
でも、BM-7000はかなり大きいので、東京湾のベストサイズはBM-5000くらいでよさそうです。


ルアーケースはメイホーのリバーシブル140がいいです。
水抜きがあって、洗うのも楽ですし。
ただし、洗った後は拭き上げないとフックが錆びます。

クーラーボックス

大きな魚を入れるクーラーボックスは高いです。私は最初、25Lのクーラーボックスに船宿で借りた包丁で頭と尻尾を落としていれたりしてました。
おすすめは、冬のうちにスーパーでブリ用の発泡スチロールをもらって、それに入れるのが一番コスパがいいです。

その他

手拭き用タオル、雨の場合や寒さしのぎのレインスーツ、携帯に水がかかっても大丈夫なように携帯用防水ケースなどがあると便利です。
船宿によっては、釣行時間が長いときもあるので、おにぎりやドリンクを持っていきましょう。(暑いときはドリンク多めで。2Lくらい)

イメージトレーニング用動画



船宿

東京にはいろいろルアー船は出ているので、自宅から近かったり、実績がある釣り船を利用してみてください。
私は江戸川の林遊船さんを使っています。とても親切に教えてくださるので、初心者にはお勧めです!
https://ameblo.jp/hayashiyu-sen/

まとめ

サワラ釣りはとてもエキサイティングで、楽しい釣りです。
ルアーフィッシングの経験がある方なら取り組みやすく、比較的釣れやすい魚なのでチャレンジしてみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です