家計の見直し – わたしの保険の結論(生命保険、自動車保険、火災保険、個人賠償責任保険など)

あっきーです。

色々生活費の見直しをしていました。
保険は持ち家の次に大きくウェイトをしめる出費です。

自分が入っている保険を見直すため、生命保険、医療保険、火災保険、自動車保険と沢山の保険がありますが、
色々本やWebを読んで、それぞれの保険ごとの私のオススメをまとめます。
# ライフネット生命の出口さんの本がとても役に立ったので、リンクはライフネット生命にしています。

基本スタンスとして私は予測がつかない未来に対して投資するタイプです。
私のオススメは、最小限の出費で想定される様々な事象の保険に入ります。
ご自分の考えに合わせて調整をしてください。

生命保険

私のオススメは、以下のような組み合わせです。大卒後すぐに入れば月々5000円くらいです。
例) ライフネット生命 https://www.lifenet-seimei.co.jp/plan/
定期死亡保険 500万 10年掛け捨て (葬式代、様々な手続きにかかる費用などを想定)
終身医療保険 65歳払い済み 最低限の保障
がん保険 一時金は最低限、治療費サポートを受け取る
就業不能保険 10万受取、支払対象外期間180日、就業不能給付金の受取方 半額、保険期間55歳まで
※会社員を想定

家族を持つと子供の学費と立ち直るまでの生活費を残すと良いです。
上記の保険にプラスして10年定期の掛け捨ての死亡保険を、1000万x人数分(妻と子供)で契約変更しましょう。
(結婚したり、家族が増えるタイミングで変更しましょう)
さらに賃貸の場合は、家賃を考慮してもう1000万プラスしましょう。
(家を買ったら団信保険があるので、この分は必要ありません。)
私立や海外留学に行かせたい場合は、子供一人当たり一人1000万円プラスしましょう。
これらで追加した保険は、10年ごとの見直しで500万~1000万ずつ下げればよいです。

ダブルインカムで生活してるご夫婦の場合、収入が多い方はこのルールに従い、
収入が少ない方は10年定期の掛け捨ての死亡保険を半額にして同じ保険に入る方がリスクは減ります。
ご自身や家族がどの程度の保障を望んでいるかを相談して価格は決めましょう。

子供は共済の子供保険の一番安いやつで十分です。(月1000円位)
例) https://www.chiba-kyosai.or.jp/product/life/child/
もしくは、貯金でカバーでもよいかと思います。貯金が子供の人数x100万あれば十分かと。

貯蓄型は保険料が高く、利率は低いので、株や投資信託などでカバーした方が良いです。
しかし、株や投資信託などはしない方針であれば、貯蓄型保険もありかと思います。

収入がある方が就労不能になった時を考えて、就労不能保険に入りましょう。(独り身のうちから入りましょう)
例) https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/disability/
毎月10万カバーする掛け捨て保険に入れば、障害年金(おおよそ10〜15万くらい)と足して最低限の生活はできるそうです。
(生活レベルにもよるので、自分の家計に合わせましょう)
障害年金に関する情報:https://sakuya-shougainenkin.com/welfare-pension#515

ガンになると治療が長引くこともあるようです。私は長引いた時の出費に耐えられるかわからないので、ガン保険に入ってます。
特にガン家系と思われる場合は、終身のガン保険に入ると良いようです。(独り身のうちから入りましょう)
がん保険説明:https://hoken.kakaku.com/insurance/gca/article/1703a.html
がん終身例:https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/cancer/

保険は健康で若いうちに入った方が割安ですし、入りやすいので、社会人になったり、結婚、出産のタイミングで早めに入りましょう。
病気になってから入ろうとすると高い金額を支払うか、支払い条件に制限が入ります。

火災保険

一軒家なら一軒家タイプの、マンションならマンションタイプの長期火災保険に入るのが一番です。
しかし、転売を考えていたり、賃貸の場合は2年更新などが良いです。
参考資料:https://hikarinobe.com/contents/old-mansion-fire-insurance-6625

地震保険の必要の有無ですが、個人的には必要ないと考えています。
「被災者の当面の生活を支えるための費用 」という概念で作られている保険のため、
高い保険料の割りに支払われる保険金は他の保険よりも大分少ないです。
最近地震災害が多いことで、保険料も増大しています。
半年ほど生活ができるように月々の支出の6か月分を貯蓄していれば、当面はしのげると思います。
未曾有の災害の場合、国の補償がどれだけ出るかわかりませんが、ローンの減免などは
できる可能性があるようなので、相談するしか方法はない気がします。

自動車保険

これは免許がゴールドか、新車か、走行距離がどのくらいか、通勤に使うかなどで変わるのでどこがいいと一概に言いにくいです。
比較サイトで自分自身の条件を入れて、比較検討すると良いでしょう。
以下のサイトが参考になります。
参考資料:http://ichibanyasui-kurumahoken.com/6142.html

一年更新よりも複数年契約が出来ればそっちの方が安いので、オススメです。

個人賠償責任保険

生命保険か火災保険、自動車保険のいずれかの特約で個人賠償責任保険に入ると、自転車での事故や想定外の出費に対応できるので、
必ず入っておきましょう。(家族全員で月に200円位)
適用例など:https://allabout.co.jp/gm/gc/8754/

参考図書

お金の教養(様々なお金にまつわる知識が詰まっていてオススメです!)

保険の選び方(保険を中心に学びたい場合にオススメです!)

お金は銀行に預けるな(投資信託を知りたい方はオススメです!)

生命保険のカラクリ

知らないとヤバイお金の話

臆病者のための億万長者入門

皆さんも最低限の保険に入って安心感を持ちつつ、節約して、貯金や通常の出費に回しましょう。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です