2022/4/17 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖

釣り酒師あっきーです。

満月でもあったので、スポーニング期待で少しだけ時間をもらって釣りに行ってみました。
16時〜18時の釣行でしたが、ギルのあたりは出たもののバスの気配は薄い感じ。
雨も降ってきて寒さが厳しい釣りになりました。
今回もノーバイトノーフィッシュでしたw

2022/4/17 岸ブラックバス釣り@千葉 高滝湖


到着したら、高滝神社でお祭りをしてて、人が多い状態。
空いてる駐車場を探して、その周りからスタート。
これまで釣ったことないポイントでの釣りもできて、良い経験になりました。
今回はスピニング、ベイトの2タックルでチャレンジ。

広く探るために、スピナーベイトやサスペンドプラグを使って、底付近をゆっくり目で探りますが、全くあたりなし。
ラバージグでゴミだまりを狙うも反応はなく、転々とポイントを移動しながらの釣りになりました。
周りも釣れていない様子。

たまにノーシンカーワームに変えて、地形の変化を狙うとギルのあたりは出ますが、バスのあたりは出ない状況。
ギルにワームを持っていかせて、魚の溜まってそうなところに放置してもあたりなし。

小雨が降ってきて、レインスーツは持ってきてなかったのでそのまま継続。
ウインドブレーカーを着てましたが、耐水が弱く、しみてきて、体が冷えたのと、暗くなったのでストップフィッシング。

残念ながら今回もノーフィッシュ。
昨年はこの時期結構釣れてたので、今年はお魚に縁がないですね〜。
GWは実家に帰省するので、次はGW明けに行こうと思います!

■タックル

シマノ 20 ゾディアス 264L-2 + ダイワ 20 ルビアス LT3000S-CXH (5lbフロロ)
メジャークラフト 17 弁慶 4ピース バス BIC-664MH + ダイワ 19 タトゥーラTW 100HL (フロロ16lb)

今回はタックルをいろいろ試してみました。
スピニングは最近使う機会が減ったダイワのルビアスの3000番を利用。
やはり軽くて、ストラディックよりも操作性がいいので、今後はこちらにしようかな。
昨年ゴリ感があってオーバーホールに出してみたけど、まだ違和感がある状態ですが、実釣には影響なさそうなので、しばらくこのまま使ってみます。
スプールを取ると違和感はないので、メインシャフトが僅かに曲がっているような気がします。(次回オーバーホールを出す時に依頼する)

4ピースの携帯ロッドであるメジャークラフト 17 弁慶 4ピース バス BIC-664MH を試しに使ってみました。
MHだけあって、かなり強めの竿で、折れやすいと言われる4ピースですが、全く問題なく利用できます!
使った感じ先調子に近かったので、ワームやラバージグなどが得意そう。
ガイドがかなり小さいのでPEはノットが引っかかりそうなので、ナイロンやフロロがいいですね。
ガイドに当たる分ブレーキがかかるので、リールのブレーキを弱めにすると飛距離を出せます。
ラインも16lbフロロでちょうどいい感じでした。
1/4oz(7g)くらいから投げられるし、バーサタイルロッドとして今後旅行のときなどに使ってみようと思います!

たんぽぽや菜の花が咲いてて、とても春らしい感じになってきました!

釣れなくても釣りに行くことで、どうやったら釣れるかを考えるプロセスを回すので、知識、経験がふえます。
この経験を活かして、来月以降、釣りに出かけたいと思います!

今年の高滝湖は厳しいですねー。
でも先週よりも大会では釣れてた様子です!50upも出て春らしくなってますね。
https://www.takatakiko.jp/bassfishing/2022/2022basu.html
岸から狙えないポイントはいい感じなのかもしれません!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。