2020/06/05 東京湾 ルアーマゴチ船@林遊船

釣り酒師あっきーです。

先週はバス釣りだったので、今週は海釣りに。
シーバスとメバルとマゴチで悩みましたが、まだチャレンジしてなくて、これからシーズンを迎えるマゴチを先取りしたくて、マゴチを選択しました。

2020/06/05 東京湾 ルアーマゴチ船@林遊船


年末にマゴチやヒラメのワームを買ってたので、その準備とバス用のワームを数種類持って出かけました。
東京湾、外房、内房 ヒラメ、マゴチ用 タックル&ルアー 2020


タックルはシーバスタックルで、おろしたてのベイマティックとエクスセンスBBで、使いやすさを試しました!
手前の青い竿:パームス ベイマティック BMTS-70ML + シマノ 20 エクスセンスBB C3000MHG (PE1.0号)

今回はとてもレベルの高い方々とご一緒することとなり、その日の釣り方やワームの形、カラーなどを共有いただいたことで、無事にマゴチを釣り上げることができました!


条件は、やや雲がかかったベタナギスタートで、途中から優しく南風がそよぐ釣りやすい日でした。
大潮なので潮の動きが早く、ボートを流しながら、釣りをしました。

それぞれの方はこだわりのワームを使っていましたが、私はエコギアを中心としたワームを数種類持ってただけなので、あるもので釣りました。
釣れたのはエコギアのグラスミノーL(グリーン系)、キジハタグラブ(赤系)、バグアンツ(赤系)でした。
バス用のバークレイのパワーホッグ(黒系)でも釣れました!

最初の1時間くらいは活性が高く、シャッドテールを追ってきました。それで何本か取れて、その後活性が落ちました。
それでもグラブやシュリンプなどにワームを変えて、ぽつぽつ拾いながら、それなりに釣れました。
アタリは多数あり、バラシも何本もあってかなり楽しめた釣りでした。

キジハタグラブで、本日最高の60cmをキャッチ出来て嬉しかったです!
産卵前なので、お腹がプリプリで、マゴチ の一番美味しいサイズは50〜55cmとのことだったので、60cmのマゴチはリリースしました。

下が砂底なので、根掛かりもなく、ジグヘッドで良い感じでした。
前半はスイミングで食いが良く、後半はリフトアンドフォールでゆっくりとした釣りでした。
基本は底からルアーを離さないように注意しながら、たまに底をしっかりと取って釣りをしました。
バスのラバージグの釣りに近いので、感覚は掴みやすかったです!

タックルレビュー

ベイマティックは竿尻が短く、脇に抱えられないのがデメリットで、しゃくる時とかちょっとつらいです。
アタリの感度はよく、マゴチのあたりをしっかりと感じられますし、60cmでも楽に寄せられました。
普通に巻く釣りや、底を這わせる釣りでは違和感なく使うことができました。
キャスト時に糸からみもなく、ノントラブルでした。

エクスセンスBBは、滑らかなリーリングでドラグもスムーズで、マゴチ釣りをしてて違和感はありませんでした。
サワラクラスになったときに、耐久性やドラグの出方などをみたいです。
また、サワラ釣りの時に追加レビューをします。

感想

初めてのマゴチ釣りでしたが、状況がよく、良い釣りができました!
同船した人にも恵まれて、良い経験を積むことができました。
これからも船からの釣りを楽しみたいと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です