2019/8/17 バス釣り@江戸川

あっきーです。

日中は予定があったので、早朝だけ釣りに出かけました。
時間があまりなかったので、最寄の江戸川をフィールドに選択しました。

2019/8/17 バス釣り@江戸川

ネットでいろいろ調べてみると、ラージマウスバスよりもスモールマウスバスが
釣れる様で、かつシーバスも結構上流まであがるよう。
いろいろチャレンジしてみたく、ルアーで何か釣れたらラッキー的な感じで釣行しました。

そんなに早くは起きれないので、5時起床、6時の電車に乗って京成の国府台駅へ。
ここから徒歩5分で、江戸川に着きます。

京成、14号、JR総武線と3つの橋脚があり、足元にテトラが入ってる部分があって、
ポイントはわりと多め。
周りにも釣り人はいましたが、釣れてる様子はないかんじ。

タックルはライトなバスロッドに、5lbのフロロカーボンを巻いた2500番クラスのリール。
まずはバスをターゲットに、TOPから底まで探れるゲーリー4inchグラブのノーシンカーをチョイス。

まったくトップには反応せず、沈めても当たりなし。
フィールドが広いので、テンポよく障害物を探るもあたり無し。
南下して、水門がいくつかありましたが、流れがなく、探るもあたりなし。

1つだけ水門で流れがあるところで、少し粘りましたが、アタリ無し。
ここでお話した釣り人によると、14号の橋脚よりも南はシーバスがメインで、たまにスモールが釣れる感じらしいです。
狙ってた水門もいいときは、ボイルが発生して、シーバスがボコボコ釣れるらしいのですが、今日はまったくアタリがなかったそうです。
そのかたはバス用のベイトタックルで、シーバス用のミノーを使ってました。

ここからは、ルアーをベビーシャッドの黒金に変えて、スピーディーにテトラ周りを探りました。
ベビーシャッドは障害物回避能力も高く、ガンガンテトラを攻めることができる。と思っていたのですが、沈んだ木があったようで、そこに深く根がかりし、ロスト。
良い思いをさせてもらったプラグなので、残念でした。

良いリズムで探っていきましたが、暑くもなってきて、まったくあたりもなく。
釣り場も割りと限定されていて、水門周りかテトラ周りが基本的なポイントです。
もう一方、別の水門でお会いしたかたは、今日は1バラシとのこと。
最近は暑いからか、結構厳しいとお話されていました。
こちらの方はシーバスロッド+スピニングタックル。

そのまま、行徳橋まで歩いて、東京メトロ東西線の妙典の駅から帰りました。(歩数は1万歩ほど)
行徳橋付近ではハゼ釣りをしている方が多かったので、今度はハゼも狙ってみようかと思いました。

江戸川ではシーバスをメインにたまにスモールマウスバスを釣る感じで、ハードルアーベースがよさそうな印象を受けました。
タックルはバスタックルのMLかMくらいのベイトかスピニングがよさそうです。
8lbから10lbクラスのラインをつかって、手堅くシーバスをつりたいですね。
ミノーとシャッドを中心とした構成で、今度またチャレンジしたいと思います。
ポイントによっては、ランディングネットがあったらよさそうでした。

最近つりによく行ってますが、つれないのが残念です。
でも、少しづつ経験値が上がってきてるので、今後釣れる様になりそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です