2021/09/04 東京湾 ボートルアー青物(サワラメイン)@江戸川放水路 林遊船

釣り酒師あっきーです。

まだうつで朝は辛いので、午後便で青物ルアーが出る日を選んで出船しました。
先週のマゴチに続いて、サワラも大爆釣!
14ヒット、8キャッチ、3タモバラシ、3バラシとあり得ないくらい活性が高くてボコボコ釣れました!
今年は釣り運がとってもいいです!

2021/09/04 東京湾 ボートルアー青物(サワラメイン)@江戸川放水路 林遊船


天候は午前は曇りで、午後から雨。
午前便の方のお話を聞くと、サゴシチューンなどのマイクロベイト対策で釣れたとのこと。
4人で5本釣ってたので、午後も一人一本ずつは釣りたいと思って出船。

手前は青潮がひどく、グリーンがかってました。

ポイントまではクルージングを楽しみました!

ポイント近くにいくと、雨が降り出して、サワラが跳ねており、臨戦体制!
1投目で、いきなり同船した人がサワラカッターにやられました。

私はルドラの林遊船カラー(江戸前ケイムラメッキ)で、早まきやジャーキングをしてると、ジャーキングでヒット!
スレっぽくガンガン走ります。久々のサワラの引きに痺れました!
最初から80くらいの良いサワラ!

写真をとったり、神経締めしてる間にも周りもヒット!
タモが追いつかないくらいで、お客さん同士でタモ入れしてたので、たまにタモバラシ。
サワラをやってるとタモバラシは仕方ないですね。結構テクニックがいります。
今回は何度もタモ入れを経験できたので、少し経験値を増やせました!

その後も近くで跳ねが続いて、小移動でヒット連発!
ルドラの江戸前ケイムラメッキのスプリットリングが伸びてフロントフックがなくなったので、マットチャートへ変更!

その後、1つだけ手に入れたブローウィン140Jのチャート系でも釣れました!

今回は私の場合、ただ巻きや早巻きよりもジャーキングでヒットが多かったです。
大きなサワラが跳ねて、落ちた時の頭の角度を見ながらその先にルアーを入れてヒットしたパターンもあって、釣れたよりも釣ったという感覚が得られて楽しかったです!
また海鳥が急降下したところを狙って、サワラをかけることもできて経験値が増えました。
魚や海鳥から状況を判断して釣りをするとよりサワラ釣りが楽しくなります!

ベイトフィッシュは、カタクチイワシやしらすなど。

通常だとマイクロベイトパターンな気がしますが、大型ミノーでバンバン釣れたので、捕食スイッチが入ってたんだと思います。
スピンテールやブレード付きメタルジグなども使ってみましたが、今日はこっちは釣れませんでした。(約10投ずつしか投げてませんが)
潮の流れがかなり早くて、80gのタングステンジグでも底を取るのが大変だったので、そういう影響もあったかもしれません。

セナ船長はトップウォーターでサワラを狙ってました!
ぼこぼこ出てくるのですが、食い方が下手くそなのか、なかなか針がかりしない状況だったようです。
他の同船したサワラは2度目の方も様々なルアーでガンガン釣れてました!メガバスのヴィジョンワンテン プラス1で釣れたという声が聞こえました。
締め方などご存じなかったようなので、サワラの締め方と血抜きの方法、神経締めのやり方などをお伝えしました。

私は80up2本、最大85cm、5本キープでした!(一匹セナ船長の80upをもらいました!)
セナ船長含め4人で出船でしたが、船全体で25本は釣れたと思います!最大95cmも上がりました。
釣れたものをすべて神経締めしてたので、その間釣りをしてたら、さらに5本くらいは釣れたと思います。

過去にこんなに釣れたことがなく、リリースという選択肢をしたことがなかったので、今回セナ船長に教えてもらいました。
リリースの際は、勢いよく水に入れてあげないと、泳ぎ出さず、死んでしまうので、フックを外して、網からだして、水に押し込むようにドボンと入れてあげると良いそうです。

ルドラはバス用のフックなのか、ささりは良いけど、サワラだと伸びる時がおおくありました。
また、家に帰って水で洗っても錆びてしまうので、強度も落ちそうです。
3本釣るとどこかのフックが伸びてたので、1回釣ったら、ソルトウォーター用のフックとスプリットリングに変えた方が良さそう。
ブルーブルーのルアーだと太軸でなかなか伸びないし、家に帰って洗っても錆びることもないので、フックとスプリットリングの仕様の問題かなぁ。

