大人の週末起業(藤井孝一さん)

あっきーです。

先日こちらの本を読みました。
人生100年時代、会社を辞めても先が長いので、事前に対策を打つ必要がありそうです。
そんなことを考える際に参考になる図書でした。

大人の週末起業(藤井孝一さん)


大人と書いてありますが、50代を想定した本です。
しかし、週末起業をするのは早いほうが有利なので、40代や30代も参考になる本です。

こちらの本は、人生100年時代であるとまとめた「LIFE SHIFT」を取り上げて、50代でも
折り返し、70代でも残り30年生きなければならないという現実に対して対処する方法を
まとめています。
参考リンク:ライフシフト(リンダグラットンさん、アンドリュースコットさん)

表題のとおり、会社に勤めながら、週末だけ別の仕事をすることを推奨しています。
基本的には会社には迷惑をかけず、自分ができる範囲で自分の得意とする内容を活かして
起業しようとおっしゃっています。
また、一人で事業を進めることを推奨しており、固定費(店舗代、人件費)などがかからない
仕事を推奨しています。

ここで目標とするのは、年金を貰いながら、貯金を取り崩さずに生活できるレベルの
稼ぎです。具体的には、月に5~7万以内の稼ぎとなります。
その下ごしらえを会社に居るうちに準備することを推奨しています。

様々なビジネスで起業しても最初の数年はお金にならないこともあるそうで、そんなときに
会社からもらえるお給料がとても重要であるとおっしゃっています。
なので、早め早めから準備をして、本業以外の稼ぎを立てる準備を整えることで年金生活に
入った後の生活を安定させることを目標としています。
また、サラリーマンが退職するとやりがいがなく、うつや痴呆などになるケースも取り上げ、
退職後の新しい仕事が生活にメリハリをつける点もメリットとして取り上げています。

本書では、具体的な起業の方法などがまとまっています。
しかし、自分が何を仕事とするかに関しては、自分で考える必要があります。
そのためのヒントがまとまっているので、自己分析を進め、自分が得意としていることで
起業しようとおっしゃっています。

評価:★★★★
昨今財務省の年金受給者向けのマニュアルの問題もありますが、人生100年時代となった
場合に年金だけでは生活の維持が厳しいことは明確です。
貯蓄が十分ある方は問題ないですが、ほとんどの人はそうでない状況だと思います。

私も子育てや生活、趣味などにお金をつかうと貯蓄はわずかです。
これからの人生を安定させるためにも、年金とは別の収入を準備することが急務だと思います。
私も何を事業化するかはこれから考えますが、40代で基礎を作り、50代までに収入が得られる
ように準備していきたいと思います。

今後、国は年金を今の金額では払い続けるのが難しい、年配の方にも働いて欲しいという
思惑から、税控除の範囲が広がるのではないかと思われます。
また企業も副業の制限を緩めてきているので、うまく活用して、人生を安定させたいです。

自己分析に関しては、ソースを使って完了しているので、自分の得意分野をどのような
形で事業化するかを考えていきます。
参考リンク:人生の見直し(ソースセルフスタディキット)

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です