東京湾 タチウオロッド インプレ(アルファタックル 18 海人 タチウオ 185M、185MH)

釣り酒師あっきーです。

タチウオ釣りを本格的に始めたいと思い、タチウオロッドを探しました。
結果的にアルファタックルの海人を2本購入しました。

東京湾 タチウオロッド インプレ(アルファタックル 18 海人 タチウオ 185M、185MH)

■選定要件

タチウオの天秤、テンヤ、ジギングで、錘やルアーの重さを変えて対応できそうなロッドを探しました。
それぞれの釣り方で専用品を集めていくとキリがないので、タチウオ専用ロッドで天秤、テンヤ、ジギングに対応しようと考えました。

要件としては、以下のような感じ
夏時期の錘40号〜60号メインの竿と冬時期の60号〜80号メインの竿の2本
天秤、テンヤ、ジギングに転用
ジギングではPE0.8号あたりを使うので、できればALL SIC
ツーピースで持ち運びがよい

■選定機種

シマノだとサーベルマスターBB
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/funesenyou/tachiuo/a075f000031utcaqaw.html
ただし、ガイドはトップガイドのみSIC。
価格は13000円くらい。
シマノはテンヤに力を入れてて、サーベルマスターBB以上は基本的にテンヤ向けが多い
別途120号の錘に対応する竿として、82HH170を購入したので、別途レビューをまとめます。

ダイワだとアナリスター
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/fune_rd/analystar_tachiuo/index.html
要件は満たしており、選定対象としました。
価格は20000円くらいで、ALL SICだとだいたいこのくらいかなという印象。

アルファタックルだと、海人
http://www.alphatackle.com/rod/kaijin/tachiuo/
実売価格で安いと17000円あたり。
ALLSICで、2万を切る値段帯がよく、こちらを使ってみることにしました。
せっかくなので2本購入して使い比べることにしてみました。

■レビュー・インプレ

作りはしっかりしています。
ややトリガーが短めなので、人によって評価が異なるかも。
使ってみて感想をまとめたいと思います。

2021/12/30 東京湾 天秤タチウオ@浦安 吉久
この日は185MHを利用してみました。
PE1.5号、錘60号で利用しましたが、しっかりとした竿で、穂先はしなやか。
トップガイドに近いところのガイドがやや寝ているので、糸絡みが少なくて良いです。
あたりはとりやすかったですが、錘60号なら185Mでもよかったと後で気づきました。
次回は2本使い比べてみようと思います!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です