ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL インプレ(ブラックバス、東京湾ボートシーバス用)

釣り酒師あっきーです。

ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL を買ってみたので、インプレをまとめます。
コスパがよく、とても使いやすいリールです!私のバスフィッシングのメイン機種になっています。
これからバス釣りやシーバス釣りをベイトで始める初心者におすすめできるリールです。

2022年3月にタトゥーラTW 80が発売されていて、ベイトリールのエクストラハイギアを使ってみたいので買ってみました。
ダイワ 22 タトゥーラTW 80XHL インプレ(ブラックバス、東京湾ライトゲーム用)
ご興味があればご覧ください。

■ ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL インプレ(ブラックバス、東京湾ボートシーバス用)

■選定要件

ブラックバス用のベイトリールが古いものしか持っておらず、最近の機種を使ってみたかったので、価格的に手ごろな20,000円以下の機種を探しました。
私の場合、右利きだったので、当たりの取りやすい右手でロッドを持ち、左手で巻くのが理想だったので、左ハンドルを選定。
ワームやジグなどで手返しをあげたかったので、ハイギアを買うことにしました。

■選定機種

ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/bait_rl/tatula_tw/index.html
ダイワだとこれが一番気になりました。
使ったことがないTWSがついてるのが魅力。
ある程度剛性もありそうだし、価格的にちょうど良かったのも理由です。

シマノ 19 SLX MGL 71HG
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/baitlurecasting/a075f00003icfbrqaj.html
シマノだとこちらが気になりました。
糸巻き量が少ない(16lbが80m)、目新しい技術がない点で、ダイワを選定。
SLX DCも気になりましたが、DCモジュールが一番安価で使いづらいかもしれないと思って見送りました。
(ベイトでバックラッシュしないくらいに扱いは慣れてるので)

その他、アブガルシアなどもみましたが、とりあえずタトゥーラで十分ではと思い、タトゥーラを選定。

■レビュー

届いてびっくりしたのは、最近はメカニカルブレーキの調整をしないということ。
スプールの回転スピードをコントロールできないのはちょっと不便だなと感じました。
使ってみてマグフォースZがいい感じにコントロールしてくれるので、投げる際に不安はなかったです。
ガイドに糸を通す際に、ややスプールが回転しすぎるのは仕方ないと思うしかないです。

TWSは、確かに糸の放出の抵抗が下がってる印象。
ライトラインを使った釣りでも糸に負荷がかかりにくいので、ベイトフィネスとかで使う場合もよさそう。

このリール自体は、重めのルアーを使うといい感じで飛距離がひと伸びして、気持ちよく飛んでくれます。
バックラッシュも少なめで使いやすいと感じました。
フィネスにはあまり向いてない感じがありますが、10g以上のルアーを使うのがおすすめです!

■釣行履歴

リールの感想を述べてるものだけリンク。ここ最近のバス釣りではメインで利用中です。
2021/04/23 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖
2021/04/03 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖

■総合評価

全体的にバランスがいいし、キャストフィーリングもよく、この価格でこのスペックなら、買いですね!
2023年くらいにリニューアルされるかもですが、すぐに欲しい方はぜひ買ってみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。