2021/03/05 東京湾 ボートナイトメバル@江戸川放水路 林遊船

釣り酒師あっきーです。

去年の春から機会を伺ってたのですが、強風で3回出船できず、今回人生初のナイトメバルでした。
25cm以上の個体とも出会えたし、数釣りを楽しめて癒されました!
個体保護のため、8割リリースで、大きめのやつと針を飲まれた魚だけ持ち帰りました。

根魚は育つのに時間がかかるので、釣れるからとポンポン釣るものではないようです。
メバルやカサゴの20cm以下の個体は針を飲み込まれない限り、基本リリースすることをお勧めします!
年に一度、メバルの心地よい引きと深い味わいを堪能するために続けたいと思います!

緊急事態宣言が出ていますが、船釣りは外ですし、隣の人との距離もある程度離れているので、密はありません。
自分の心のケア(ストレスをためるのもよくない)のため、船宿支援のために、今後も行く予定です。

2021/03/05 東京湾 ボートナイトメバル@江戸川放水路 林遊船

■ 状況

出船前から少しポツポツと雨が降ってきていましたが、気温が高かったのが良かったです。
そんなに寒くなかったので、日中の格好で快適に釣りができてよかったです!

■ 実釣


初のナイト釣りで、どんな感じかとドキドキしてましたが、少し船の明かりもあって、手元は暗いですが、ポイントの全容は把握できる感じ。
ただ、キャストしたワームがどこに落ちたか分からないので、岸ギリギリは狙いにくく、1m手前位をイメージしてキャストしてました。
ものに引っかかることはなかったので、大体イメージ通りのキャストは出来てた模様。
最初は表層のリトリーブであたりがなかったので、5秒カウントダウンで釣ると結構な引きの魚がかかりました。
40cmくらいのシーバスで、ライトタックルだと引きをかなり楽しめますね。
抜き上げは難しく、ネットランディング。

その後数本シーバスに遊んでもらった後、下にビビビビッと突っ込むような引きの魚になって、別の魚がヒット。
これがメバルで25cmを超えた良いサイズでした!
サイズの割にとてもよく引きます!

次のヒットの時にハンドルが逆転して、もたついてる間にややドラグが強かったようで、ラインブレイク。
多分メバルで良いサイズの魚だったので残念。

首元で赤いライトを使って糸を結び直しましたが、ラインが細いのと、スナップやジグヘッドが小さいので結ぶのが難易度が高いです。
釣り初心者は慣れてる人がついてないと、ラインが切れたら終了するかも。
あとは、ラインが細いので、少しの傷でラインブレイクした感じがあるので、釣れた後や少し違和感を感じてピックアップしたらラインチェックが必須です!
少しでも傷があれば、面倒ですが、すぐにカットして結び直したほうがいいです。
その点でリーダーなしのフロロはオススメ。

その後あたりが遠のいたので、別ポイントへ。
岸沿いをランガンする感じで狙ってると、この日の私のパターンは、5秒沈めて、デッドスローリトリーブで巻き始めにあたりが多数あり、あたりが出たらスイープフッキングで20cmくらいのメバルが数釣りできました。
たまに岸近くに投げすぎて、沈めたときに障害物に引っかかってラインブレイクもしました。

■ 感想

わりとポイントに近寄っての釣りだったので、飛距離は必要ないです。
ロッドも7ft以下で、できれば6ft前半がオススメです!
メバルロッドには少ない長さなので、トラウトロッドなどを流用するほうが良さそうな気がします。

ワームは、今回はガルプも釣れましたが、感覚的にosp hpシャッドテールのほうがスイミングのイメージが掴みやすくて釣りやすかったです!
比重が重めで、ボディもメバル狙いにしては太めで、その分抵抗も大きくてゆっくりと引けます。
ラインもフロロだったので、2インチの大きめのワームが良い感じでした。
次回はエコギア グラスミノーSやバス用の小さめのワームなどメバルワームより少しボリュームのあるワームやプラグを使ってみようと思います!

