2022/6/4 東京湾奥 ボートルアーマゴチ@江戸川放水路 林遊船

釣り酒師あっきーです。

待ちに待ったマゴチ釣り!
前日の雨の影響か、ここ数日と比べて渋かったようです。
小さいけどどうにか4本キャッチで、最大の45cmくらいの魚だけ1匹キープでした。

マゴチ釣りの情報は以下にまとめていますので、あまり経験がない方はご覧になってみてください。
東京湾 湾奥 ボートルアーマゴチ釣り 初心者向け釣り方とおすすめタックル

2022/6/4 東京湾奥 ボートルアーマゴチ@江戸川放水路 林遊船


今日は天気は回復して、朝は風も弱くていい感じ!
前日は夕方にかなりの乱天で、雹が降ったり、台風のような風と雨がありました。

最近はクロー系のワームのリフトアンドフォールに反応が良いとのこと。
まずはドライブビーバーのオレンジでスタート。

Twitterのフォロワーさんと初めて同船して、色々お話できました!
そのフォロワーさんは一投目からマゴチゲットで羨ましかったです!

今日は初めてステラを使う日で、どうにか釣りたかったです!
ポイントはやや流れが強く、最初は20gでやりましたが、30gの方が底が取りやすそうだったので変更。

あたりはたまにありますが、食いが浅いかサイズが小さいかで、うまく掛けられず。
1時間でどうにか35cmくらいのマゴチ1匹ゲット。

リフトアンドフォールのフォールで違和感があったら片っ端から合わせて、ゲット出来ました!

ただ、タックル的にややオーバーウエイトだったからか、ラインがガイドに絡むことが増えました。
それで高切れが一回ありました。

20gに戻してキャストすると問題ない感じ。
蜜巻きで飛距離は伸びますが、糸の出が良いことでガイドにバタバタっと当たってる気がします。
今後も使ってみて、どういうケースでトラブルかは調べたいと思います。

シャッドのただ巻き、ストップアンドゴー、リフトアンドフォールなども試しましたがアタリなし。
カラーやサイズを変えつつ、釣りをしましたが、あたりを出せず。

ワインドも少しやってみましたが、あたりはナシ。
クロー系のリフトアンドフォールが一番あたりが多かったです。

後半にだいぶリフトアンドフォールに慣れて、あたりを出せるようになって、3本追加したところでタイムアップ。
もう少し釣る時間があれば2本くらい追加できたかも。
他の方はシャッドのグリーンゴールド系でも釣ってたので、こっちも釣り方が魚に合わせられれば良いみたいでした!

去年まではシャッドメインでやってましたが、クローが強いシーンの練習ができてよかったです!
最大で45cmだったので、もう少しサイズが欲しかったですが、また次回釣れることを祈ってます!

■タックル


シマノ 21 ディアルーナBS S610M + シマノ 22 ステラ C5000XG(PE1.2号) 7-30g
パームス 19 ベイマティック BMTS-70ML + ダイワ 20 ルビアス LT4000-CXH(PE1.2号) 8-28g

ディアルーナBS S610Mで30gのジグヘッドは正直厳しい感じ。(ワームを入れると35g超になるので)
マゴチ狙いで潮が早い時用に、MHクラスの竿を持っていくべきだなと感じました。

ステラはこれまで使ったリールと別格でした。
シルキーで滑らかな巻き心地で、力強さもあって、釣りやすかったです。
ただ、竿にはオーバースペックな30gのジグヘッドを使った時に、糸が出すぎるのか、ガイド絡みが多く発生。
1回ガイドに絡んで、高切れしました。
20gのジグヘッドなら一度もトラブルはなく、タックルバランスが崩れた時にトラブルが多発したので、使い方に繊細さを感じました。
竿とのバランスが取れていれば問題なさそうなので、その辺りを気をつけて使いたいと思います。

高切れした際にルビアスを使ったのですが、巻く力が弱く、シルキーさがないので、使いやすさはステラが別格ですね。
あと、マゴチは合わせる時にドラグが滑らないように強めにドラグを設定していました。
1回スレでかかったときに強い引きがあったのですが、適切にドラグが効いて、いい感じで魚が上がってきました。
この辺りもルビアスレベルとは違う感じがありました。

ただ、マゴチでステラが必須かというと、そうではなく、ステラを使ってたほうがストレスが少なく釣りができるという感じです。
私はマゴチならストラディックやカルディアで十分かなと感じました。
サワラのブレードジグの場合にステラがどんな性能を発揮してもらえるかが楽しみです!

■感想

だいぶ夏に近づいてきました。
水分は午前便でも2Lとか多めに確保して、体調に気をつけて釣りを楽しみましょう!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。