東京湾 SLJ(スーパーライトジギング)おすすめ タックルと釣り方

釣り酒師あっきーです。

東京湾は魚種が豊富です!その魚を船からのスーパーライトジギング(以下、SLJ)で手軽に釣ってみませんか?
今回はSLJのおすすめタックルについてまとめました。

東京湾 SLJ(スーパーライトジギング)おすすめ タックルと釣り方


SLJは100g未満の軽めのメタルジグというルアーを使った釣りです。
私がSLJで釣っただけでも、シーバス、真鯛、ホウボウ、サバ、ケンサキイカ、タチウオ、フグが釣れました。
まだ私はSLJで釣れてないですが、サワラ、ヒラメ、アジ、イサキ、マゴチ、ハタ、イナダ(ブリの子供)、ショゴ(カンパチの子供)など美味しい魚がメタルジグで釣れます!
釣り方も簡単で初心者や力の弱い方でも楽しめる釣りです!
たまに不意な大物が釣れるチャンスもあって、ドキドキワクワクな釣りです!

実際に東京湾でスーパーライトジギングを経験して、初心者にオススメのタックルを考えてみました。
ここでのスーパーライトジギングの範囲は100gまでのメタルジグを使うものと想定しています。

■ タックル


初心者は、まずスピニングタックルを選択してください。トラブルが少なく、釣りを楽しめます。
竿やリールの扱い方を把握して、糸の結び方などが自分でできるようになったらステップアップでベイトタックルも良いです!
ベイトタックルの方が細かいアクションが楽にできたり、フォールでのあたりが取りやすいなどのメリットがありますが、潮の流れに対応するための軽いキャストが難しいので、初心者はスピニングをおすすめしています。

ロッドのおすすめは、メジャークラフトのクロステージのライトジギングモデルのCRXJ-S642L/LJです。

普通のボートシーバスロッドでも出来ますが、グリップエンドが長い専用モデルの方が脇でロッドを支えることができて、かなり快適に使えます。
ライトジギングモデルになりますが、潮の流れが早い時など100gの少し重めのジグを使えるためです。
スーパーライトジギングモデルは完全ツーピースがなかったのも、ライトジギングロッドを選定した理由です。
ナブラが急に出た時に一番軽い30gくらいのジグに替えれば少しは投げれる点もメリットです。
ただ、ナブラの時は素早くルアーをキャストする必要があるため、キャスティング用タックルがあれば、ナブラにすぐ対応できるので最高です!
東京湾 ボートルアーゲーム 初心者推奨タックル 2020

リールのおすすめは、ダイワ レグザ LT4000S-CXHです。

エクストラハイギアという糸を巻きとる量が多いモデルで、ポイント移動の際に巻き上げが楽になります。
糸を巻き替えるか、予備のスプールがあれば、ボートシーバスやサワラなど他の釣りに転用可能な点もおすすめの理由です。

サイズはLT4000Sで、LT(Light Tough)モデルでコンパクトで軽さを重視したモデルです。
同じ番手でもLTモデルのほうが、スプール径が大きいのでラインの糸よれが若干減ってトラブルが減るようです。
スプールとは、糸を巻く部分のパーツです。Sはシャロースプール(浅いスプール)で、糸を必要以上に巻かずにすむメリットがあります。
アルミボディなので、強度が高く、多少ハードに使っても壊れないところがよいです。

ラインローラーにベアリングが入っていないのでいれたほうがいいです。ライントラブルが確実に減ります。
私は全てのリールにラインローラーのベアリングを追加するか、入ってるモデルを使ってるので、これまでライントラブルはないです。
スピニングリール ラインローラー ベアリング追加

ラインはPE1.0号を200m巻きましょう。
理由は、深場を狙うので、糸が途中で切れることが重なると底まで落とせなくなる可能性があるからです。
必ず10mごとに色が変わるタイプのラインを選択しましょう。水深を把握するために必要です。
私は、シーガーのPE X8を愛用しています。

糸を巻く際は高速リサイクラーを使うととても楽です。どんなリールでも使えるので1つ買っておけば、ずっと楽できます。
結び方や下巻についても書いてますので、以下のリンクをご覧ください
様々な釣りのライン(糸)の選択方法と巻き方(高速リサイクラー)

