2020/1/19 東京湾 ボートシーバス@林遊船

きき酒師あっきーです。

最近の釣果で大きめのシーバスやごく稀にブリが釣れてたので、チャレンジしてみたくなりました。
予定を見てると日曜の午後便が空いてたので、家族に相談して乗ることにしました!

2020/1/19 ボートシーバス@林遊船


前日が雪で冷えてたので、少し厳しくなるかもと想像してました。
当日は快晴でとてもよい天気。
長潮で昼前に満潮で潮止まりで、そのあと下げが続く状況。
午前の便で10キロ近いブリが上がってましたが、かなり渋い状況とのこと。
基本的に鉄板やジグしか釣れないとのこと。

しっかり防寒対策をしてましたが、割と暑くて最初はレインスーツの上は脱いでました。
心地よい風と天気で、波も少なく、釣りやすい状況でした。

スピニングタックルはサワラと同じセット。
メジャークラフト クロステージ CRX-702M/S + ダイワ レグザ LT4000S-CXH (1.5号PE)

シーバスだと岸壁のジギングもあるので、ベイトを一本。
メジャークラフト クロステージ CRX-662ML/B + シマノ グラップラーBB 201HG (PE1.5号)

ルアーもサワラと同じ。

深めですが、魚の反応があったポイントでスタート。
メタルジグを落として誘います。
ポイントについて、メタルジグのセットを忘れてたことに気づき落胆。
でも他のタックルボックスに数本入れてたので、助かりました!
深めのポイントなので、40gが欲しかったけど、30gしかなかったので、それでチャレンジ。

ジギングは初めてで、全く誘い方が分からず、シャクっていたら、船長から、しゃくるよりフォールで食わせるのがシーバスの釣り方とアドバイスをいただきました。
底に着くまで落として、巻き上げて、また落としての繰り返し。
反応があった水深を狙うもあたりなし。
同船者がメタルジグで一本60cmを釣り上げて、やる気が出てきました!

メタルバイブレーションに変えて、リフトアンドフォールで底を誘うもあたりなし。
岩場に引っ掛けてしまって、船を動かしてもらうことに。申し訳なかったです。

その後、魚の反応があるポイントを集中的に狙ったのですが、一本30cmくらいのを釣り上げた人がいただけで、他の人は釣れず。

浅場に移動して、メタルバイブレーションで広く探るも全くあたりなし。
船長はビッグベイト、他の人はミノーなどで攻めてもあたりなし。

夕暮れが近づいたので、少し大幅に移動してポイントを探すも魚の反応なし。
仕方なく岸壁ジギングをするために港に入りました。
ここで二度あたりがあり、一本掛けましたが全く引かずゴリ巻きしてたら、水面ジャンプで30cmくらいのがバレました。
フォールで想定より早くラインが止まったので、あわせを入れて、重くなったので巻き上げました。
バラしたり、まだあたりが確証できないのは、ジギングに慣れてないからですね。

しかし、移動をしてもその後あたりはなく、最後に帰り道の浅場のポイントに移動。
釣れることを信じて暗くなるまでキャストしました。
でもノーフィッシュ。

昨年6月に続いて、ボートシーバスは二度ノーフィッシュ。ボートで釣れないのは恥ずかしいですが、腕と経験がないので仕方ないです。
シーバスは岸からはミノーやバイブレーションで釣ったことは何度もありますが、ボートからのジギングでの釣り方がわかってませんね。

今年は岸からやボートからシーバス狙いに行ってますが、ことごとくボウズ。
へたくそだから仕方ないですが、早く魚が釣りたいです!

数をこなして経験を積む必要がありそうなので、またチャレンジしようと思います!
他の魚も釣りたいですし、季節ごとの釣り方を学ぶために、3ヶ月に一度くらいチャレンジしようと思います。

次はマコガレイにチャレンジしてみようと考えてます。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です