パームス 20 シーラプチャー STGS-66ML – カツオ・シイラ用 キャスティングロッド インプレ

釣り酒師あっきーです。

シイラとカツオに挑戦してみようと、ロッドを一本追加しました。
結果的にパームス 20 シーラプチャー STGS-66MLにしました。

パームス 20 シーラプチャー STGS-66ML – カツオ・シイラ用 キャスティングロッド インプレ

もともと、2000年代に一度オフショアの釣りがしたいと思って、メジャークラフトのクロステージ キャスティング CRC-76Mを買っていました。
結局行かずじまいでしたが、船での釣りを経験してみると短い竿のほうが釣りやすいし、アンダーハンドもしやすいということで、そのロッドのよりも短いものを選定したいと考えました。

短めのオフショアキャスティングロッドを検索すると、パームス以外にテンリュウのスパイクSK672S-LML、ヤマガブランクスのブルースナイパー70/2、シマノのグラップラータイプC S70Lなどがありますが、シマノ・パームス以外はやっぱり価格が高め。
オフショアでグラップラー タイプCを色々使ってるので、他のロッドを使ってみたいと思っていました。
特にパームスが良いと判断したのは、ロッドの長さが短い点と価格が手頃な点です。

これまでパームスはベイマティック BMTS-70MLを使いましたが、粘りが強めで、魚をバラしにくい印象がありました。
http://www.palms.co.jp/rod/product/?name=baymatic
シーラプチャーはナノアロイマテリアルという素材が使われており、これがバラしにくさにつながるようで期待しています。
http://www.palms.co.jp/rod/product/?name=searapture
ルアーは15-60g、PEは1.5-3号とのことで、ライトウェイトのルアーを投げるのに良さそうなので、このロッドではラインはPE2号、40g前後のルアーを多用しようと考えています。
ちょうどサワラチューンやモンスターショット、マヒジャークなどがそのウェイトにちょうど良さそうなので使ってみます!

今年の夏は釣りに行くことができなかったので、シイラ、カツオは2022年にチャレンジします。
メインをシーラプチャー、サブでクロステージを使う予定です。
パワー的にサワラにも使えそうなので、今度サワラの乗合に乗った際に使ってみます。その時はPE1.5号を利用する予定です。

リールはセルテートLT 4000-CXHを使います!
標準スプールはPE1.5号を200m、カスタムスプールを購入してPE2号300m巻いてます。
ダイワ 19 セルテート LT4000-CXH ベアリング追加、ハンドルノブ交換、スプール追加、インプレ
また使ってみたらレビューします。

2021年シーズンはほぼ売り切れ状態なので、欲しい方は2022年4月以降に探してみてください。

レビュー・インプレ

2021/10/08 東京湾 船サワラ釣り@江戸川放水路 林遊船
利用したもう一本の竿が折れて、ずっとシーラプチャーで釣りをしました。
リールは20ルビアスLT4000-CXH、ラインはPE1.5号で利用しました。
40gのジグを中心に使いましたが、安定してキャストできますし、安心して釣りができます。
6.6ftという長さがアンダーハンドキャストが楽にできて、胴の間でも釣りやすいです。
ミヨシやトモ以外は7ft以下が使いやすくていいですね。
60cmくらいのシーバスと40cmくらいのイナダを釣りましたが、引きも楽しめて良い印象を受けました。
シイラだとやや柔らかそうですが、40g前後のプラグで狙うときにはとてもよさそうな印象です。

2021/11/01 東京湾 ボートサワラ@江戸川放水路 林遊船
このロッドだと40gではなく、50gなどでも楽に投げられそう。
ただ、巻く力がある程度ないとリールが負けるので、私が持ってるリールならセルテートクラスが良い感じ。
ミノーならルビアスでもいけますが、ブレードジグはエクストラハイギアだけどパワーがあってしっかり巻けるリールが必要です。
ぜひセルテートやツインパワーなどを選択するようにしてみることをお勧めします。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。