■ タックル


シマノ 21 ディアルーナBS S610M + ダイワ 19 セルテート LT4000-CXH(PE1.5号)
メジャークラフト 18 クロステージ ボートシーバス CRX-662M/S + ダイワ 20 ルビアス LT4000-CXH (PE1.5号)

ディアルーナBSは、バレにくく、滑らかな曲線を描いて、とてもファイトしやすかったです。
ただやはりサワラにはライトな感じで、ボートでの釣りならいいですが、大型船の場合、かけて走られると周りの人とおまつりする可能性がたかいので、もっとパワーのある竿の方がいいです。
シマノのボートシーバスロッドならM+、メジャークラフトのボートシーバスロッドならMパワーがお勧めです!
ディアルーナBSだとS73M+ですが、7ft以下でM+が出たらベストだなぁと感じました。
今後、東京湾サワラロッドの多様性がでることを願います!

セルテートは、かなり良いリールで、お金があるならセルテートを買うべきだと思いました。
ルビアスよりも、安定して巻くことができる点が安心感がありました。
ルビアスは軽いので、マゴチやSLJでメインで使おうと思います!

今度大型船で出船する時は、シイラ用に買ったシーラプチャーSTGS-66MLを使ってみようと思います。
(夏に使えなかったのでサワラで使ってみます!)

ルアーはルドラメインで使いました。やっぱりとても釣れるルアーです!
あと初めてブローウィン140Jを使いましたが、140Sよりもウェイトと飛行姿勢がよく、ルドラの1.5倍は飛びます。
広くサーチするならブローウィン140Jが上手だと思います!ただ手に入れにくいのが難点。私も1個しかなくてサワラカッターにビビってましたw
食いはどちらもいいので、手に入れやすさを考えるとおすすめはルドラです!
ブローウィンはたまたま手に入ったら使ってみてください!
# 2年前ならブローウィン140Sはいつでも買えたのですが、今はほぼ見ることがないですw

今回もリーダーの先に50LBのフロロカーボンを電車結びで20cmほど入れたら、サワラカッターの餌食にはなりませんでした。
しかし、何度も傷が入ってその度に結び直しをしてたので、その分の時間ロスはありましたが、ルアーがやられなかったのは助かりました。
同船してた人は3個ずつくらい無くしてました。

■ 感想

こんなに釣れるのは人生初で、大当たりな日でした!
1日1本釣れれば御の字、3本釣れたら最高と思ってましたが、8本とか記録的です!
今後の人生でもそう当たるものではなさそうなので、いい思い出ができました!

5匹捌くのに3時間かかって大変でしたが、味噌漬けがストックできて嬉しいです!

リモートワークのランチタイムに最適な食材です!

今回たくさん釣れたので、色々な食べ方を試してみて、サワラのおすすめの食べ方や捌き方をまとめました!(9/15update)
サワラ 初心者向け 捌き方の案内とオススメ料理

では、また!

2021/09/04 東京湾 ボートルアー青物(サワラメイン)@江戸川放水路 林遊船” に対して4件のコメントがあります。

  1. ホーリー より:

    あっきーさん
    同船させていただいたものです!
    先日こちらのコメントでアドバイスいただいた直後に同船できるとは思っても見ませんでした!
    船内でも色々とアドバイスいただいたり、先糸を譲っていただいたりと楽しい時間をありがとうございました!
    まさかの大フィーバーの日に当たって、とても充実した釣行となりました。
    機会があれば、また同船、友釣りをお願いします!

    1. yakiyo より:

      コメントありがとうございます!
      ホーリーさんだったのですね!全く気づいておりませんでしたw
      こちらこそ良い日にご一緒できて良かったです!
      たくさん釣れて捌くのは大変でしたが、滅多にない経験になりました!
      私もロッドスタンドをお借りして助かりました!(新しいボックス用も注文しました!)
      また機会がありましたらご一緒しましょう!

      1. ホーリー より:

        あっきーさん
        楽しい一日でしたね!乗り合いはどんな方とご一緒するか不安ですが、とても良くしていただき、ありがとうございました!
        友人には神経締めも教えていただき、感激してました!

        次はいつ行かれますか?
        あれから頭の中はサワラ一色です。笑

        1. yakiyo より:

          ホーリーさん、
          喜んでいただけて私も嬉しいです!
          サワラ釣りは中毒性高いし、とても面白いですよね!
          次回は9月末か10月頭ころに時間が取れたら行く予定です!
          また予約したらツイートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です