東京湾 タイラバ タックル選定 2020

きき酒師あっきーです。

いつも海の船釣りでお世話になっている林遊船さんが、タイラバを始めると告知していたので、ぜひチャレンジしてみたいと思い、タックルを揃えました。

東京湾 タイラバ タックル選定 2020

タイラバについて調べてみたら、等速巻が基本で、タイのあたりを吸収するソリッドティップがおすすめとありました。
いま自分がもってるなかで流用できそうなのはライトジギングのタックルかなと思ったのですが、硬いので、なるべく安く専用タックルをそろえてみることにしました。

ロッド


専用のロッドで比較的安めを探すと、ダイワの紅牙やシマノの炎月BBなどがありました。
基本的に7ftくらいで、ベイトタックル、道糸はPE0.8~1号程度を想定。
東京湾は浅いので、50g~100g程度のタイラバヘッドに合わせた竿を選定。
ソリッドティップで、初心者なので、食い込み重視の設計のものを選定することにしました。
ダイワ 紅牙X 69MHB
シマノ 炎月BB
どちらも実売価格1.2万円前後で、同じようなスペック。
紅牙Xなら69HBで、炎月BBならB69MLかと想定。

そんなに行く頻度はないし、もう少し安めはないかと思って調べたら、シマノのソルティーアドバンスがありました。
シマノ ソルティーアドバンス
市販価格なら1万を切ってます。しかしガイドがトップガイドだけSICで、それ以外はO-リング。

竿はシマノが好きですし、ALL SICの炎月BBがいいかなと思ったのですが、4年前の製品ですし、今回は試しに去年発売されたソルティーアドバンスを使ってみることに決めました。
シマノ 19 ソルティーアドバンス タイラバ B69ML-S
センターカットなので、持ち運びもよい点がメリットです。
O-リングの強度も体感的に感じてみたいという実験もしてみたかったためです。

リール


深さが60m未満なので、PE1号が200m巻ける小型の両軸リールでよいと判断。
あまり細すぎるのも不安ですし、ラインブレイクを気にしながらの釣りはしたくないので、まずはPE1号で試すことにしました。
タイラバは巻き続ける釣りなので、リーリングが安定する右ハンドルを選択。
カウンター付きもいいなと思いましたが、基本的な釣り方が底まで落として等速巻でピックアップという釣りなので、とりあえずはカウンターなしリールでよいと判断。
ギア比を迷いましたが、比較的軽いタイラバヘッドを使うので、ハイギアとしました。
この基準で選定したらシマノ 炎月BB一択に。
シマノ 炎月BB 100HG

将来的にはフォールレバー付き、カウンター付き、等速巻のメトロノーム付きの炎月CTがほしいなと思います。
今回ハイギアを買ったので、買うならパワーギアの150PGかな。
シマノ 炎月CT
ダイワのカウンター付きは自分で電池交換できないのがデメリットなので、現時点では選定基準に入りません。

ライン


ラインは、シーガーのX8が安くて、色分けされてて使いやすいので、こちらの1.0号を選定。

タイラバ


値段帯が割と安めのメジャークラフトのタイノミを選択。

タイラバは、60g~120gくらいを色違いで3個ずつ買うことにしました。

60g、80g、100g、130gを3色づつ購入。
130gは竿にはオーバースペックですが、潮が極端に早いときを想定していちお準備しました。
これでまずはチャレンジしてみます。

いろいろ道具がそろうと早く釣りにいきたくなります!
タイラバの釣りの際は、状況によってライトジギングやシーバス狙いもするようなので、ライトジギングタックルも使ってみる予定です、
また釣りに行ったらレビューしますね!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です