大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け ジギングタックル選定 2021

釣り酒師あっきーです。

色々な釣りを経験する中で、大物も狙ってみたくなりました。
昔からテレビでオフショアのジギングやキャスティングで、カンパチ、ヒラマサ、ブリ、キハダマグロ、GTなどをみて、いつかは釣ってみたいと思っていました。

関東近辺で何が釣れるかを調べると、外房のヒラマサと相模湾のキハダマグロが有名でした。
外房のオフショアキャスティングでヒラマサを狙うにあたって、ジギングタックルもないと対応できないみたいなので、キャスティングタックルと共に選定しました。
キャスティングタックルに予算を多めに積んだので、ジギングは最低ラインでタックルを揃えてみました。
小物などはキャスティングと一緒に使うので、ここではなるべく安いものを購入して、1タックルとルアー類で5万ほどになりました。
キャスティングタックルの選定はこちら-> 大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け キャスティングタックル選定 2021

大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け ジギングタックル選定 2021

あまりにも強度が強い竿は疲れるので、大きさ的にヒラマサは15〜20kg、キハダマグロは20〜30kgを想定した選定です。
PE4号まで対応してて、ジグは200gを背負えそうなものを選定しました。

■ ロッド

ヒラマサを想定してタックルを考えたときに、浅場で走られても耐えられるものを想定。
外房のヒラマサはドテラ流しで、必要に応じてキャストしないといけないので、スピニングが良いみたい。
PE4号あれば、かなり耐えられそうなので、対応したロッドで実売価格が2万以内のものを探しました。
長さは6ft前後が操作性が良さそう。

シマノ グラップラー タイプC
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5593
長さとパワーの種類が多く、良いがやや予算オーバー。

ダイワ ブラスト
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/18blast/index.html
こちらもやや予算オーバー

パームス シーラプチャー
http://www.palms.co.jp/rod/product/?name=searapture
STJS-62M+が、良い感じですが、探したタイミングで生産待ちだったので、諦めました。
追加で買うならこれにするかもです。

メジャークラフト クロステージ
https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8428
CRXJ-S58/5が、グリップ脱着で、想定してたものだったので、これを買うことに。

■ リール

キャスティングタックルにお金を使いすぎたので、ジギングはいったんこちらに。

ダイワ BG
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/bg/index.html
実売価格が1.5万で、大型ソルトウォーターリールとしては最安値。
人によってはこれはダメという人もいますが、これでもどうにかなるという人もいました。
ステラやソルティガを基本としてる人なら、こんなの使えないかもしれませんが、まずスタートにはよいかと思い、この機種を選定。
ドラグもATDがついてるので、最低限の機能は有していると判断。
PE4号を300m巻きたかったので4500Hか5000Hで迷いましたが、重さもそんな変わらないし、転用を想定して5000Hを選定。

買った後にジギングならローギアの4500でもよかったなぁと思いましたが、いったんこれを使い込んでみます。

BG5000Hは、ラインローラーにベアリングが入ってないので、これだけは追加で購入して2BB仕様にしました。

追加で買うなら、キャスティングタックルと同じストラディックSWで、8000PGあたりを買うことになりそうです。

ラインはジギングでも使えるように色分けされたもので、いつものシーガーのx8を選びました。

リーダーはいったんあるもので、デュエルのTBカーボン50lb。PE4号が62lbなので、それよりも強度が低いものを選定。
動きを重視して、ナイロンにするかもです。

■ ルアー

なるべく安く釣れそうなものを探した結果、ジャッカルのバンブルズジグがよさげと判断。
https://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/bluefish/bambluz-jig-semilong/
100、120、150、180、200gでショートとセミロングを2本ずつ購入。

ポイントアップの時に楽天でまとめて買うとお得でした。

タングステンしか釣れないときもあるようなので、高いですが、今後ソルティガのTGベイトあたりを少しづつ増やしていく予定。

スプリットリングは、オーナー カルディバのウルトラワイヤー6号

ソリッドリングは、オーナー カルディバのソリッドリング6号

■ その他


プライヤーも今までのものでは対応できそうになかったので、シマノのパワープライヤーを購入。

ケースは、バケットマウスのインナーストッカーBMのLを購入。

かかったときに少しでも楽にやり取りできるようにファイティングベルトも買いました。
プラスチック製よりも少し使いやすそうだったのでこちらにしました。

ドラグ調整用にドラグチェッカーも仕入れました。

これで、いつでもヒラマサを狙いにいけそうです。タイミングをみてチャレンジしたいと思います。
また、実際に釣りに行ったらタックルレビューをブログにアップしますので、お待ちください。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です