かんたん!5分でできる塩イソメの作り方

釣り酒師あっきーです。

以前釣りにいったときに、イソメが余ったので、塩イソメを作ってみました。
塩イソメの作り方はいろいろ調べましたが、面倒だったので、試しにできるだけ手間を省いて、適当に作ってみました。
それでも釣れたので共有しますね。

かんたん!5分でできる塩イソメの作り方

必要なもの

イソメ、新聞紙、ざる、塩、ジップロック(100均のでよい)

手順

1. イソメを洗う(ざっとごみを落とす程度などで、ざるにいれて水を流すだけでいいです。切って死んでるものも省いたほうがなおよし。)
2. 新聞紙など水を吸いやすい紙でイソメの水気をとる
3. 3枚くらいの新聞紙を重ねて、イソメを新聞紙の中央において、イソメが隠れるくらいの塩をかける(安い塩でよい)
4. 新聞紙を折りたたんで、100均のジップロックに入れて、冷凍する

使った感想

水分がとんで、針持ちが良いです。動かないので、針につけるのも楽です。
水につけると、水分を含んで、イソメらしい感じになります。
少し竿先で動かしてあげると、あたりもそれなりにありました。
あまったときは塩漬けにするとよいですし、餌を買いに行く時間を節約できる点はよいです!
塩漬けしたものがあまったときは、再度新聞紙でくるんで、ジップロックに入れて、冷凍庫で保存すればよいです。

本来は塩をかけて、水抜きして、しっかり乾かしたほうがよさそうですが、面倒なので端折って作ってます。
丁寧に作ったものと比べると水抜けが悪いかもしれないので、長持ちはしないかもしれません。
ただ、上記の手順で冷凍して、1か月後に使ってみたら普通に釣れました。

みなさんも塩イソメを作ってみてください。
冷凍庫にイソメを入れることに抵抗があるご家庭の場合は、やめたほうがいいかもです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です