1888 インド ニルギリ ハブカル FP 2019(ルピシア)

きき酒師 あっきーです。

先日こちらのお茶をいただきました。
渋みが少なくフレッシュで水出しによく合う紅茶です。

■ 1888 インド ニルギリ ハブカル FP 2019(ルピシア)

– 説明
南インド・ニルギリは現地語で「青い山」を意味する山岳地帯。ほのかに柑橘類に似た香りの余韻と爽やかな味わいはレモンティーにも最適。1〜2月ごろに標高1,600〜2,000mの高地の農園で摘まれた旬の紅茶は、特に香り、甘みが凝縮した風味が魅力です。

評価:★★★★
茶葉はカットされて長さ1cmくらいの大きさ。
色はクリアな黄土色。
香りは軽めの乾燥した茶葉の香り。
苦味は少なく、フレッシュなリンゴのような風味を感じます。
水出しで飲みましたが、水出しが合う紅茶です!

■詳細

販売店 LUPICIA
お茶名 1888 インド ニルギリ ハブカル FP 2019
種類 紅茶
価格 50g 780円(税込)
URL ルピシアHP(ニルギリへのリンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。