PEラインコートのすすめ(リアルメソッド PEラインコート)

釣り酒師あっきーです。

先日マゴチを釣った際に、久々にライントラブルが頻発しました。
いろいろ原因を探ってみたら、キャストの仕方の問題もありますが、一番の原因はPEラインコートの利用を忘れていたことが原因でした。
今回はPEラインコートについてお話しします。

PEラインコートのすすめ(リアルメソッド PEラインコート)

2021/08/29 東京湾 船ルアーマゴチ@江戸川放水路 林遊船
こちらの釣行の際に、ガイドがらみが4〜5回発生して、大きめのマゴチをかけた時に1度ラインが切れてしまいました。
なぜこんな状況になるのかを調べたところ、キャストに問題があった様子。
https://snobotech.com/pe-cas
ブラックバス釣りのノーシンカーのキャストのようにぴゅっと投げるとPEラインの場合は糸がバタついてガイドに絡みやすくなるそうです。

また、帰ってメンテナンスしてる時に気づいたのですが、最近PEラインコートをしてなかったことに気づいて、利用するリール全てにPEラインコートをつけるようにしました。
2021/09/04 東京湾 ボートルアー青物(サワラメイン)@江戸川放水路 林遊船
こちらの釣行の際にはライントラブルが起こらなかったので、投げ方とPEラインコートのおかげで改善することができました。

特にPEラインコートに関しては、ガイドとの抵抗が減ることでルアーを投げた時の飛距離アップ、撥水効果があるのでラインが沈みやすくなる、防汚効果があるのでラインが長持ちするなどかなりメリットが大きいです!

私はこちらのPEラインコートを使っています。

大容量で価格も安くて、私の2週に1回ペースの釣行ならば2年は余裕で持ちます。
高圧ガスを使ってるので、風通しが良いところで利用することをお勧めします!

これを使うと確かにライントラブルは減るので、メンテナンスの際に利用することをかなりお勧めします!
メンテナンスはさぼっちゃだめというのが、マゴチの釣行で教訓となりました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です