2020/12/30 東京湾 船アジ釣り@林遊船

釣り酒師あっきーです。

2020年の釣り納めです。
結果はアジが17匹、イシモチが2匹とやや厳しめの釣果でした。
しかし、泳がせでラッキーなヒラメ(57cm)が1匹釣れて、いい釣り納めとなりました!

2020/12/30 東京湾 船アジ釣り@林遊船


釣りが楽しみで4時半に目覚めて、5時半に船宿に到着。
月が綺麗な時間でした。
二番目の受付で、泳がせが出来たらチャレンジしてみたかったので、トモを選択しました。

アジタックル


シマノ 19 ライトアジBB 160 + タカミヤ リアルメソッド ギガソルト PG (PE2.0号)
今回、天秤は試しで購入してみたSANY ハイブリッド天秤 弓 1.4mm-0.7mm-250mmを使ってみました。

仕掛けはがまかつ ライトアジ五目仕掛 2本針 10号

ロッドホルダーは、ダイワのライトホルダー90CHを利用。

泳がせタックル


シマノ 19 ライトゲームBB TYPE73 H195 + ダイワ 19 スパルタン IC 200HL (PE3.0号)


仕掛けは自作で、2本針でハリスは7号を80cm、孫針は10cmくらい離しています。
トリプルサルカンで、道糸、ハリス、捨て糸(4号)を結んで、60号の重りを付けました。
針はハヤブサ 喰わせ青物・ヒラメ 白 10号。

ロッドホルダーは、第一精工 スーパーラークを利用。(大は小を兼ねるので、オーバースペックですがこれを購入しました。)

状況

雨と風が強い予報で大変そうな1日。
防寒装備はしっかりとやりました。

行きの船は2019年から何度か船に乗ってますが、これまで東京湾で経験のない揺れ。
風裏でもうねりがありました。
ともで風向きによって、エンジンの排気ガスも少し匂うこともあり、到着時点で少し船酔いしてました。

実釣レビュー

いくつかポイントを点々としながら、アジを探しました。
反応が良いポイントが見つかったようで、錨を下ろしてしばしそこで頑張りました!
アジはほぼ底でポツポツ、たまにイシモチが釣れました!

天秤は初めて形状記憶合金がついたものを使ってみましたが、しなやかに曲がります。
あたりを取りやすいというよりは、たぶんバレにくさを主に考慮している感じ。
クッションゴムの代わりになるのかもしれません。
でも5回くらいバレたので柔らかいのも問題があるのかも。
竿のライトアジBB自体、合わせが必要ないくらい竿がしなって自動的に合わせてくれるので、
天秤やクッションゴムで対策しなくてもよさそう。
次回は試しに弓型ではなく、ストレート天秤でチャレンジしてみようと思います。

15cmくらいのアジが釣れたので、今回は人生初の泳がせ釣りもしました。
タックルは深場のタチウオやヒラメ、ワラサが狙えるライトゲームロッド。仕掛けは自作でフロロ7号で二本針。
口の堅いところと肛門付近に針をチョンがけして、アジと同じ棚に仕掛けを投入。
少し竿先に反応があることもありましたが、アジが逃げ回っていた様子。
でも、食い込まず、2時間ほど放置。
少し竿先に揺れがあったり、当たりがあったときは仕掛けをあげても、魚は元気そうなので、そのまま投入。
途中で明確な当たりが出始め、竿を持ち替えて、引き込むような本当たりを待ちました。
ゴン、ゴゴン、グーぅと竿が絞り込まれたタイミングで合わせ!
良いサイズの魚が掛かりました!
ぐいぐいとした引きを楽しみつつ、丁寧に巻き上げました!
アジの竿も仕掛けを投入してたので、それと絡んでしまいましたが、船長や周りの人の協力で無事にタモ入れできました!
はじめての大きなヒラメです!

帰って測ったら57cmでした!
年末の宝くじが当たった気分でした(笑)

その後も泳がせをしてましたが、全く当たりなし。
ワンチャンスでうまくゲット出来て良かったです!

朝は悪天候でしたが、お昼頃には晴れ間も広がり、風が落ち着いて、ゆっくり釣りました。
でもアジは数が伸びずにストップフィッシング。
運に恵まれ、良い釣り納めになりました!

2021年もいろいろ釣りを経験して、腕を上げたいと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です