メジャークラフト 17 クロステージ ジギング CRXJ-S58/5 – 外房ヒラマサ ジギングロッド インプレ

釣り酒師あっきーです。

外房のヒラマサを始めるにあたって、できる限り安めで初心者向けのロッドを探しました。
結果として、すぐに手に入る状態だったメジャークラフト 17 クロステージ ジギング CRXJ-S58/5を選定しました。
使ってみた感想としては、外房のヒラマサには少し弱い印象を受けました。(魚は掛けてないので、使った感想のみ)

メジャークラフト 17 クロステージ ジギング CRXJ-S58/5 – 外房ヒラマサ ジギングロッド インプレ

■選定要件

なるべく安めでジギングを始めたいと思って、とりあえず1万程度で使えるロッドを購入したいと思いました。
当初は外房ヒラマサがターゲットで、軽くキャストすることも想定してスピニングタックルを選定。
ルアーが200g未満、PE4号に耐えうるロッドを考えました。

■選定機種

メジャークラフト クロステージ
https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8428
CRXJ-S58/5 が180gまで対応していて、いい感じ。
PEも4号まで対応しています。
価格が1万円くらいと安いのも嬉しいです。
すぐに手に入る状態だったこともあり、こちらを選定しました。

シマノ グラップラーBB タイプJ
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/jigging/a075f00003e2ccwqay.html
購入を検討した段階では、リニューアル直前だったこともあり、市場に物がありませんでした。
今ならS60-4かS60-5あたりを選定したと思います。

ヴァデル
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/vardel_j_c/index.html
J60MHS・Yがやや強めでいい感じ。
ただ買おうとしたタイミングで品切れでした。

■レビュー・インプレ

2021/05/01 外房ヒラマサ@大原漁港 松鶴丸
外房ジギングで利用しましたが、潮が早かったり、ドテラで流すので抵抗が大きかったりとメジャークラフト クロステージ CRXJ-S58/5 ではやや弱い感じ。
ロッドの限界の180gを使うといい感じだったので、ロッド自体はもう少し強めで、250gくらいまで対応できるロッドのほうが扱いやすそうだなと感じました。
そこで、ヴァデルJ60HSを買ってみたので、別途レビューします。
こちらのロッドはヒラマサ用のサブロッドにします。

その後遠征用にグラップラー タイプJ 3ピース J605-3を購入したので、こちらがメインになる可能性があります。
ヒラマサ・カンパチ・マグロ用 ジギングマルチピース遠征ロッド(シマノ 21 グラップラー タイプJ S605-3)
いろいろ使い比べてまたレビューを追記します。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。