メバルやカサゴなどは成長に時間がかかるので、年に一度経験を積んでいこうと思います。
オールリリースも方法だと思いますが、私はせっかく釣った魚は食べたいのでその分頻度を下げて釣りをします。

■ タックル

メジャークラフト クロステージ CRX-S702UL + アブガルシア 17 レボ ロケット 2000S (3lb フロロ)
タカミヤ H.B.Concept アジ・メバル 70S + ダイワ 17 エクセラー2004 (0.3号エステル)

この日のために先日クロステージのメバルロッドを新調。結果的に買って正解でした!
去年の段階で、アジングをやりたいけど、頻度も低いし、タカミヤの入門用アジング・メバリングロッドを購入してました。
しかし、張りのないブランクスが気になって、バスロッドのゾディアスの型落ちのウルトラライト(UL)をバス釣りと兼用で購入。
でも1gのジグヘッドには張りがありすぎるので、プラグ向け。
ジグヘッドはやっぱ専用ロッドかなぁと今年に入って探し始めました。

色々みて、価格とスペック的にピンと来たのはやっぱりクロステージ。
7ftのメバル用のソリッドティップのウルトラライトアクションで、完全ツーピース。
実売価格も10,000円程度ということで、早速購入。

竿を振ってみると芯のある柔らかさで、プラグはきついですが、ワームには最適。
デッドスローリトリーブ中の違和感が感じ取りやすく、スイープでの合わせでしっかりかかってくれます!

リールはバス用に買った型落ちのアブガルシアのレボロケット2000S。
根がかりして切れた時にすぐに結び直せるようにフロロ3lb。
扱いやすいですが、寒さの影響かたまにハンドルが逆転して使いづらかったです。
ネットで調べると同じような事象に出会ってる方が多いみたいで、グリスがワンウェイクラッチに入って起こってるみたい。
https://tsuriking.jp/fishing/4595
古いリールなので、保証書もないし、自分の勉強のために次回使って発生したら、自分でバラしてみます。

ジグヘッドはダイワ月下美人のシリーズ。

ペイントが綺麗ですし、暗くても見やすくてオススメ。
直結と小さなスナップとで使い比べてみましたが、釣果には差はなかったので、重さがすぐに変えられるので個人的にはスナップがオススメ。(シビアな時は差が出るかもしれません。)
私はフロロ3lbとやや太めなので、重さは1.5gくらいがちょうど良い感じでした。

ワームは、林遊船さんオススメのosp hpシャッドテール2インチ。

ややメバルには大きめですが、その分アピール力があるのか当たりが多かったです!
私の釣った日はブラックがいい感じでした!

結構伸びるので、ハリ持ちも良く、根がかりしなければ一つで5本くらいは釣れました。
ソルトカラーが手に入らなかったので、見つけたらグローやピンクが欲しいところです。

あとは定番のガルプ ベビーサーディン 2インチ。

やっぱりこれはあたりが多いです!苦しい時のボウズ逃れのために一つは持っておいたほうが良いかと。
ハリ持ちも良く、よく釣れます!
私が釣った日は、ピンクとグリーンで釣ることが出来ました。

他にもメバル職人やメジャークラフトのワームを使いましたが、上記の二つとはあたりの数が違いました。
ただ、ガルプなどと比べて、ワームサイズが小さかったので、タックルバランスや状況によって変化がありそうです。

試しに巻いた別リールのエステルラインを使ってみましたが、感度も良く、フロロよりは1.5倍くらい飛距離が伸びる感じ。
でも暗くて、エステルラインに慣れてないので距離感が掴みにくいのと、リーダー付きだとリーダー結びが難関になりそうなので、現時点ではフロロで十分だと感じました。
明るいうちにキャストして糸の感覚を掴んでない点、安いタカミヤの竿とエステルを巻いたリールがダイワのエクセラーで重くて使いづらかった点も原因かなと。
やっぱり、ライトゲームも竿、リールは1万ずつ出したほうがいいです。

フロロは硬いですが、慣れれば問題ないです。
サミングしてないとドバッと出たりしてライントラブルになるので、やや少なめに巻きつつ、強めに巻いて、飛距離は落ちますがしっかりサミングすると良いです。
バス釣りで5lbのフロロがメインなので違和感なく使えました。

夜釣りはライトが必須です。赤いライトがつくほうが魚にプレッシャーを与えなくてよいそうです。
私はこちらを使って、使いやすかったです!

頭ではなく、首に下げて使いました。

■ 食べ方

メバルといえば煮付け。一度つくって、そのまま冷まして、温めなおしたくらいが味もしみておいしかったです!

刺身にもしてみました。

一番手前の少し茶色みがかかったのがメバルです。
一緒にいただいたメジナ(真ん中の2つの身)とウツボ(一番上でハラミの骨のない部分)も刺身にして食べましたが、家族ではメバルが一番人気でした。
数日寝かせたほうがもっちりしっとりとしてよい感じ。

塩焼きもしましたが、こちらもふっくらとしておいしかったです!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です