2022/11/19 東京湾 ボートチニング@江戸川放水路 林遊船

釣り酒師あっきーです。

最近林遊船さんのチニングが良い状態なので、今週も行ってきました!
状況は継続中で、全員つ抜けできました!
私はキビレが11匹で、継続してバラシや高切れで悩みましたが、運良く50UPのキビレが釣れたりと楽しめました!

チニングについては以下に情報をまとめていますので、初心者の方はご覧ください。
東京湾奥 ボートチニング 初心者向け タックルとセッティングの説明
東京湾奥 ボートチニング 初心者向け 釣り方の説明
東京湾奥 ボートチニング 初心者向け おすすめタックル、ルアー、小物の説明
黒鯛(チヌ)、キビレ(キチヌ) 初心者向け 捌き方の案内とオススメ料理

2022年の林遊船さんでのチニングの情報をツイッターベースでまとめました!
東京湾奥 林遊船さん ボートチニング 状況まとめ 2022
気になる方はご覧ください。時間がある時に更新をしていきます。

■ 2022/11/19 東京湾 ボートチニング@江戸川放水路 林遊船


天気は快晴で、風も最初のうちは弱め。
後半は東〜北の風が強まって、結構釣りづらかったです。

最初はなかなかあたりが出ず、みんなで探る釣り。
今回も常連の方々からミヨシを譲ってもらっての釣りでした。

ファーストヒットは私で、ハリーシュリンプでアカメフグのキロ近い魚体w

食べたかったですが、捌ける人がいないので泣く泣くリリースw
今度吉久さんのフグ船に乗ろうと思います!

良いポイントに入ったらキビレがバカバカっと釣れて、ポイントがずれたらシーンという感じ。
やっぱりダイワのアーバンシュリンプのサンドシュリンプがとてもいい感じ、

たまにクロダイ混じりで、前回クロダイが美味しかったので、キープさせてもらいました!

今回フッキングを課題として、スイープフッキングを意識してみました。
ベイトだとあたりがでてスイープでかけるイメージができて、教えてもらったことが実際に実現できました!
ただスピニングだとバス合わせになりやすくて、その辺りの改善が必要そうです。

そんな中、もたれるようなあたりでスイープで掛けたら、ギュンギュン走る魚で、最初はエイかと思いました。
タングステンシンカーが高いし、できれば回収したいので、切られないようにやりとり。
魚体が見えたらキビレで、とても大きなサイズ!
その後はかなり慎重にやり取りして、どうにかゲット!

50.5cm、3キロの巨大なキビレでした!
掛かり所がよく、うまくキャッチできて良かったです!
こちらもダイワのアーバンシュリンプのサンドシュリンプでした。
船長たちがとてもびっくりしていて、千匹以上釣ってもこのサイズは出なかったとおっしゃってたので、かなりレアな魚体かと。
腕ではなくて、完全に運ですw

その後、数匹釣り上げましたが、8匹くらい釣ったところでラインの食い込みで高切れ。
魚を釣り上げた後は優しくキャストしていたのですが、風が強くなって追い風となり、飛距離がのびたタイミングで高切れ。
たまに巻き直しとかしないと深い部分で食い込んだものが高切れの原因になりますね。。。
柔らかいラインは食い込みやすいみたいで、硬めのPEがよいとアドバイスいただきました。

後半から風が強くなり、潮の流れも早くなったことでうまく操作できず、玄人の方々と私の差が明確に。
向かってくる潮に、潮と逆の風が吹くとかなりのスピードで誘わないと魚と出会えませんでした。
でも今回の経験は次回に活かせそうなので、釣れないことも良い経験でした!
もっと経験値を積んで、いろんな状況に対応できるようになりたいです!

かけ損じ、バラシが多く、結局30バイトくらいあって、かけたのが16回くらい、5バラシで終了。
バラシの大きな原因はフックで、ちょっとでも曲がったり、針先が滑ったら即交換しないと、それがバラシの原因になります。
釣れたら、針先が滑らないかを必ずチェックして、少しでも滑るなら即交換ですね。

人から早めに交換がいいよと勧められても、このくらい大丈夫かなと使い続けることが命取りだと理解できました。
いろんな方からのアドバイスも自分で経験すると納得感が高まりますね!
針が原因だとかなり悔しいので、後悔のないように今後は新しい針を積極的に使おうと思います!
よく釣れてる時期は1回の釣りで7〜10本くらい針を使うので予備は多めに準備しましょう!

■タックル


シマノ 21 ディアルーナBS B68ML + ダイワ 22 タトゥーラTW 80XHL (PE0.8号)
シマノ 21 ディアルーナBS S66ML + ダイワ 20 ルビアス LT3000S-CXH(PE0.8号)
今回も林遊船のチニングレジェンドの@SAMSON2503(twitter)さんからロッドを継続してレンタルして釣りをしました。
ベイトリールの特訓をして、ラインスラックの調整のしやすさ、魚とのやり取りのしやすさなどで、チニングのフリーリグはベイトが良いと理解出来てきました。
ロッドを安く譲っていただき、今後はこちらのロッドがメインです!
別件でいろいろお買い物をした影響で、来月くらいに楽天ポイントが多めに入りそうなので、ゾディアスのソリッドもポイントで買ってみようかと思います!

ベイトが高切れで使えなくなったタイミングで、スピニングに変えましたが、風の影響でスラックが出過ぎて、うまく操作できず。
使い比べるとベイトタックルの良さがよりわかりました。
バックラッシュは全くなかったので、極力距離を伸ばし、高切れをなくすことがタックルの課題です。

バスロッドよりもボートシーバスロッドがPEラインに対応してることもあり、穂先へのラインがらみなどのライントラブルが少ない点がとても良いです!
バスロッドの安めのラインでは、20 ゾディアスがKガイドを使ってるので、おすすめです!
バスロッドもいいものはすぐに2万越えなので、ボートチニングをするならディアルーナBSはいい選択肢だと感じています。

スパイラルXが搭載された竿は、ばらしにくさが特徴なのでぜひ使ってみてください!
チニング以外に、シーバスジギング、マゴチなどで使おうと思います!

リールはどうにかタトゥーラTWでも使えそうですが、シマノのDCリールを使ってみたいので、SLX DC XT 71XGが出たら買ってみようかと思います。
アルファス SV TWもいいなぁと思いましたが、船長からタトゥーラと大きく変わらないとのお話があったので、今回はDCにしてみることにしました!

■おわりに

上手い方々もバイト数に大きな変化はなさそうで、結局あたりをどれだけうまくかけて、バラさないかが大きな差だと感じました。
運良く大きなサイズが釣れたのは嬉しいですが、悔しい気持ちが多くあって、またチニングがしたいと思うのはハマった証拠ですねw

今回ラッキーでキビレの50UPも釣ることができていい経験を積めました!
エイのような引きでも、諦めずに寄せて確認してみてください!もしかすると巨大キビレかもしれません。
大きなキビレを狙いたい方は是非、林遊船さんでチャレンジしてみてください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です