金色のガッシュ(雷句 誠さん)

あっきーです。
先日こちらの漫画を読み終えたので、レビューします。

■ 金色のガッシュ(雷句 誠さん)


週刊少年サンデー(小学館)で連載されていた漫画です。
昔途中まで読んで、最後を知らなかったし、読んでて面白かった印象がありました。

2018年にKindleで完全版が出たので、全巻揃った後にバーゲンでまとめ買いしました。
(プライムデーで人気のマンガが20%オフ)
完全版 まとめのリンク -> https://amzn.to/2ylyJja

物語は大きく4部構成。
1部は、魔物と魔本について、魔物の戦い、仲間との出会いの物語
2部は、ゾフィスという魔物との戦いの物語
3部は、ファウードという巨大魔物との戦いの物語
4部は、魔物の戦いの終結の物語

2部までは、割とゆっくりとしたペースで物語が進みますが、3部からはかなり急展開。
早く連載を終わらせたいのかと思える強引さがありました。
個人的に2部までは、かなり面白かったです。(昔読んでたのもこの辺りまで)
3部以降はやや無理な展開がありましたが、それなりに楽しめたので、この漫画は満足しました。

評価:★★★★
少年マンガの王道なので、バトルを通じて成長する物語が好きなら読む価値のある漫画だと思います。
ガッシュのひたむきさと前向きさが心地よいです。諦めないことの大切さを学びました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です