シマノ 19 炎月CT 151HG – 東京湾 タチウオジギング・ライトジギングリール インプレ

釣り酒師あっきーです。

タチウオジギングやライトジギングでは、PE0.8号程度の細糸を利用することが多いので、専用のリールが欲しくて検討をしました。
結果的に、シマノ 19 炎月CT 151HGを選択しました。
選定基準とレビューをまとめます。

シマノ 19 炎月CT 151HG – 東京湾 タチウオジギング・ライトジギングリール インプレ

■選定基準

・ライトジギングやタチウオジギングはロッドアクションをつけるので右手でロッドを持ちたいため、リールは左ハンドル
・PE0.8号が200mは巻けるリール
・細糸なので、レベルワインダー連動かT-ウイングみたいにラインに優しいものが望ましい
・フォールで反応することもあるので、フォール調整レバー付きを使ってみたい
・おおよそヒットした水深や巻きスピードがわかると再現性が高まるので、カウンター付きがよい
・ジグの早巻きなどでしか反応しない時もあるので、ギアはハイギア
・価格的に2万くらいで買えるとよい

■選定機種

フォールレバーでシマノが対象。
価格的にエンゲツCTかバルケッタFカスタムでした。
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/ryojikuoffshorefunesmall/a075f00003ekkhnqax.html
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/ryojikuoffshorefunesmall/a075f00002nt4qiqai.html
バルケッタFカスタムが新しいのでそっちにしようと思ったのですが、ローギアかエクストラハイギアしかなく、エンゲツCTとギア比で棲み分けしてる感じ。
エクストラハイギアだと巻きが重そうだったので、今回はエンゲツCTの151HGを選定しました。
カラー的にもこっちの方が好みだったという点もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ 炎月 CT 151HG(左)
価格:21945円(税込、送料別) (2021/10/21時点)

■レビュー・インプレ

2021/03/26 東京湾 真鯛 タイラバ@深浦港 辰丸
タイラバにも使えるかなと試してみましたが、私が右利きで左ハンドルだと等速巻きが安定してできませんでした。
巻きの釣りは利き手でハンドルを巻く方がいいですね!
それを考慮してエンゲツBBは右ハンドルを購入しています。
全部エンゲツCTがよかったですが、予算的に無理だったので、タイラバ用の右ハンドルはエンゲツBB 100HGと100PGを使っています。

移動時にタイラバの回収で早巻きするとドラグを絞っても、ドラグがすべってました。
やや弱いなと感じましたが、そのときはPE1号を使ってたので、PE0.8号なら大丈夫そうかな。

タチウオジギングにチャレンジする機会がまだ作れていないので、経験したらレビューを追加します。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。