シマノ バスロッド ゾディアス 264L-2 2020年モデル インプレ

釣り酒師あっきーです。

2020年に発売されたシマノのバスロッド ゾディアス(ZODIAS) 264L-2 を購入しました。
自転車やバイクのおかっぱりバサーにはうれしいツーピースで、ライトリグやライトプラグが得意な方にお勧めです!

シマノ バスロッド ゾディアス 264L-2 2020年モデル インプレ


2016年モデルのゾディアスは264ML-2、264UL/S-2を持ってました。ベイトは166M-2と166ML-2を持っています。
スピニングのライトアクションも買おうかなと思ってたところに、新製品の情報を見かけたので発売されるまで待ちました。
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5936

2016年モデルのゾディアス 264ML-2と比較すると以下のような違いがありました。
・カーボンモノコックグリップ

グリップエンドがカーボンになっており、少し軽いです。
またリールフットより上の部分が少し長くなって、持ちやすくなりました。

・ガイドがKガイドになった

ライントラブルが減ってよいです!

・継ぎ目のエポキシが少なくなった

これによる違いはあまり感じられませんが、見た目はこんな感じで変わっています。

使い比べると、やはりアタリがわかりやすくなったと感じます。
19 ストラディックと組み合わせてますが、とても軽くて扱いやすいです。

価格も実売価格が15000円位で、この価格でこのスペックは他社ではなかなか見かけないです。
ツーピースでの選択肢が豊富にあるのがうれしいです。

ゾディアスは本当に良い竿なので、バスフィッシングを本格的に楽しみたい人にはぴったりです!
ぜひ手に取ってみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です