家の選び方 ~3つのポイント~

あっきーです。

今回は家の選び方のコツをご紹介します。

家の選び方 ~3つのポイント~


家は自分にとって安心できる空間であることが重要です。
快適性、利便性、安全性の3つをポイントに自分の条件を整理して、家を探しましょう。
予算もあるので、どこにこだわって、どこを諦めるかを決めることも重要です。

快適性

どのくらいの広さが必要か

自分の理想にあわせて最小限の部屋数と広さを確保するのが費用対効果で望ましい
最も家賃に影響を与える要素です。
・人数分の部屋は必要
・自分の荷物の量や今後増やしたい家具などを考慮する
・本が多いので書斎兼保存場所がほしい、ソファーがほしい、机といすがほしいなどがあれば1部屋多めに確保するなど

設備がどの程度必要か

設備にこだわらないほうが家賃は安いです。
・洗濯機は室内か屋外でもいいか
・風呂トイレは別がいいか
・キッチンと部屋は分かれたほうがいいか
・給湯設備がついているか
・食器洗浄機がほしいかどうか
・浴室乾燥機がほしいかどうか
・床暖房がほしいかどうか
・駐車場が必要か
・などなど

新しさ

新築である必要があるか。
新築のほうが高いです。
古ければ古いほど安いです。
・ただし、1982年以降に建築された物件がいい(1981年に耐震基準が変更となっているため)

利便性

駅からの距離

遠ければ遠いほうが安くなります。部屋の広さの次に家賃に影響を与える要素です。

必須のお店

コンビニやスーパー、ジム、酒屋、美術館、図書館、ショッピングモールなど必須のお店があるか

高速のインター

車をお持ちの方は近いほうが利便性があがります

安全性


男性はどうでもいいですが、女性は自分の身を守るため、この基準を大切にする必要があります。

明るい道

周りの目があるので、犯罪の抑止になります。
駅から近すぎても覚えられますし、遠すぎても危険なので徒歩5~10分くらいが目安でしょうか。

オートロック

背後に付きまとわれたとき、オートロックで防げる可能性があります。

監視カメラ

犯罪の抑止、何かあったときの証拠になります。

みなさんも自分にあった良い家を見つけられますように。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です