GoPro HERO 7 Silver 購入

きき酒師あっきーです。

釣りをしている様子を動画で撮ったり、子供たちと遊んでいる風景を手ぶらで動画を取りたいと思い、GoPro HERO 7 Silverを購入しました。
GoPro初心者には、これで十分だと感じました。

GoPro HERO 7 Silver 購入


amazonのサイバーマンデーのときに、特選セールで発売していました。
発売当初の定価は税込41,580円で、今回はアームとMicroSDカード(32GB)付きで、26,480円でした。

キャッシュレス・消費者還元5%対応商品(1324円の割引)で、サイバーマンデーだと8.5%のポイント還元(2250円分)だったので、実質23000円くらいでした。

これを選ぶときに、上位機種のGoPro HERO7 Blackや下位機種のGoPro HERO7 White、最新機種のGoPro HERO8 Black、その他中華製のカメラを比較しました。
GoPro HERO7 Blackは様々な機能がついているし、バッテリーが交換できるのがよかったですが、バッテリーなどを買い足すと価格が倍くらいになってコストがかさむ点で断念。
GoPro HERO8 Blackはさらに手振れ補正などが改善されたり、熱暴走対策がしっかりしてるのでよかったですが、バッテリーなどを買い足すと価格が3倍くらいなので断念。
GoPro HERO7 Whiteは機能が制限されるけど、価格がほとんど変わらないので、やめました。
中華製のカメラは、レビューをみても、すぐ壊れたり、価格なりの映像だったり、防水がついてなかったりで、安物買いの銭失いになりそうだったので、やめました。

GoPro HERO 7 Silverは、10m防水だし、前面のモニターはないけど、録画中のLEDはついてるし、画像も4K取れるし、Blackよりも小さくて軽いし、1回のバッテリーの持ちがBlackよりも良い点で評価しました。
かつやっぱり値段が安いってのが一番ですね~。
最大で2時間連続撮影しかできないので、SDカードも64GBくらいでよいかと思い、安いのを買い足しました。

最近は64GBのマイクロSDで、1500円位で買えるんですね。安い。

釣り動画で利用されているGoProアクセサリーをみると、ネックレスタイプかベルトで胸に固定するタイプが多かったです。
個人的に首から下げて使いたかったので、ネックレス式マウントを購入しました。


品物に全く説明がなく、最初どうやってつけるかわからなかったのですが、GoPro付属品の固定するためのケースにねじを使ってはめ込みます。
しっかり固定されるので安心ですね。

レンズや液晶の保護フィルムを買いました。

2組ついてたので、傷がついたりしたら張り替えることができます。

実際に使うにはまず、スマホにGoProアプリを入れて、初期設定とソフトウェアアップデートする必要があります。
開けてすぐには使えないので、この点は注意ですね。

スマホアプリを使ってWifiでGoProにつなぎ、リモート操作することもできて面白いです。
実際に撮影してみるとかなり広角で、手振れ補正もある程度効いてるし、音もしっかり拾ってて、家族の思いで作りにはよさそうです。
Wifiを使ってスマホにすぐにダウンロードできる点もいいですね。

基本的にGoProアプリに動画や画像は保存されますが、スマホの写真アプリに転送もできます。
私は写真と動画のバックアップをAmazonPhotoを使ってるので、iphoneの写真アプリに保存すれば自動でバックアップされるのがよいです。
ただ3分ほどの動画で300Mなので、転送に3分ほどかかるのが待ち長く感じました。

GoProにもクラウド機能がついてて、月600円で無制限のストレージが使えるみたいなので、GoProをよく使う方はこちらをつかってもいいかもです。
Quikというスマホアプリも入れると簡単に編集できるので、それもよいです。

これからいろいろ試してみて、釣りの動画をアップしていきたいと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です