外房ヒラマサ ジギングロッド インプレ(ダイワ 19 ヴァデル J60HS)

釣り酒師あっきーです。

外房のヒラマサに一度行って、クロステージを使ってみたのですが、やや弱さを感じたので、もう少し強めのロッドを探しました。
安さを重視して、ダイワ 19 ヴァデル J60HSを選定しました。

外房ヒラマサ ジギングロッド インプレ(ダイワ 19 ヴァデル J60HS)

■選定要件

なるべく安めで強めのジギングロッドが欲しいと思って、とりあえず1万台で買えるロッドを購入したいと思いました。
外房ヒラマサがターゲットで、軽くキャストすることも想定してスピニングタックルを選定。
ルアーが250g未満、PE4〜5号に耐えうるロッドを考えました。
相模湾のキハダマグロのエビングにも転用できるかなと思っています。

■選定機種

メジャークラフト クロステージ
https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8428
こちらはCRXJ-S58/5を一本購入して、これ以上強い竿がないので、対象外としました。

シマノ グラップラーBB タイプJ
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/jigging/a075f00003e2ccwqay.html
S60-5あたりがよさそうだが、買おうと思った時に市場にはありませんでした。

ヴァデル
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/vardel_j_c/index.html
J60HS・Yがいい感じ。
市場でウォッチしてたら、ちょうど発売してたので、こちらを購入しました!

■レビュー・インプレ

使ったらレビューを追記します。

このロッドを購入後、サワラでディアルーナBSを使って、スパイラルXの良さを理解し、2万円を超えるロッドは魚をばらしにくいことがわかりました。
ルアーロッドとして使うなら十分ですが、たまにしかかからない大物をバラさないためにも、2万円クラスのロッドは必須だなと感じました。

ヒラマサ・カンパチ・マグロ用で遠征に対応できるグラップラー タイプJ 3ピース J605-3を購入したので、こちらがメインになる可能性があります。
ヒラマサ・カンパチ・マグロ用 ジギングマルチピース遠征ロッド(シマノ 21 グラップラー タイプJ S605-3)
いろいろ使い比べてまたレビューを追記します。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です