2019/12/28 青物ルアー船@林遊船

きき酒師あっきーです。

2019年にお世話になった林遊船さんで、釣り納め。
タコの船が出るなら乗ろうかと思ってましたが、シーバスか青物とのことで、今年最後にサワラが食べたいと思って、乗船しました!

2019/12/28 青物ルアー船@林遊船


前日がかなり風が強かったので、出船するか心配でしたが、中止にはなりませんでした。
しかし、風は強く、かなり波が立ってました。
風が強い影響で景色はきれいで、富士山がくっきり見えました!

大型船での出船でしたが、8人と少なめだったので、左舷に人を寄せて、ナブラなどを狙いやすい環境を作ってました。
みよしはキャスティングしやすいですが、横の通路はキャスティングがアンダーハンドになります。
船尾側の横の通路でしたが、どうにかオーバーヘッドもできる環境で、最初はオーバーヘッドで投げてましたが、船のロープに引っ掛けてしまいました。
その後は、隣の人がアンダーハンドがうまかったので見よう見まねでアンダーハンドの練習をして、投げれるようになりました。
振りかぶるのではなく、ルアーの重みで竿先を回転させて遠心力をつけて、振り上げるように竿を立てると良い感じでキャストできます。
バス釣りで使うフリップキャスト(垂れ下がった木の下にルアーを放り込むテクニック)の応用ですね。
ルアー竿を使い慣れてる人なら何度か練習すればできると思います。

鳥山がそれなりにあってキャスティングしますが、あまりあたりがなく、掛けてもバラしが続いて、最初の2時間は船内1匹も釣れませんでした。
その中で前日ブルーブルーのブローウィン140Sで釣れたと情報があったので、その情報を信じて、投げ続けていたら、待望のヒット!
あまり引かない魚で船際まで寄せたら、サワラらしい引きが始まりました!
サワラは口が弱いので、強引にやり取りするとばれてしまいます。
バラさないようにポンピング無しで耐えて、リーリングで寄せるようにして、無事に取り込み。80cmのナイスなサワラでした!

ヒットパターンは、ブローウィン140Sの房州アジカラーで高速ジャークを繰り返したらガツンと来ました。

周りを見ても、あたりがあったのはナチュラルカラー系だったので、イワシやアジカラーを中心にローテーション。
エイテックのサーフミノー140S ブルーバックでも、サワラを掛けましたが船際のツッコミでバラしてしまいました。
あんまりひかないので、シーバスかと思ってくりくり寄せてたら船際で一気に突っ込みました。
多分船側に泳いでいたからだと思います。
こちらではもう一回明確なあたりも感じましたが、乗せられなかったです。

あと、今回は最初からワイヤーリーダーを使ってました。二箇所キズが入ったので、ワイヤーリーダーなしなら2個ロストした可能性があります。
サワラ、タチウオあたりは多少の動きの悪さはあっても、全く釣れなくなるわけではないので、ルアーロストを避けたい人はワイヤーリーダー必須ですね。
私は安いワイヤーリーダーを大量購入してます。これ安くて使えます。釣行ごとに毎回交換してます。(塩水につかると錆びるので)

結果として、船中8人で釣れたのは3人と厳しい状況でした。
終日風が強く、移動の際は波がかぶるし、釣りの間もかなりの揺れで振り落とされないようにももを左舷に当てっぱなしだったので、ももが少し腫れました。
風でラインが流されるので、キャストミスやライントラブルなどでラインメンディングを失敗するとすぐにおまつりしました。
日差しが強かったので、日焼けもしました。
ただ、日差しのお陰で体感温度はそんなに寒くなかったです。

同船してた釣りの上手い人に聞いたのですが、風が強く、風を背面から受けるような船の位置をとると、風の抵抗をうけて、船尾側が流されて、ポイントに対して船尾側がみよしのような状態になるので、今回は船尾側が釣れたのではとおっしゃってました。
結果もその通りで、船尾側の3人で4匹釣れただけでした。あたりも船尾側の人中心でした。
船尾側は条件が悪いと思ってましたが、条件が揃うと船尾側がいいこともあるんですね。
今回も運で釣ったような状態でした。

毎回出船するたびに、いろいろな経験をしますし、いろんな方と出会いがあって面白いです!
釣り納めで、無事いい魚が釣れてよかったです!
林遊船さんに感謝です!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です