東京湾 LT(ライトタックル) アジ釣りタックル選定 2020

釣り酒師あっきーです。

2020年にチャレンジしたい釣りとして、東京湾での船からのアジ釣りです。
東京湾ではLTアジといいます。

初心者なので、レンタルすればいいのかもしれませんが、レンタルタックルは初心者が扱っても壊れにくいようにしっかり目の設定になっていて、釣りづらいのがわかってるので、避けたいところです。
そこで最低限納得できそうなタックルを購入することにしました。

東京湾 LT(ライトタックル) アジ釣りタックル選定 2020

東京湾のアジはそんなに大きくなく20cm~30cmくらい。
回遊しているアジではなく、地付きのアジで脂がのってておいしいそうです。
イワシのミンチなどをコマセにしてビシを使いますが、狙う水深が20mから40mと浅く、40号くらいの軽いおもりを使います。

ロッド


長さが1.8m以内、両軸リールで、道糸はPE2号程度と想定。
多くの船宿のレンタルタックルの道糸がPE2号を使っているらしく、これ以上細くするとおまつりしやすくなると書いたブログがありました。
基本的に浅場狙いなので、おもり負荷は30号~40号程度でよさそう。
東京湾のライトタックルアジ釣り向けの竿があったので、そちらを見ました。
ダイワ ライトアジX
シマノ ライトアジBB
どちらも1.5万円前後で、同じようなスペック。

ライトアジXとライトアジBBを比較したサイトがありました。
船に乗れば何時でも釣り日和さんのブログ
初心者向けのライトアジBBと慣れた人向けのライトアジXといったところでしょうか。
個人的には竿はシマノ好きなので、今回はライトアジBBを選択。

(2020/09/26追記)
竿はライトアジBBで十分だと感じます。
竿の根本(バット)が強くて、しっかりとしゃくれます。
また軽いのもいいです。やや細いので耐久性は今後使ってみないとわかりません。

リール


深さが40m未満なので、PE2号が200m巻ける小型の両軸リールでよいと判断。
個人的にライトジギングやシーバス釣りなどのキャスティングでも使いたい。
カウンター付きがいいなと思いつつ、指示棚に大体合わせるなら、PEラインの色で判断でもいいかなと。
あたりを取りやすいのは利き手なので、私の場合は右手がロッド、左手がハンドルという感じです。
なるべく安く始めたかったので、タカミヤのギガソルトPG左ハンドルを選定。

(2020/09/26追記)
しゃくる時にドラグが滑るので、基本的にドラグは使わないので、割と安物でも十分。
仕掛けが割と重いので、パワーギアのほうが巻き上げはらく。その点で選定は良かった。
東京湾では棚が底付近なので、リールのハンドルの回転数を数えれば、カウンターはほぼ必要なし。
リーダーが切れた時を想定して、予備で、PE1.5号を巻いたリールがあれば、問題なさそう。

ライン


ラインは、シーガーのX8が安くて、色分けされてて使いやすいので、こちらの2.0号を選定。

仕掛け


いろいろなサイトをみたら、天秤にビシをつけて、クッションゴム(つけるつけないは個人の判断)、二本針が一般的な仕掛けのようです。

店舗で仕掛けを見て以下のものを選定しました。
ヤマシタ ライトテンビン 1.2mm 30cm

ヤマシタ ゴムヨリトリ ライトアジSP 1.2mm 10cm

がまかつ ライトアジ五目仕掛 2本鈎 10号

(2020/09/26追記)
私は経験してみて、クッションゴムはつけたほうがよい、初心者は二本針がよいと考えています。
メーカー別の仕掛けの違いを感じれるほどの腕と経験はないので、なんでもよいと思います。

その他

ロッドホルダーがあると釣りが楽になるということで、購入してみました!
ラークとかいろいろありますが、安くて手軽に使えそうだったので、ダイワのライトホルダーにしました。
東京湾のアジやその他小物釣りならこれで十分だと想定しています。

ダイワ ライトホルダー 90CH ブルー

(2020/09/26追記)
ロッドホルダーは絶対にあったほうがらくです。
何度も釣りに行くことを考えてる人はぜひ購入しましょう。

レビュー(2020/03/23追記)

竿は穂先はかなり柔らかめですが、バットはしっかりしてて、しっかりとシャクれます。
かけた後も竿の弾力で口切れを起こしにくくなってます。
短めで、コマセワークもやりやすくて、気に入りました!

リールはパワーギアで、巻取りが楽でした。
でも、一日中釣りをすると結構な疲れになりました。
40号のおもりだったので、パワーギアで良かったです。
ハイギアだと引き重たさでより疲れそうです。
またドラグを緩めておくと、しゃくったときに滑るので、しっかりと締めておきます。
大きな魚がかかったらいったんクラッチを切って、指で調整しつつ、ドラグを緩めればよさそうです。

仕掛けはアンドンビシをつけた天秤仕掛けで、イワシミンチを撒き餌に、アオイソメをつけ餌で釣りをしました。
二本針にゴムヨリトリをつけました。アジは口が弱いので、クッションゴムで引きを吸収するほうがばれにくいと思います。
出来るだけおまつりは避けたいので、周りの方と条件を合わせるために、天秤とアンドンビシは借りました。

ロッドキーパーはあるとかなり便利でした。

疲れた時は竿をおけるし、釣りながら、魚を締めて、クーラーに移したり、安心してご飯を食べたりできます。

ロッドキーパーは割と高いので、以下のような簡単な竿立てでもあると違うので、準備したほうがいいです。

あとは魚つかみ、イソメを切るための糸切りバサミ、しっかりと針がかりした時に針を外すためにつかうプライヤー(ラジオペンチ)があるとスムーズです。

あと汚れていい手拭きタオルを準備しておきましょう。

わたし的には、お尻のクッションもあった方が良いと思います。

長時間座ったままなので、結構お尻が痛くなります。
この防水クッションはMとLがありますが、Lだと大きすぎて持ち運びが不便だったので、Mを買い足しました。
Lは誰かと行くときに貸してあげる予定です。
シマノの防水クッションもありますが、吸盤付きで結局船べりでは利用できないので、シンプルなダイワの防水クッションを使ってます。
風で飛ばされる可能性があるので、

魚のサイズが20cmくらいなので、20Lほどのクーラーボックスが良いです。

今回は、どれだけ釣れるか、サイズがどのくらいかを把握してなかったので、サワラ釣りで使ってた25Lのクーラーボックスを持って行きましたが、大きすぎでした。

レビュー(2020/09/22追記)

初心者はやっぱり2本針がいいです。3本針を使ってる方がいましたが、仕掛けが絡んで外す回数が増えていました。
慣れてから数を伸ばしたいときに使い始めるとよいです。

今回はコマセを振って待ってるだけだとあまりあたりが来なかったので、船長の指示だなの上下1メートルを探り分けて、
コマセが効いてる状態(コマセを振って15秒くらい)で竿先を下げたり、あげたりすることで誘いを入れるとアタリが出ることが多かったです。

棚の調整はハンドルの回転数を数えるといいです。
大体ハンドルの一回転でベイトなら60〜70cmです。
指示棚までハンドルの回転数で計算すると良いです。
私のリールはパワーギアで巻く力を強くするために、糸の巻きとる量が少なく50cmくらいなので、指示棚が底から2mなら、
4回巻く計算でやっています。

釣り履歴(2020/09/22追記)

2020/03/21 東京湾 LTアジ釣り@林遊船
2020/09/20 東京湾 船LT(ライトタックル)アジ釣り@林遊船

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です