リーダーは4号のフロロカーボンで、FGノットで結びましょう。
私はリーダー専用のものは価格が高いので、シーガーの船ハリスを使っています。

接続はスナップのほうが楽ですが、ジギングはメタルジグが回って糸よれが出やすいです。
ボールベアリングスイベルというもので接続する方がライントラブルが起こりにくいです。

国内有名メーカーのものだと1個100円ほどするので、上記のようなもので十分です。
これにフックがついてるスプリットリングをプライヤーを使って接続すると良いです。

■ ルアー


タングステン製のメタルジグだけでいいです。SLJモデルが最初からフックがついてて良いです。
タングステンは高いですが、鉛より比重が重いので、コンパクトな分、フォールが早くて、シルエットがスリムなので魚が咥えやすいのか、あたりが増えます。
値段の高さをカバーできるメリットがあるので、オススメです。
1個2000円くらいなので根掛りしてロストすると痛いですが、私がSLJを始めた2020年10月頃からいままで根掛りでのロストはありません。

私のおすすめは、ダイワのTGベイト SLJとTGベイトスリム SLJ。

もはや餌という代名詞のとおり、良く釣れます!針もついてるのでこれだけで釣りに行くこともできます。
エサみたいにアタリがあってかからなくても、餌の付け替えがなく、一度巻き上げる必要がない分こっちが楽です。
重さが30、45、60、80gの4パターンあるので、TGベイトSLJとTGベイトスリムSLJをそれぞれ1個ずつすべてのカラーが被らないように購入しましょう。
特定のカラーが当たってる時に持ってないのは残念なので、当たってるものと重さが違ってもいいのでカラーを合わせられるようにするための工夫です。
各重さでナチュラルとアピールのカラーを一つづつ選んでください。

ボックスはメイホウのリバーシブル100が良い感じなのですが、TGベイトスリム SLJの80gは入らないので、80gはTGベイト SLJを2個でもいいかも。
もしくはメイホウのリバーシブル120を使うとよいです。

メタルジグの使い分けとしては、深さが30mまでは30g、30〜50mまでは45g、50〜70mまでは60g、70m以上は80gを使ってください。
大体の水深とグラム数が一致する感じです。
潮が早くてルアーを落とし込んでたら糸がすぐ斜めになるようなら、一つ上の重さを使うと良いです。
底にだけ反応が出てて、フォールスピードを速めたい場合も一つ上の重さを使うと良いです。
東京湾は20〜100mくらいなので、ほとんどこれでカバーできます。
70m以上の深場で潮が早い時の対策として、100gのタングステンジグ(ダイワ ソルティガ TGベイト)を準備しておくとベストです。

こっちはフックがついてないので、個別で調達する必要があります。

小物系は以下のページを参照してください。
東京湾 ボートルアーゲーム 初心者推奨タックル

■ 釣り方


基本的に底まで落として、船長が指示する棚(深さ)まで巻き上げたら、また底まで落として巻き上げます。
割と底付近の反応が多いし、ヒラメやマゴチの底物、カサゴやハタなどの根魚は底じゃないと釣れません。
青物(イナダやワラサ、サゴシやサワラ、ショゴ)などは中層や状況によっては上層でかかります。
この時にラインの色をチェックしてどこで止まったかである程度水深がわかるので、それで判断します。

巻き上げるスピードはその日の魚の活性によって早く巻きがいい日、遅く巻くのがいい日があるので色々試す必要があります。
最初はただ巻きだけでもいいですが、慣れるとシングルピッチジャークというハンドル一回転に一回しゃくる動作ができるとさらにバリエーションが増えて釣れる可能性が増えます。
周りの人で良く釣れてる人がいる場合、どんなスピードで巻いてるか、竿を使ってアクションしてるか、どんな色を使ってるか観察して、真似をするのが一番釣れます。
真似して釣れることで釣れるパターンを一つ覚えられるので、自分の引き出しが増えていきます。
たまに魚の群れが表層にいる場合もあるので、その時は30gの軽いジグを投げて少し沈んだら巻く感じでいいです。

—–

船代はかかりますが、新鮮な魚はスーパーで手に入れるよりもおいしいし、魚を釣る楽しみ、東京湾をクルージングする楽しみがあるのでお勧めです!
とても楽しい釣りなのでぜひチャレンジしてみてください。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です