サワラ 初心者向け 捌き方の案内とオススメ料理

釣り酒師あっきーです。

サワラを捌く時に参考になる動画とおすすめ料理を案内します。
今後いろいろな食べ方を試すので、美味しいものが見つかったらアップデートします!

サワラ 初心者向け 捌き方の案内とオススメ料理


サワラは東京湾では、7月頃〜2月頃まで釣ることができて、湾奥に来るのは9月〜11月頃です。
2019年から毎年サワラを釣ってますが、かなり美味しい魚です。
特に80cmを超える個体はよく脂がのってて、ピンク色の綺麗な身で、特に腹身の部分はとろけるような味わいです!
ボートシーバスタックルのやや強めの竿で、引きを味わうとかなり楽しめますし、持って帰って料理しても美味しいと東京湾でもかなりお勧めなターゲットです!
サワラは結構捌きやすいので、大きな魚ですが初心者でもチャレンジしてみてほしいです。

■ 捌き方


こちらの動画が私は一番わかりやすかったので、こちらを参考に作りました!
ただ3枚おろしで終わっちゃうのでそれ以降について、他に動画がないかなと探して以下が良い感じ!


こちらのほうが細かい点がわかりやすいです!
アラ炊きと煮汁のスクランブルエッグはやったことなかったので次回やってみます!

最近見つけたTweetで、こちらの捌き方も楽そうなので、次回試してみます!

初心者向けに魚のさばくときの準備と心構えを別途まとめましたので、ご興味があればご覧ください。
初心者 魚のさばくときの準備と心構え

■ 料理

私のおすすめの順番でご紹介します!

刺身


私の最もお勧めするサワラの食べ方は刺身です!
特にハラミの部分!脂がノリノリで抜群に美味しいです!
半身は皮無し、半身は皮有りにして、皮有りはバーナーで炙るとまたこれがうまい!

醤油とワサビで食べるととろけます!
単体で食べるよりもご飯と一緒に食べた方がかなり美味しいです!
刺身ですが、醤油とわさびではなく、ねぎをかけて、もみじおろしを使ったポン酢がおすすめです!
合わせるお酒は、やはり日本酒が良いです。
季節的にもひやおろしの常温か冷やしたもので合わせると最高です!
背の部分は脂がやや落ち着いてるので、刺身でもいいですし、塩焼きや味噌漬けがいい感じです!

ハラミの骨の部分とカマの塩焼き


塩を振って、少し置いて、出てきた水分を拭き取ってから、焼くと臭みが減ります。
ヘルシオのウォーターオーブンで焼くと、焦げ目も少なめでふわふわの焼き魚ができます!

ヘルシオのウォーターオーブンは、焼く、蒸す、ノンフライなどができてとてもお勧めです!
ご興味があるかたは、以下の記事をご覧ください。
シャープ ヘルシオ ウォーターオーブン AX-X10 レビュー

味噌漬け

みそ4:みりん1:酒1の割合で味噌だれを作って、一晩つければ、焼いて食べられます!

こちらは冷凍保存もできます。去年のサワラは半年くらいは美味しく食べられました!

上がサワラ、下が太刀魚です!太刀魚も味噌づけがおいしいです!
リモートワークのランチにぴったりです!
こちらもヘルシオのウォーターオーブンで焼けば、焦げすぎずちょうどよい焼き加減になります!

みそ汁


頭、尻尾、身の少ない中骨を使って出汁を取りました。
頭は鰓などを取り除いて、熱湯にさっと湯通しして、霜降りしたあとに炊くことで臭みが減ります。
沸騰して弱火で5分ほどコトコト煮ると少し白く濁ります。
そのタイミングで、すべてのアラを出します。
写真はアラも食べてみたのですが、過去の経験から、匂いが出たり、腐りやすくなるので、出汁をおいしく飲むなら、アラをだしたほうがいいです。
そこにみそを溶かして、完成。
具なしでネギだけで飲むと抜群のうまさです!
ご飯と混ぜて雑炊風にしても美味しいです!

■ おわりに


サワラは引きが楽しく、本当に美味しい魚です!
東京湾の秋の風物詩となって、みんなが気合を入れて狙ってますので、ぜひチャレンジしてみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です