プライベート・ライアン(映画)

あっきーです。

先日こちらの映画を見ました。

■ プライベート・ライアン(映画)


第一次世界大戦のドイツと連合軍の戦いを描いた映画です。
ノルマンディ上陸作戦からストーリーが始まります。激しい戦いの模様が事細かに描かれています。
戦争の厳しさ、人の命の軽さを感じられ、今生きている自分がこのような世界で生きて居て良いのかと思ってしまいました。
先人の命が私たちの幸せを司っていることが感じられました。

映画では、ライアン4兄弟の3人が戦死したことで、残りの一人は帰国させよう計らって本人を探す映画でした。
様々な葛藤を描いていて、その中で人が死んで行く様子が描かれています。
戦争での人の命の軽さが信じられないですが、実際はあっという間に命が消える現場が現実なのだと考えさせられました。

生き残った人が先人に対して敬意を表することがとても心に残ります。
アメリカの視点から作られていますが、万人が見たほうが良い映画だと思います。
評価:★★★★

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です