セッション(映画)

あっきーです。

先日こちらの映画を見ました。

■ セッション(映画)


偉大なドラマーを目指した主人公が、ジャズスクールに入って、育っていく姿を描いています。
とても苛烈な教師の元、自分の限界に立ち向かう姿がある意味狂気にも感じられました。

実力が全てである事を伝えているようでした。限界を超えてやり切れるか。
自分自身がどこまでやれるか、線を引かずに行けるとこまでいく。

前半は罵倒の嵐で心が痛かったです。
映画の最後のセッションが一番の見所ですね。
評価:★★★

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です