バスフィッシング 初心者向けオススメタックル(釣具セット)

釣り酒師 あっきーです。(お酒を愛し、魚を釣っておつまみにするので、釣り酒師と名乗ることにしました)

バスフィッシングはエキサイティングで楽しいです。
私もバス釣りを初めて、20年を超えてますが、いまだに大好きな釣りの一つです。

ただ最初はだれにも習わずに、自己流で始めたので、一日一匹釣れるようになるまで何年もかかりました。
いろんな本やTVで学びつつ、現場で実践したり、現場で知り合った人に教えてもらったりして、腕を上げました。

初めてなら誰か釣りをしてる人に連れて行ってもらって、釣りセット(タックル)を貸してもらうのがベストです。
そして、教えてもらいながら釣りをすれば、比較的早く釣れるようになるはずです。
でも、周りに教えてくれる人がおらず、バス釣りを始めたい人や、自分用の初めてのタックルが欲しくなった人向けに釣具のオススメ情報をまとめます。

バスフィッシング 初心者向けオススメタックル(釣具セット)


目標として、サイズは気にせずブラックバスを釣れるようになることとします。
初心者はまずスピニングタックルを準備しましょう。
扱いが簡単で、魚を釣りやすい初心者向けの道具です。
バス釣りセットのようなものはありますが、2~3回使ったら買い替えになりそうな品質のものが多いので、しっかりした製品を買うことをオススメします。
ここでは、長く使うことを前提に、上位クラスを購入してもサブとして使えるレベルのものを選定しています。
うまくなったら、誰かに貸す用のタックルにしてもよいでしょう。

もう一つベイトタックルがありますが、扱いが難しいので初心者にはオススメできません。
しかし、重たくて大きなルアーが使えるようになり、魚のサイズアップを狙うことができます。
あとは、ベイトタックルはかっこいいイメージもあって、欲しい人もいるかと思います。
私は、スピニングタックルで基本的なつり方を知ってから購入することをお勧めします。

ロッド(竿)

持ち運びの便利さや竿の扱いに慣れるまではツーピースがよいでしょう。
振り出しロッドは便利ですが、耐久性に難がありますし、あたりの取りやすさはツーピースのほうがいいです。

ロッドの長さは身長の高さと大体同じくらいの6ft(1.8m)前後が扱いやすいです。
ロッドの硬さはL(ライト)、ロッドのアクション(調子)は先調子(ファスト)がよいです。
このチョイスは、投げやすく、軽めのハードルアー、ノーシンカーのソフトルアーが扱いやすいためです。

上記を鑑みて、現時点(2020年5月)の私のオススメは以下のものです。
ロッド: シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 260L-2

いろいろ調べましたが、最近は6.3ft以上のラインナップが多く、6ftの竿はシマノだけでした。
長いと取り回しが少し難しくなるので、私は最初は6ftから始めたほうがいいと考えます。

リール

6lbナイロンが100m巻けるものをチョイス。
シャロースプールという細い糸向けの製品がよいです。
なるべく軽いものがいいので、その観点で探しました。

リールのハンドルは付け替え可能なので、基本的には利き手で竿を持って、逆の手でリールを巻くのがアタリが取りやすくてお勧めです。
最初はちょっと使いづらいですが、アタリが取りやすいので、釣れる可能性はこちらが高いです。
バス釣りはそんなに早巻きは必要ないので、少しづつ慣れれば大丈夫です。

上記を鑑みて、現時点(2020年5月)の私のオススメは以下のものです。
リール:ダイワ レブロスLT 2500S

この価格帯にしては、軽くて、エアベール付きという点で評価です。
エアベールがつくとライントラブルが減るのでおすすめです!

ライン

ラインは、6lbナイロンがよいでしょう。細すぎず太すぎないで扱いやすいです。
ナイロンラインは柔らかくて、伸びがあり、スプールになじみやすいので、初心者に向いています。
300m巻きが安くてお徳です。三回巻き直しができます。5回釣行したら巻きかえることをお勧めします。

上記を鑑みて、現時点(2020年5月)の私のオススメは以下のものです。
ライン:ラパラ ナイロンライン 6lb

タックル編はここまで。
別途、ルアー編、小物編、つり方編などまとめていきます。
書いたらこちらにもリンクを張りますね。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です