6312 文山包種 特級 春摘み (LUPICIA)

あっき~です。

先日こちらのお茶をいただきました。

■ 6312 文山包種 特級 春摘み (LUPICIA)

– 説明
日本茶にも似た爽やかな味わい
青く爽やかな花香に力強い味わい。余韻とともに広がる甘みが心地よい歴史的な台湾烏龍茶。

【産地情報】
台湾最古の茶産地のひとつ、台湾北部坪林郷で作られる、15%程度と軽く発酵させ、軽く撚り、
細長い形をした、伝統的な烏龍茶です。
包種の製造方法は、1881年に福建省から渡った茶商によって伝えられました。
ジャスミン茶のように実際の花で香りをつけるのではなく、茶葉自体で花のような香りを作る
ために製法を改良したという文山包種。
花の香りでも百合の花のようなシャープな印象の香りが多く見られます。

– 感想
白い花のような香り。
まろやかなコクが感じられ、上品な茶葉の風味。
やや甘味も感じられます。
味も強すぎず、バランスのとれた味わいです。

■詳細

販売店 LUPICIA
お茶名 6312 文山包種 特級 春摘み
種類 台湾烏龍茶
価格 25g 1250円(税込)
URL ルピシアHP

評価:★★★★★(評価基準はブログの右上の項目を見てください。)
いろいろ飲んでみて、私は紅茶よりも烏龍茶や緑茶のほうが合うようです。
特にやや甘い風味を感じるものがすきで、こちらはおいしいと感じました。
もっといろいろなお茶を飲んで、自分の好みを探りたいです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です