大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け キャスティングタックル選定 2021

釣り酒師あっきーです。

色々な釣りを経験する中で、大物も狙ってみたくなりました。
昔からテレビでオフショアのジギングやキャスティングで、カンパチ、ヒラマサ、ブリ、キハダマグロ、GTなどをみて、いつかは釣ってみたいと思っていました。

関東近辺で何が釣れるかを調べると、外房のヒラマサと相模湾のキハダマグロが有名でした。
まず、この2つの魚種を狙うためのキャスティングタックルを揃えることにしました。
できるだけ安いものを選定しましたが、使い分けと予備を想定して2タックル、ルアーやライン、小物など、TOTAL15万近くかかりました。
一緒にそろえたジギングタックルの選定はこちら-> 大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け ジギングタックル選定 2021

大型青物(ヒラマサ、キハダマグロ)向け キャスティングタックル選定 2021

あまりにも強度が強い竿は疲れるので、大きさ的にヒラマサは15〜20kg、キハダマグロは20〜30kgを想定した選定です。

■ ロッド

色々調べてみると、関東近辺は人が多いので、アンダーハンドキャストが基本で、短めの竿が良さそう。
ただ船は割と大型のものが多いみたいで、ヒラマサなら7.5〜8ft、キハダマグロは8〜8.5ftあたり。
そこで7ft台を一本、8ft台を一本買って、状況に合わせて使い分けることにしました。

シマノのグラップラーのページが対象魚ごとのリストがあってわかりやすかったです!
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5593

これで、ターゲットの重さを考えるとパワーはMで良さそう。ルアーは100g上限くらい。
この範囲で実売価格が予算1.5万〜2.5万で探しました。

シマノ グラップラー タイプC
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5593
長さとパワーの種類が多く、S77MかS80Mが良い感じ

ダイワ ブラスト
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/18blast/index.html
理想の長さとパワーが揃ってなくて対象外

パームス シーラプチャー
http://www.palms.co.jp/rod/product/?name=searapture
ジョイントが中途半端で耐久性が気になったので対象外

メジャークラフト クロステージ
https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8779
ターゲットごとに数本ロッドがあって、CRXC-77HIRAMASAかCRXC-80TUNAが良さそう。
ただ、CRXC-80TUNAはターゲットが30〜45kgで想定よりもオーバースペック。

結局、メジャークラフトのCRXC-77HIRAMASAとシマノのグラップラー タイプC S80Mを選びました。

長さとパワーがちょうど良くて、メーカーの違いを感じたくてこの2本にしました。

■ リール

色々なサイトを見る限り、最上位かその次のランクがおすすめと書いてあるところがほとんど。
となるとシマノならステラかツインパワー、ダイワならソルティガかキャタリナ、セルテートSWあたり。
最低でも一台5万クラスで、完全に予算オーバー。
重かったりしてもいいので、安くで買えそうなオフショアの大型リールがないかを探してみたら、2台ありました。

ダイワ BG
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/bg/index.html
実売価格が1.5万で、大型ソルトウォーターリールとしては最安値。
人によってはこれはダメという人もいますが、これでもどうにかなるという人もいました。
ステラやソルティガを基本としてる人なら、こんなの使えないかもしれませんが、まずスタートにはよいかと思い、この機種を選定。
ドラグもATDがついてるので、最低限の機能は有していると判断。
PE5号を300m巻きたかったので5000Hを選定

BG5000Hは、ラインローラーにベアリングが入ってないので、これだけは追加で購入して2BB仕様にしました。

ストラディックSW

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/6164
バイオマスターSWの後継がやっと2020年に発売されました。
実売価格が3万円位で、少し予算オーバーですが、BGとの比較もしたかったのでPE5号を300m巻ける10000HGを選定。

ラインはジギングでも使えるように色分けされたもので、いつものシーガーのx8を選びました。

リーダーはかなり太いものでしなやかさが必要だと感じたので、バリバスのオーシャンレコードのナイロンの100lbにしました。

■ ルアー

最低限、ポッパー、ペンシル、シンキングペンシルを揃えるために釣具屋を物色。
たまたま安かったソルティガのドラド系とDUOの青政シリーズを買い揃えました。

追加でポップクイーン、ラピード、マンマサーディン、オシアドリームチューンを購入。とりあえずこれで釣りができるかな。

フックは、がまかつのトレブルSP XH 2/0

スプリットリングは、オーナー カルディバのウルトラワイヤー8号

ソリッドリングもオーナー カルディバのソリッドリング7.5号

■ その他


プライヤーも今までのものでは対応できそうになかったので、シマノのパワープライヤーを購入。

ケースも深みがあって、大型ルアーが入るものを選定。メイホウのバーサス VS-3010NDDM

かかったときに少しでも楽にやり取りできるようにファイティングベルトも買いました。
プラスチック製よりも少し使いやすそうだったのでこちらにしました。

ドラグ調整用にドラグチェッカーも仕入れました。

これで、5月〜6月の相模湾のキハダマグロから挑戦したいと思います。
また、実際に釣りに行ったらタックルレビューをブログにアップしますので、お待ちください。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です