2021/04/23 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖

釣り酒師あっきーです。

当日は外房で青物キャスティングにチャレンジする予定が、強風で出船中止になったので、急遽バス釣りに行きました。
釣果は、40up、35up、30upを含め合計5匹釣れました。
個人的に大満足な釣果でした!

2021/04/23 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖

■ 状況&実釣

釣り場に着くと、東からの風が強く、釣り辛い環境。
水は濁りがあり、ルアーを沈めると30cmくらいから見えなくなるくらいの濁り。
風をかわすところは人がいるので、正面から受けるポイントで、重めのルアーでチャレンジ。
広くOSPの大型ミノーのルドラで探って、目に見える変化にゲーリー カットテール ノーシンカーを入れました。

最初に釣れたのはノーシンカー。
あるポイントで、ギルの猛攻があり、ギルに運んでもらった後ステイをしてたら、ラインが入ったので、スイープで合わせて、20cmくらいのチビバス。
広く探ってましたが、そのポイントだけ反応があったので、少し粘ることに。
あたりはあるけど、乗らない状態。
数はいるけど、小魚が反応してる感じ。
やる気のある大きめの魚がいれば良いなと思い、その辺りをルドラでジャークしてみるとすぐにヒット。

35cmくらいの元気なバスでした!
このサイズでもルドラに食ってくるから、バスは面白いですね!

その後ワームのカラーや形を変えつつ、チャレンジしましたが、やっぱりギルのみでそのポイントは諦めました。
ただカラーの反応は試せて、パンプキンやウォーターメロンシードなど、ナチュラルなカラーに反応が良かったです。
私のおすすめは、236(ライトスモークブラウン/コパー&グリーンフレーク)です!
ブラックバスフィッシング スピニングタックル 初心者向けオススメルアー

その後、ノーシンカーで2匹ほど拾い釣りしながら、ノーシンカーが根掛かりで切れました。
風で体が疲れてたし、カバー周りは狙えてなかったので、最後にルドラをラバージグに変えてみました。
20年前のたぶんケイテックの3/8ozのラバージグですが、ベビーパウダーを塗ってたおかげで、現役です。
トレーラーはバークレイのパワーホッグ3インチで、ブラックのブルーフレーク。
ラインはフロロの16LBを使ってるので、ガンガンカバーの中に打ち込みます。
バーブレスにしてるので、たまに根掛かっても、竿を振れば大抵取れます。

ヘビーカバーをガンガン狙ってると、ゴンと当たったので合わせたら良い引き。

強引に引き寄せたら42cmのナイスバス!
約一年ぶりくらいに40upが釣れました。

疲れもあったし、満足したので、夕まずめの最中でしたが終わりにしました。
5匹釣れて満足でした!

■ タックル

シマノ 20 ゾディアス 264L-2 + シマノ 19 ストラディック2500S (5lbフロロ)
シマノ 16 ゾディアス 166ML-2 + ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL (16lbフロロ)
ロッドはスピニング、ベイトともにゾディアス。
2021年発売のダイワのブレイゾンも使ってみたいですが、行く頻度を考えると買い足すのはちょっと先かな。
タトゥーラTWですが、重めのルアーを使うといい感じで飛距離がひと伸びして、気持ちよく飛んでくれます。
バックラッシュも少なめで使いやすいと感じました。
フィネスにはあまり向いてない感じがありますが、10g以上のルアーを使うのがおすすめです!

■ 感想

オカッパリならタックルはスピニングとベイト一本ずつで、2本がベストですね!
バス釣りはポイント探しの時間が取れないので、基本的に高滝湖に頼ってしまいます。
状況が悪くてもどうにか一本はとれるのがうれしいです。(ダメなときは全く釣れないときもありますが)

魚はしっかりストックされてるし、景色も環境もよいので気に入っています。
頻度を上げて釣りに行けるようになるまではお世話になるフィールドになりそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です