2020/11/07 東京湾 太刀魚岸釣り@浦安

釣り酒師あっきーです。

太刀魚が湾奥で釣れ始めたと情報を仕入れて、太刀魚を釣りたくて、夜釣りに出かけました。
結果は、シーバス2バラシのみでした。

2020/11/07 東京湾 太刀魚岸釣り@浦安


夕方16時頃から19時半まで釣りました。
釣り人が30m間隔で、混んでいましたが、急に雨が降り出して皆さんが帰ったので、空いたスペースに入りました。

タックルは、ショアジギングロッド。
シマノ 16 コルトスナイパーBB S1000MH + ダイワ レグザ LT5000D-CXH (PE2.0号)
魚がかかったときに抜きあげることを前提にこのタックルです。
太刀魚の歯でラインカットされないように、先糸で50ポンドのフロロを入れました。
ダート系ジグヘッド30gにエコギア パワーシャッド5インチのグローでアプローチ。

テトラがたくさん入ってるので、底を狙うとすぐに根がかりするので、表層が狙いです。
色々試して、このヘビーなタックルには、30gのジグヘッドがピッタリだと感じました。
ラインも太めなので、これ以上軽いと飛距離が出ません。重くてもラインの抵抗で浮き上がるので、表層が狙いやすいです。
あとタックルが重すぎて、ワインド系はシャくるのが辛いので、シャッドテールで表層をゆるゆるとまく釣りが良さそう。

ゆるゆるとキャストを続けてたら、毎回軽く引っかかるので、多分テトラが張り出してると思われるポイントを発見。
その辺りを狙うとゴゴン。
良い引きの50cm前後くらいのシーバス。
竿でコントロールして、テトラにずり上げてたら、フックアウト。食べたかったのに、残念。
その後同じくらいのサイズが、ブルーブルー ジョルティ30g グローでもかかりましたがフックアウト。
タイムアップで、太刀魚は釣れませんでした。

手前にテトラがあるので、水面からルアーをピックアップする時にジグヘッドがテトラに当たるのでボロボロ。
テトラに降りれば回避できそうですが、極力危険は避けたいのでテトラには乗らないようにしています。
リップやラインアイのキズが凄そうなので、ここでプラグやメタルジグはあんまり投げたくないと考えています。

普通のテンヤタイプのジグヘッドだとワームの付け替えが面倒なので、サクッと交換できるダート系が重宝してます。
ダート系ジグヘッドにシャッドテールをつけてスイムさせても普通に釣れますし。
トレブルフックが二つだと根がかり率が上がったので、トレブルフック一つにシングルのアシストフックをつけるパターンを今度試します。
ダート系のジグヘッドは安くて1個350円くらいで、夜釣りでシルエットしか魚に見えないと思うので、ロストしない限りは傷物をずっと使ってます。

ラインは今回強度が強いと評判のよつあみのX8のアップグレードを使ってみましたが、コーティングがすぐに剥げます。
ガイドやラインローラーに剥げたコーティングがべっとり。
あんまりいい感じではないけど、ネットで見るとこのまま使って問題なさそう。
コーティングが剥げると飛距離が伸びました。

帰りに南行徳のキャスティングに寄ったら、閉店間際でも駐車場がいっぱい。
少し待って駐車できたので、太刀魚用のシングルのアシストフックを買って帰宅。

またリベンジします!
では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です