2020/10/16 東京湾 ボートサワラ釣り@林遊船

釣り酒師あっきーです。

二週間前にボウズだったサワラ釣りのリベンジ。
今回は4バイト2キャッチで、95cmと80cmのサワラが釣れました!

2020/10/16 東京湾 ボートサワラ釣り@林遊船


天気は午前は薄曇りで、やや風が強くて肌寒かったです。写真は出船時と午後の空。
レインスーツで防寒して、出船。
風が強かったので、移動中波をかぶることも多くて、レインスーツで正解でした!
乗合の大型船で、乗船したのは10人くらいでした。

タックルレビュー

メジャークラフト 18 クロステージ ボートシーバス CRX-662M/S + ダイワ 17 エクセラー3012H(PE1.5号)
メジャークラフト 18 クロステージ ボートシーバス CRX-702M/S + ダイワ 19 レグザ LT4000S-CXH (PE1.5号)

今回、新タックルでメジャークラフト 18 クロステージ ボートシーバス CRX-662M/Sを使いました。

オーバーヘッドできる位置なら、7ft以上がいいですが、キャビン横などでアンダーハンドするなら6.6ftがいいです!
7ftでもアンダーハンドはできますが、釣り座が低いとやりづらいです。(へたくそなだけかもしれませんが)
ブローウィンやルドラ、サゴシチューンのジャークならMLでよいですが、風に負けないようにサワラチューンなどヘビーシンキングの30g超を投げるときはミディアムがよいです。
また、短いほうがジャークがやりやすく、アンダーハンドキャストがしやすいので短めの6.6ftのミディアムはおすすめです!
最初の一本として、実売価格が1万円を切ってるクロステージのボートシーバスは買いやすくて、十分な実釣性を持っています。

いろいろ自分で使ってみて、自分の感想をまとめたいので、まずは使えそうなギリギリ安い竿を買うようにしています。
長さやパワー別に揃えて、それぞれの釣りで本当に必要な竿はどの長さでどのパワーかを探しています。
体格や得意な釣り方によっても変わると思いますが、自分にとってのベストを探してから、釣りがうまくなったら、いい竿、いいリールに変えていきたいと思います。

今回タックル準備中にメインで利用しようとしてたシマノ 20 エクスセンスBBに違和感。ドラグを閉めてるのに、糸が出てくる。。。
よく見るとPEライン全体が滑って回ってました。これでは釣りにならないので、予備のダイワ 17 エクセラー3012Hを利用。
PEライン全体が滑る点について、ネットで調べたら、暖かい時に巻いたラインが、寒くなってライン全体の容積が少なくなって、回っちゃった可能性があるとのこと。
家に帰って引っ張ってみたら同じことは起こりませんでした。
今後の対策として、PEラインの下にナイロンを巻きました。
PEラインが滑らないようなスプールとの結び方はしてたのですが、こんなことも起こるんだなと思いました。
予備リールを持っててかなり助かりました!
あと、同船した方でサワラカッターにやられて、ラインシステムを組みなおしているときに一番いいタイミングを逃して、釣れなかった方もいらっしゃったので、タックルは2セット+予備リールがあると安心です!

ちなみに予備で使ってるエクセラーで、80cmのサワラを掛けましたが、ドラグもしっかり効いてくれて十分使えるリールです。
ベアリングが少ない分、ややリーリングが重めですが、気になる方はベアリングを足すとよさそうです。
# でもヘッジホッグのHRCBみたいないいベアリングを複数買うと、上位クラスのリールが買えるので、エクスセンスBBやレグザLTを買うのがいいかも。
# お金に余裕があるなら、ストラディックかカルディアLTですね。

実釣レビュー

朝一、鳥山を見つけて、キャスト開始!すぐに他のアングラーが掛けました!
ローライトなので、チャート系が良い感じ。
ブローウィン140Sのレッドビアで、私もヒット。
走り回って、他の人のルアーを拾ったりしましたが、どうにか船縁まで寄りました。
しかし、魚の扱いに慣れておらず、タモに入れるときに暴れさせてしまって、フックアウト。
悔しかったですが、船長からもいろいろここでアドバイスをいただき、良い経験でした。
他の人もこのパターンがあったようです。

そのあとも魚が近くにいる感じで、みんなぞくぞくヒット!私もヒットしました!
かかりがややスレっぽくて、かなり引きが強く、なかなか上がってきませんでした。
船長にアドバイスをいただいてどうにかゲット!80cmのサワラでした。

ヒットルアーは、ブローウィン140Sのレッドビアというカラー。
曇ってて、やや潮も濁ってたし、波も少し荒れてたので、周りの人もチャート系のルアーでヒットしてました。

その後やや風が強くなり、右舷側で風を受けてた影響で、向かい風でキャストする形となったので、ブローウィンでは飛距離が出ないので、小型のヘビーシンキングミノーにチェンジ。
ジャクソンのサゴシチューンやダイワのサゴシーZを投げてました。
サゴシーZのキンキラキンカラーで水面を割るようなバイトでヒット!
かなり力強い引きで、サイズが大きそうでした!
でも、スレじゃなかったので、前の魚よりも少し楽にあげられました!
サイズは95cm!自己記録を更新です!

重さは5キロは超えていそうで、プリプリの魚体でした!
これで腕が完全に疲れてしまい、ジャークが辛かったので、向かい風のポジションですし、鉄板バイブレーションやメタルジグに変更。
たまにシーバスがバイトしますが、あげることは出来ずにバラしが続きました。

そんな中で鳥山があったので、ブローウィンに変えてジャーキングするとヒット。一気に走られ、フックアウト。
その後は、鳥山はなく、魚探の反応を探っての釣りで、シーバスはかかりますが、サワラはかかりませんでした。
イナダもたまに釣れてて、船を一周してあげてた人もいました。
最後の方で、一人サワラがヒットしましたが、フックアウト。

感想

朝一がとても熱い時間で、そのタイミングで釣り上げることができてよかったです!
前回リベンジは達成出来ましたし、自己記録も更新できて大満足でした!
ワンチャンスで必ず釣らないと、そのあと続くかわからないので、集中力も重要です。

さばいてみたら、脂がたっぷり。(ややさばくのに失敗してますがw)

お刺身で食べたら、口の中でとろけます。特にハラミがすごい!(左側のピンクのほう)

あとは、カマやハラミの骨の部分は塩焼きで食べましたが激うまです!

ほかの皆さんもコメントしてますが、2020年の東京湾のサワラはかなり脂がのっててうまいです!
年内にあと一回くらいはサワラを狙いたいと思います!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です