初心者 魚のさばくときの準備と心構え

釣り酒師あっきーです。

私は子供の時から釣りをしてましたが、海で釣れた魚は母親がさばいてくれてました。
自分でさばくようになったのは、2019年から関東で本格的に海釣りを始めてからです。
妻も魚をさばいたことはほとんどなかったので、自分でやるしかない状態だったし、今後釣ったものを美味しく食べれるように一念発起して取り組みました。
ゼロからスタートしたので、これから魚をさばくことにチャレンジする方に向けて、私の経験をまとめます。

初心者 魚のさばくときの準備と心構え

結論から話すと、理解してほしいポイントは三つです。
・最初からキレイにさばけないので、諦めましょう
・道具は専用のものを揃えましょう
・魚を捌く前に包丁は研いで使いましょう

これを前提に一つずつ掘り下げていきます。

■ 心構え

正直最初はキレイにはさばけません。
魚の扱いや魚の構造が理解できないとどこに包丁を入れればいいかがわからないためです。
どのように包丁を入れるかも何度か経験すると掴めてきます。
最初は骨にたくさん身が残りますが、自分で食べれるなら、スプーンですくってもいいし、そのまま煮付けや味噌汁にすれば美味しく食べれます!

何度も包丁入れて、身がボロボロになることもしばしばです。
写真も5匹目くらいのサワラですが、やっぱりちょっと身がボロボロ。
ただ、そんな状態でも味が極端に落ちるわけではないので、気にせず続けましょう。

昔と違って、今はYouTubeがあります。
検索すれば動画でさばき方のレクチャーを無料で受けられます。
ぜひぜひこれを活用してみてください!
さばきながら、分かりにくいところや難しいところは何度も見たり、複数の動画を見れば解決できます。
私も毎回YouTubeを見ながらさばいてます。

魚のサイズにもよりますが、50cmを超えるものを1匹さばくのに最初は1時間近くかかります。
時間がかかってもその場で腐ることはないので、ゆっくりやりましょう!
刺身にならないくらい身がボロボロになったら、そのまま煮付けや味噌汁にすれば美味しく食べられます。

失敗しても経験と思って、めげずに続ければ誰でもさばけるようになります。

■ 道具

最低限、出刃包丁、砥石、ウロコ取りは準備してください。
三徳包丁では、さばきにくいし、ケガする恐れがあります。

私はたまたま結婚式の引き出物でもらったギフト本の中で包丁セットがあったので、その出刃包丁を使ってます。(写真上の包丁)

一本2500円くらいですが、毎回さばく前に砥石で研いで使えばそんなに問題はないです。

砥石は台座があると研ぎやすいです。

私は適当に選んだ砥石を使ってますが、問題なく使えてます。
リンクを張ったのは、包丁と合わせて貝印のものにしました。

ウロコ取りは、写真下の平べったいものを一つ用意しましょう。100均のものでもいいです。(私は100均で買ったものを使っています)


追加で買うなら、写真上のうろこ取りがおすすめです。
魚のうろこ取り(カンダ 新案ウロコ取り)

■ あれば便利なもの

刺身包丁(写真の下の包丁)

三徳包丁でも切れますが、刺身包丁はキレイな断面になります。
片刃の出刃包丁だと、斜めに切れるので、刺身にするときは刺身包丁か三徳包丁がいいです。

ささら

内臓を取り出した後、残った内臓を掻き出したり、血合いを取り除くのに役に立ちます!
なかったらキッチンペーパーとかでもとれるので、必須ではないです。
金たわしも流用できますが、食べるものを洗うので、専用に用意した方がいいです。
ただ、金たわしを使い分けるために複数個並べると見分けがつかなくなるので、私はささらをかいました(笑)

骨抜き

たまに太いものがある時に抜きます。
写真下の100均のやつを使ってみましたが、使いにくいというかほぼ使い物にならないので、写真上の500円くらいのやつを買った方がいいです。

■ 魚をさばき始める前にやること

どんな料理にするかをあらかじめ決めた方が、どのようにさばくかが決まりやすいです。

私は基本的に、刺身、あらの味噌汁、腹身と頭は塩焼きか煮付けをつくります。

釣りたては刺身が美味いです。

売ってある刺身は食べなくて良くなるくらいなので、是非食べてみてください!

アラは良い出汁が出るので捨てるのはもったいないです。

アラは霜降りという、お湯にさっとつけて、キッチンペーパーで表面の汚れを取るとよいです。
残った身からも出汁が出るので、正直細かい身は食べずに出汁を取るだけでも良いかと思います。
出汁を取って味噌をとけば、激ウマなスープになります!
出来れば作ったその日に飲んでしまうのが一番美味いです。
飲みきれない時でも1日以内に飲むのが、美味しく味わう秘訣です!
2日目以降は、やや臭いが出てきます。

腹身は脂がのってて美味しいです。
ただ、骨を取るのが面倒なので、私の場合、骨がある部分を贅沢にザクッと切り落として、塩焼きや煮付けにします。
大きなキモ、白子や卵があれば、ぜひ煮付けにしてみてください!

普段は味わえない贅沢な一品になります!
日本酒が止まらないです(笑)

食べたい料理のイメージが出来たら、包丁を研ぎましょう。

大きな魚は包丁を研いでないとさばくのに苦労します。
あとはよく切れない包丁だと、変に力んで怪我しやすいです。
一度研ぎ忘れて捌いてる時に、指を深く切ったケースがありました。
しっかり研ぐこと、包丁の刃の方向に手を置かないように気をつけましょう。
でも、実際は気をつけながらも、小さな傷を何度か経験して、包丁の使い方を覚えることになるかと思います。

包丁を研いだら、魚をさばき始めます。
ウロコとり、頭を落とす、内臓を出す、3枚に下ろす、頭の処理をするの五段階です。
これはYouTubeをたくさんみて、実践して覚えましょう。
魚をさばくのは、本よりもYouTubeを何度も見たほうがわかりやすいです。

私はいつも上記のさばけるチャンネルをメインに様々な方の動画を活用します。
さばけるチャンネルさんの動画は、基本的に三枚おろしをするとこまでなので、それ以外の頭の処理や内蔵の処理は他の方の動画をみます。

魚をさばくのは、何度も繰り返せば誰でも慣れます。
私は大体2週間に一回釣りに行きます。
ターゲットの魚は基本的に同じ月で被らないように釣りに行くので、同じ魚を繰り返してさばいてないので、効率よくさばけません。
毎回YouTubeをチェックして、ゼロから取り組む感じです。
でも基本は三枚おろしですし、魚の構造は似てるので、最初は5回くらいみながらさばいてたのが、一回見て思い出せばさばけるようになってきました。

自分でさばければ帰ったらすぐにさばいてすぐに食べれるメリットがあります!
ぜひチャレンジしてみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です