外房ヒラマサ キャスティングロッド インプレ(シマノ 19 グラップラー タイプC S80M 、メジャークラフト 17 クロステージ キャスティング CRXC-77HIRAMASA)

釣り酒師あっきーです。

外房ヒラマサ、相模湾キハダマグロをやりたいと思って、あまりヘビー過ぎないタックルで始めようとこちらを選定しました。
結果として、メジャークラフト 17 クロステージ キャスティング CRXC-77HIRAMASAとシマノ 19 グラップラー タイプC S80Mを購入しました。
使ってみての感想は、キハダマグロは無理そうで、ヒラマサメインのタックルになりそうです。
選定基準とレビューをまとめます。

外房ヒラマサ キャスティングロッド インプレ(シマノ 19 グラップラー タイプC S80M 、メジャークラフト 17 クロステージ キャスティング CRXC-77HIRAMASA)

■選定基準

ルアーウェイトがMAX100g程度で、PE5号が使えるロッドを探しました。
アンダーハンド用に7ft台、オーバーヘッド用で8ft台が欲しいと思い、いろいろ探してみました。

■メジャークラフト 17 クロステージ キャスティング CRXC-77HIRAMASA


アンダーハンドを想定したロッドは、メジャークラフト 17 クロステージ キャスティング CRXC-77HIRAMASAを選定。
https://www.majorcraft.co.jp/roditem/8779
メジャークラフトのクロステージは手軽に使える値段。
100g前後だと、ヒラマサ用のロッドが該当しました。
7.7ftと8.6ftがあったので、アンダーハンドキャストを考えて7.7ftを選択。
一番バッドよりのガイドがかなり大きくてケースが少しでっぱります。
実際使ってみるとやや硬めでがっしりした印象。
ロッド自体も重めではあり、やはり値段相応のスペック。
しかし、最初に慣れるまではこれでもよいかと思います。
使ってて折れたら次はグラップラー以上のロッドを選定する予定です。

■シマノ 19 グラップラー タイプC S80M


もう一本オーバーヘッドを想定したロッドは、クロステージ以外で選んでみようと思い、いろいろ検討した結果、シマノ 19 グラップラー タイプC S80Mとしました。
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/offshoresalt/casting/a075f000032ynwgqa2.html
シマノは品揃えが豊富でグラップラーで様々な長さやパワーがありました。
迷ったのは77mと80m。
同じ長さで試すか、オーバーヘッドで飛距離を伸ばすために長めにするかを検討して、今回はオーバーヘッド用を探してたので80Mにしました。
しかし、行ってみて感じたのは基本アンダーハンドキャストを船で推奨しているので、やはり7.7ftのほうが良かったと感じました。
やはり10cmちょっとでアンダーハンドキャストのしやすさは変わりますね。
あとはキハダマグロと兼用できるようにS77MHを買えばよかったなぁと感じました。
使ってみないと実際わからないですね。
他に同じ値段帯かつ同じ長さでマグロ用に使えそうな竿がないので、追加でS77MHを買うかを検討しています。

■レビュー・インプレ

2021/05/01 外房ヒラマサ@大原漁港 松鶴丸
実際に使ってみて、ごっついヒラマサ用ロッドをアンダーハンドキャストで投げる大変さがわかりました。
サワラでボートシーバスロッドを使った時と負荷が全く違います。
ルアーも60g〜80gなのでかなり抵抗があり、初心者は正直投げる練習で終わりますねw
この日は乱天で2時間で終了となりましたが、ほぼキャスト練習でした。
少しイメージは掴めたけど、肩も痛めたので早上がりでよかったかもw
グラップラーのほうは長くて使いにくかったですが、しなやかさがあるので、やっぱり2万以上の竿のほうが無難な気がしました。
グラップラーのS77MHがほしくなってきましたw

また、釣りに行ったら、追記します。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です