1033 MARGARET’S HOPE, FTGFOP1 TIPPY CLONAL 2018-DJ16 (LUPICIA)

あっき~です。

先日こちらの紅茶をいただきました。

■ 1033 MARGARET’S HOPE, FTGFOP1 TIPPY CLONAL 2018-DJ16(LUPICIA)

– 説明
たわわに実った果実にも似た豊潤な香り立ちと、透明感のある甘みが調和した、王道の味わいの春摘み紅茶。

【お茶の説明】
世界中で人気の高い名園が作り上げた、中国種の茶樹による正統派の味わいが楽しめるダージリン春摘み紅茶です。
もぎたての果実にも似た豊潤な香りがひときわ強く、口に含むと軽やかな甘みがふわりと広がります。
雑味のないクリアな飲み口と透明感のある甘み、華やかな余韻も魅力です。

【茶園情報】
1865年創設、ダージリン中央のクルセオンタウン近郊に位置します。標高915~1,830m。
茶園名はかつてのイギリス人オーナーMr. Cruikshankの娘の名前に因んでいます。
この茶園を愛していた娘は、祖国での結婚のために茶園を去ることになりました。
この茶園に戻ってきたいと強く願いながらも、帰国の船上で亡くなった彼女の思い出に、1927年に茶園名がBara-RingtongからMargaret’s Hopeと変えられました。
深い奥行きのある中国種の正統派ダージリンを最も得意とする茶園ですが、近年クローナルでも抜きんでた品質のお茶づくりをしています。

– 感想
色はやや薄めの淡い茶色。
軽やかな口当たりに、黄色い花を思わせるようなフローラルな香りを感じます。
クリアで茶葉の甘みが感じられます。

■詳細

販売店 LUPICIA
お茶名 1033 MARGARET’S HOPE
温度 85-95℃
湯量 150ml
抽出時間 2-2.5分
分類 紅茶
価格 25g 2,000円
URL ルピシアHP

評価:★★★★(評価基準はブログの右上の項目を見てください。)
軽やかでフローラルな紅茶です。
普通の紅茶とは違って、少し中国や台湾の緑のウーロン茶に近い印象。
おいしいですが、価格はその分高いですね。
25gでも充分楽しめました。

上品な和菓子などと相性がよさそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です