最高の体調 (鈴木祐さん)

きき酒師あっきーです。
先日こちらの本を読みました。
少し体調が悪いが原因が分かってないなど、すこし生活に不安をお持ちの方は読んでみると解決策が見つかるかもしれません。

最高の体調 (鈴木祐さん)


体調を整えることから、ストレスを受けにくい生活法など、さまざまな観点から生活の改善についてまとめた本です。

炎症と不安というキーワードを元に様々な展開がされます。
痛みやストレス、体調不良などは全てが炎症と不安が原因とおっしゃっています。
どのように改善するかの案を本書ではまとめています。

人間の生活は狩猟採集社会が大きな割合をしめていて、農耕文化や工業、ITなどは最近の出来事であるとおっしゃっています。
現代と狩猟採集社会を比較して、どのように改善するかのポイントを様々な視点からまとめています。

改善すべきは、腸、環境、ストレス、価値観、死にたいする考え、遊び方とのこと。
腸は、抗菌や抗生物質に頼らず、発酵食品や食物繊維で改善をしよう
環境は、自然と触れ合い、友人と過ごす時間を増やそう
ストレスは、良い方向に全ての出来事を考え、睡眠をよく取ろう、そしてウォーキングしよう
価値観は、自分の価値を整理して、自分が何を求めているかを知ろう
死に対する考えは、自然やアートなどに触れ、畏敬の念を持ち、マインドフルネスを活用して自己観察をして穏やかな心を保とう
遊び方は、自分の価値観をブレイクダウンして、自分が取り組めることから始めよう

サプリメントや具体的な動作の紹介など小さいことで効果のあることを科学的な根拠を示して、紹介してくれています。
自分ができることからやって、自分の生活に馴染むものを習慣化することで、改善に向かうとおっしゃっています。

すでに行っていることも多数あったのですが、この本を読んで私が実践しようと思ったことは以下のとおりです。
・抗生物質を減らし、抗菌グッズは使わないようにする
・腸を整えるために整腸剤(ビオスリーHi)を飲んでみる
・睡眠を平均8時間に出来るように工夫する(中々時間確保が難しく、今も努力中)
・自然とふれあい、体調を整える(最近は良く釣りに行ってる)
・ウォーキングやヨガを続けて、ストレスを発散する(継続中)

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です