2021/05/05 東京湾 ボートシーバス@江戸川放水路 林遊船

釣り酒師あっきーです。

シーバスとマゴチを釣る予定でしたが、爆風で船が沖に出られなかったので、近場のポイントでシーバスの岸壁ジギングになりました。
6ヒット4キャッチ1キープ(60cm)でした。

あたりが少なく、拾いながらの釣りになりましたが、潮が動き出してからは、どうにか釣れて良かったです。

2021/05/05 東京湾 ボートシーバス@江戸川放水路 林遊船

荒れてて写真をとる余裕がなかったので、今回は魚だけ。

■ 状況

前日から爆風の予想だったので、中止になるかもと想定してましたが、連絡はなかったので行きました。
家を出る時から割と強めの風で、実際に出てみると大荒れで、マゴチは諦めて、近場でシーバスを狙うことになりました。
朝は少し日が出ていましたが、9時頃からはローライト。水は濁り気味な状態。
割と暑くて、レインスーツの上は脱いで、ジャージで釣りをしていました。

今回は初心者の家族のグループに一人入らせてもらいました。
これまで乗ったことのない新艇での出船。

■ 実釣

初心者の方が多かったので、揺れるみよしで最初は釣り始めました。
マゴチを想定してスピニングタックル2本だったので、スピニングで岸壁ジギング。
岸際をジギングしたり、船長から試してみてとアドバイスをいただいて、ミノー、鉄板バイブ、スピン系のジグを投げたりしました。
しかし、最初の2時間ほどは当たりはなかったです。
ポイントもいくつか移動する中でルアーローテーションして、水の色と天候的に私が持ってる中では赤金が良さそうかなと思い、投げ続けました。

とあるポイントで、同船してた方にヒットして、その直後にわたしにもヒット!
ジグパラTG 40gの赤金。フォールで違和感があり、聞き合わせしたら乗りました。
スレがかりでよく引きました。
60cmくらいのシーバス。こちらはキープ。
このタイミングで船長からの依頼で一番後ろに回って、ともから釣りをしました。

そのポイント付近で、船内もポツポツと釣れはじめて、30〜50cmくらいが中心でした。
私はジグパラTG 40gの赤金を使い続けて、30〜50cmのシーバスをポツポツと拾って、トータル6ヒット4キャッチでした。
着底するまでのフォールで食うか、着底後ワンピッチで5回くらい誘ってフォールで食わすパターン。
船長は巻き上げて落とすだけでもよいと言ってたので、活性に応じてワンピッチを使うか、巻いて落とすだけかは変わりそうです。
2度、3度誘うよりは、最初のフォールと一回誘って釣れなければピックアップしたほうが確率は上がりそうな感じ。
一度だけ回収してるルアーを追い食いしてきた魚もいました。活性が上がった証拠ですね。

■ 感想

小潮で朝はほぼ潮が動かず、9時半頃の満潮を過ぎて、10時頃から潮が動き始めたから釣れ始めた感じでした。
潮が動き始めるとアタリが出だしたので、潮が魚に与える影響が大きいですね。
集中力をうまく活用するためにも、潮の動きを意識して、釣りをしたいと思う経験でした。

6人で10匹程度の釣果だったので、4匹あげられたのはラッキーでした。
風を避けての釣りでしたが、それでもうねって釣りづらかったので、結構厳しかったです。
もう一船、午前シーバスの船が出ていたのですが、そちらも同じ状況だったようです。

岸壁ジギングは3回目くらいですが、だいぶイメージがつかめてきました。
やはりベイトのほうがフォールのあたりに即座に反応できるし、手返しが早くなるのでよいですね。
ストラクチャー狙いが基本になるので、シーバス釣りはベイトのほうがよさそうです。
リールはキャスティングブレーキ付きのほうが汎用性があるのでお勧めです。

50cmを超えてくると、抜きあげるとばれる可能性があがるので、ネットを使ったほうが無難だと感じました。
魚にも負担をかけてしまうので、今後注意したいと思います。

■ タックル

パームス 19 ベイマティック BMTS-70ML + ダイワ 20 ルビアス LT3000-CXH  (PE1.0号) 
メジャークラフト 18 クロステージ ボートシーバス CRX-662M/S + ダイワ 21 カルディア LT4000-CXH (PE1.0号)
使用ルアー)ヴァルナ、ジグパラTG 40g 、マキジグジェット 40g、ジグパラノーマル 40g、ジグパラブレード、パワーシャッド 4inch(ジグヘッド)
メジャークラフト系は安くて良い品なので、よく使ってます。
マキジグジェットで代用は出来た気がしますが、スピンテールジグを入れ忘れてたので、次回は持っていこうと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です